人気ブログランキング |

仰木の里 美しい棚田

滋賀県大津市の比叡山の麓に仰木の里があります、琵琶湖寄りの地域は住宅地として開発されていますが山の麓は農地や里山が残って山里の雰囲気に満ちています。
その山里の谷沿いに美しい棚田が広がっています、特に馬蹄形の棚田がある地域が最も美しい棚田エリアとして人気があります。
 田植えが始まっているだろうと訪ねてみました、集団での田植えは来週あたりのようでしたが既に植え付けが済んだ田圃もあって水が張られた田圃はとても魅力的でした、丁度塚本さんとという方の美しい田圃にお願いして入らせていただき色々とお話を聞かせていただきました。
 とても親切にお話し下さって充実した棚田見学が出来ました、そのあと馬蹄形の田圃に戻ってきたら農家の方が手入れをされていました、ここでも少しお話を聞かせていただきました、立派な稲田になりそうです,機会を見つけて又訪ねることにしました。
 
e0048413_22101122.jpg
e0048413_22100831.jpg
e0048413_22100427.jpg
e0048413_22100108.jpg
e0048413_22095891.jpg
e0048413_22095419.jpg
e0048413_22094874.jpg
e0048413_22094261.jpg
e0048413_22093089.jpg
e0048413_22092134.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-12 22:11 | 滋賀県 | Comments(0)

大原女装束 時代行列

毎年この時期に京都の奥座敷「大原」の寂光院から三千院・勝林院までを時代別の昔懐かしい大原女に扮した女性たちが行列を組んで歩む人気のイベントが今日ありました。
 素晴らしい五月晴れでのもと寂光院に午後1時に参拝してから建礼門院を先頭に、少女たち・室町時代・江戸時代・明治大正とそれぞれの時代の大原女に扮した女性たちが楽しそうに歩んで行きます、新緑の盛りの中 大原の山里を歩む姿は魅力にあふれています、多くのカメラマンが来ていて撮影は一苦労でしたが大変楽しい撮影でした。
e0048413_21542258.jpg
e0048413_21541858.jpg
e0048413_21571452.jpg
e0048413_21540962.jpg
e0048413_21540587.jpg
e0048413_21540270.jpg
e0048413_21535944.jpg
e0048413_21535449.jpg
e0048413_21535062.jpg
e0048413_21534427.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-11 21:58 | イベント | Comments(0)

五月は色々な花が咲く月ですが新緑も一番美しい月で見逃せません、しばらく新緑に浸ろうと考えています。
 洛北鷹峯にある日蓮宗の常照寺に行きました、茶の湯の会が多いことでも知られていますが、名妓吉野太夫が寄進した朱色㋨山門と緑のコントラストが魅力でこの時期多くの拝観者が訪れます。
 訪ねた時間がやや遅く太陽の光が強すぎましたが辛抱して写しました。
e0048413_18163867.jpg


e0048413_18163438.jpg
e0048413_18163184.jpg
e0048413_18162818.jpg
e0048413_18162508.jpg
e0048413_18162158.jpg
e0048413_18161778.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-09 18:18 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

昨日アップした太田神社から東へ1キロに天然記念物に指定されていて古代からの生態が自然のまま残っている周囲1.5キロの「みぞろが池」があります。
 池の中央には大きな浮島があり多様な植物や昆虫・鳥たちが生育しています。
数は多くありませんが池の岸際で白いカキツバタが咲いています、盛りの花を写しました。私は太田神社のカキツバタとセットで楽しむことにしています。
e0048413_21210228.jpg
e0048413_21205764.jpg
e0048413_21205355.jpg
e0048413_21204891.jpg
e0048413_21204336.jpg
e0048413_21203772.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-08 21:22 | 花を求めて | Comments(0)

