人気ブログランキング |

天皇陵にお参り 大原

昨日アップした大原勝林院を訪ねた帰り道の参道でいつもは閉まっている天皇陵の扉が開いていて誰でも参拝に入れる状態になっていました、絶好のチャンスと思い入ってみました。
 ここには後鳥羽天皇と順徳天皇が祀られていると表示があります。(順徳天皇は後鳥羽天皇の第三皇子)
進んで行くと至近距離まで行けます、余分な飾りのない引き締まった静謐の雰囲気が漂う天皇陵がありました、静かに手を合わせしばらく時を過ごしました。
 京都には天皇陵があちこちありますがこんなに近くで参拝できたのは初めてでした。
e0048413_17075724.jpg
e0048413_17081499.jpg
e0048413_17074737.jpg
e0048413_17080828.jpg
e0048413_17073998.jpg

# by kamogawa35 | 2019-09-04 17:10 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

大原勝林院など

秋9月が始まりましたが残暑の厳しい日が続いています。
 少し秋らしい気分に浸ろうと市内を避けて洛北大原の里に行きました、坂道を歩くのを避けて三千院や勝林院を訪ねる一番奥の駐車場まで行きました、オフシーズンで駐車場も空いています、いつもは混んでいる参道もまばらです、三千院は境内のアップダウンが苦しいので今回はパスして一番奥の勝林院に行きました。
ここは本堂だけのお寺で拝観も楽です。
 でも大原問答があった名刹で大原では最も古いお寺の一つです、またテープですが本堂の中で声明を聞くことが出来て良い気分になれます、私は声明が好きで勝手に勝林院のファンになっています、拝観して声明に浸り心がすっきり落ち着きました。
 11月には紅葉を目的に来ようと考えています。
e0048413_22461442.jpg

e0048413_22460789.jpg
e0048413_22461070.jpg
e0048413_22454999.jpg
e0048413_22460220.jpg
e0048413_22455882.jpg
e0048413_22455557.jpg
 

# by kamogawa35 | 2019-09-03 22:52 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

連日の雨でまるで二度目の梅雨が来ているよな日が続いています、今日雨の隙間に菜園に行った際、少し時間が余ったので近くの棚田に行ってみました。
 半月ほど前はまだ稲穂が出たばかりでしたがもうしっかり稔って黄金色の稲穂になっていました、田圃はイノシシの襲来を防ぐため電気柵で囲っています②、対策を講じていない田圃は私と同様で大被害だそうです。
 9月に入ると稲刈りが始まります、楽しみです。田圃の傍ではヒガンバナに先駆けて咲くキツネのカミソリ⑤⑥や野菊・ウド⑧の花が咲いています、山の上の空には秋の雲が広がっていました⑨、季節は確実に進んでいるのを感じました。
e0048413_22252340.jpg
e0048413_22252037.jpg
e0048413_22251798.jpg
e0048413_22251291.jpg
e0048413_22250475.jpg
e0048413_22250134.jpg
e0048413_22245643.jpg
e0048413_22245281.jpg
e0048413_22244907.jpg

# by kamogawa35 | 2019-08-29 22:27 | 菜園で | Comments(0)

六斎念仏 御霊神社

8月京都ではあちこちの寺社で重要無形民俗文化財に指定されている「六斎念仏」(念仏六斎・芸能六斎)の公開奉納があります。
元々は一遍上人の念仏踊りから変化しながら続いているようですがお盆の行事として芸能的な要素を加えた楽しむ六斎念仏が主流となって地域ごとのグループで伝承されてきました。
 私は市内北区の小山郷六斎保存会が上御霊神社で昨夜演じた芸能系の六斎念仏を鑑賞に行きました、四ッ太鼓・猿回し・万歳・祇園ばやし・獅子と土蜘蛛など盛り沢山のプログラムで午後10時過ぎまで演じられました、夏の夜の六斎を堪能しました。
e0048413_17342066.jpg
e0048413_17341483.jpg
e0048413_17340702.jpg
e0048413_17335564.jpg
e0048413_17334730.jpg
e0048413_17333471.jpg
e0048413_17332817.jpg
e0048413_17332498.jpg
e0048413_17331768.jpg
e0048413_17325079.jpg
e0048413_17323743.jpg

# by kamogawa35 | 2019-08-19 17:39 | イベント | Comments(0)

大文字の 送り火

今日はお盆の16日、家に戻っていた先祖の霊があの世に戻る日と伝わっています。
 京都は昨日の台風が無事に通り過ぎて天候回復で絶好の日和になりました、夜のとばりが下りた8時になると最初に大文字山で火がともされ順次五山で送り火が焚かれ導かれた先祖の霊が戻って行きました。
 私は例年通り鴨川にかかる上賀茂橋の上で送り火を鑑賞しました、大勢の人で撮影はとても難渋しました、何とか写った大文字と船山をご覧ください。
e0048413_21511434.jpg
e0048413_21512581.jpg
e0048413_21513803.jpg
e0048413_21514444.jpg

# by kamogawa35 | 2019-08-16 21:53 | イベント | Comments(0)

今日菜園に行った帰りに近くの棚田を見たらいつの間にか稲穂が出揃っていました、8月の初めはまだちらちらと穂が出ていただけなのにもうこんなに穂が出揃って稔り始めています、暑さの中でぐんぐん稔る稲の力に感心しました。
 気になっている台風の被害が無ければ月末から9月にかけて稲刈りが始まりそうです。
e0048413_20475593.jpg
e0048413_20475014.jpg
e0048413_20474530.jpg

# by kamogawa35 | 2019-08-13 20:48 | 菜園で | Comments(0)

京都御苑 百日紅満開

京都御苑のあちこちで夏の花の象徴のような百日紅が満開を迎えています。
 早朝御苑に行って寺町御門の前の真っ赤なさるすべりを撮影してから、門内に入り御苑内の花を写して廻りました。
 早朝から暑いので早い時間でも訪れる人は少なく何となく一人占めしているような気分で花めぐりをしました。
e0048413_15212174.jpg
e0048413_15211336.jpg
e0048413_15210932.jpg
e0048413_15210598.jpg
e0048413_15210008.jpg
e0048413_15205699.jpg
e0048413_15205306.jpg
e0048413_15205022.jpg

# by kamogawa35 | 2019-08-12 15:22 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

世界遺産の下賀茂神社の境内にある糺の森で32回目の「納涼古本まつり」が、京都の古書店を中心に大阪神戸奈良からも参加した32店が集まり盛大に「古本まつり」を今日から16日まで開催しています。
 今年は格別の猛暑で今日は38度近いうだるような暑さだったのであまり人は来ていないだろうと予想しながら見に行きました、ところが大違い!! この暑さの中でも多くの人が来ていて変わらぬ人気に驚きました、若い人達も多く皆さんとても熱心に本を探したりして楽しんでおられます、活字離れがが嘘のような景色でした。
 私も緑陰の下で汗をかきながら古書店をめぐって楽しみました。
巨木の繁る糺の森で古書に浸ってから下賀茂神社の本殿で手を合わせて会場を後にしました、気持ちの良い汗まみれでした。
e0048413_21594640.jpg
e0048413_21594247.jpg
e0048413_21593763.jpg
e0048413_21593260.jpg
e0048413_21592835.jpg
e0048413_21592557.jpg
e0048413_21592199.jpg
e0048413_21591888.jpg
e0048413_21591429.jpg
e0048413_21590931.jpg

# by kamogawa35 | 2019-08-11 22:03 | イベント | Comments(0)

高台寺 夏の盛り

京都東山にある高台寺は秀吉の妻「ねね」が晩年に過ごした寺として知られています、現在は京都観光の東山エリアのメインルートで清水寺と八坂神社をつなぐ「ねねの道」は人気絶頂です、春の桜と秋の紅葉が魅力ですが夏の百日紅も一見の価値があります。暑い中を汗を拭きながら訪ねた甲斐がありました。
e0048413_22481964.jpg
e0048413_22481639.jpg
e0048413_22481133.jpg
e0048413_22480877.jpg
e0048413_22475997.jpg
e0048413_22471005.jpg
e0048413_22470169.jpg
e0048413_22465757.jpg
e0048413_22465196.jpg

# by kamogawa35 | 2019-08-09 22:50 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

六道参り

京都では、8月の13日から始まり16日の五山の送り火に終わるお盆には各家庭で先祖をまつる供養が行われます、その前の7日から10日までの4日間に精霊(先祖霊)を迎えるために六道珍皇寺に参詣する風習があります。
これを「六道まいり」あるいは「お精霊(しょうらい)さん迎え」とも言い昔から続いている京都の行事です。
参拝者は門をくぐると最初に槇の束を求めます、この槇の葉に乗って先祖が家に戻ると伝わっています、そのあと鐘つき堂に並んで先祖を迎える鐘を撞きます。
 平安時代、この辺りは葬場になっていたので冥界との境になる六道の辻と呼ばれていたことからこの珍皇寺も通称「六道さん」と呼ばれていてこの辺りを六道の辻と称しお参りに来る習慣になっていました、今もその習慣は続いていますが年々参拝者が少なくなっているように感じます。
 例年の通り参拝しましたがすごく暑い一日でへとへとになりました。
e0048413_21160029.jpg
e0048413_21155351.jpg
e0048413_21154607.jpg
e0048413_21153831.jpg
e0048413_21153484.jpg
e0048413_21152765.jpg
e0048413_21152158.jpg

# by kamogawa35 | 2019-08-08 21:19 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

ヒマワリなどが咲いた

私の菜園でヒマワリなど真夏の花が盛りを迎えています。特にヒマワリは迫力があります、楽しんでいます。
 今年は菜園にイノシシが度々動物除けの柵を破って侵入し夏野菜の実ものや根菜類を食い散らしてしまい夏秋物は全滅しました。
がっかりしてヤル気が萎えていましたが花が咲いて少し気分が回復しているところです、まだこれから初秋に向かっていろいろ咲くかと期待しているところです。1.2菜園周辺の夏景色 3~5ヒマワリ 6.7ミソハギ 8キンギョソウ
e0048413_21481799.jpg
e0048413_21481352.jpg
e0048413_21481186.jpg
e0048413_21480724.jpg
e0048413_21480419.jpg
e0048413_21475589.jpg
e0048413_21474943.jpg
e0048413_21480012.jpg


# by kamogawa35 | 2019-08-07 22:18 | 菜園で | Comments(0)

京都市左京区の最奥部の山里で鮮やかな紫色の「北山友禅菊」が満開を迎えているとの情報で見に行きました。
 京都市内から鯖街道を進んで葛川にそそぐ久多川渓谷の先に久多集落があります、ここでは地域の活性化の一つとして休耕田を活用して地元農家の方達が野生のチョウセンヨメナを品種改良して「北山友禅菊」と名付けて広く栽培しています、野菊よりきれいな紫色の花のじゅうたんが茅葺きの民家などとのコントラストがとても魅力的でした、  
 本当は早朝が撮影のベストタイムですが行ったのが既に日が高くなってからで撮影には苦労しましたが見事な花景色に大満足でした。
e0048413_21524987.jpg
e0048413_21524586.jpg
e0048413_21524064.jpg
e0048413_21523515.jpg
e0048413_21523013.jpg
e0048413_21522558.jpg
e0048413_21521505.jpg
e0048413_21521117.jpg
e0048413_21520478.jpg
e0048413_21515029.jpg


# by kamogawa35 | 2019-08-01 21:56 | 京都北部・北山 | Comments(0)