上賀茂神社の500M東にある太田神社の沢池で天然記念物に指定されているカキツバタが満開を迎えています
太田神社は上賀茂神社の境外摂社で古くは恩多社と呼ばれ天鈿女命(あめのうずめのみこと)をまつていて平安時代の頃から有名で藤原俊成の歌にも詠まれています。
 5月に入って盛りを迎えましたが花の揃いがイマイチで例年よりもボリューム感が弱いように感じました。
しばらく楽しめそうです。
e0048413_21172399.jpg
e0048413_21172097.jpg
e0048413_21171783.jpg
e0048413_21171433.jpg
e0048413_21170711.jpg
e0048413_21170134.jpg
e0048413_21165755.jpg
e0048413_21165345.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-07 21:18 | 花を求めて | Comments(0)

妙満寺 つつじ満開に

左京区岩倉の妙満寺で山門周りのつつじが満開を迎えました、境内全体にもつつじが多く植えてありますが山門前が断然です、豪華絢爛な景色に地元だけでなく遠くからも多くの観覧者が訪れています、10連休後半にぴったりの満開になりました。
e0048413_18305076.jpg
e0048413_18311945.jpg
e0048413_18312573.jpg
e0048413_18313977.jpg
e0048413_18314441.jpg
e0048413_18324864.jpg
e0048413_18323768.jpg
e0048413_18325219.jpg
e0048413_18325533.jpg
e0048413_18325813.jpg
e0048413_18330223.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-06 18:36 | 花を求めて | Comments(0)

今宮まつり 神輿巡行

京都紫野にある今宮神社では現在今宮まつりが行われていて今日は神幸祭がありました。西陣地区を中心に鷹峯・大宮地区を氏子エリアに持つ大きな祭りです。
 三基の神輿のほかに剣鉾や八乙女列、牛車などが行列して神社から千本北大路に出て東行、北大路旧大宮では勇壮な神輿上げが披露されました、皆さん大興奮です、行列はそのあと西陣地区の氏子エリアをめぐってから御旅所に向かいました。
e0048413_16490858.jpg
e0048413_16490309.jpg
e0048413_16485634.jpg
e0048413_16485198.jpg
e0048413_16481106.jpg
e0048413_16474567.jpg
e0048413_16474264.jpg
e0048413_16473853.jpg
e0048413_16473543.jpg
e0048413_16473098.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-05 16:50 | 祭り | Comments(0)

恒例になっている京都の非公開文化財の特別公開が4/26~5/6に23ヵ所の寺社て開催されています。
 美しい新緑と池の花が魅力の山科にある門跡寺院の名刹「勧修寺」(かじゅうじ)に行きました、平常は公開されない宸殿に入ると貴重な仏像や絵が並んでいて楽しく鑑賞できました。(11年ぶりの公開)
 宸殿を出ると青もみじがあふれるようなもみじ園と杜若の咲く氷室池めぐりです、春の盛りの庭園をゆったりした気分で楽しみました。
e0048413_18415878.jpg
e0048413_18415414.jpg
e0048413_18414327.jpg
e0048413_18413934.jpg
e0048413_18413629.jpg
e0048413_18413157.jpg
e0048413_18415212.jpg
e0048413_18412737.jpg
e0048413_18412451.jpg
e0048413_18412150.jpg
e0048413_18411755.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-04 18:47 | 京都の四季 山科 | Comments(0)

念仏大狂言 えんまどう

市内上京区の西陣にある「えんまどう」で重要無形民俗文化財に指定されている 念仏狂言が5/1~5/4日まで演じられ多くの観覧者が訪れています。
壬生狂言をはじめ京都の念仏狂言は無言劇ですが「えんまどうの念仏狂言」だけはセリフが入ります、物語が判りやすくて私はここの狂言が好きです。
 夕刻より5番の狂言が演じられましたが私は3番目の(寺ゆずり)から5番目の(船弁慶)までを観覧しました。
 夜のとばりが下りた中で演じられる狂言はとても良いムードで境内のレトロな雰囲気もあってサイコーでした。
 メインの船弁慶では義経が恋人の静御前と会い、別れの盃を交わした上で静の踊りを所望します、踊りが終わると二人は永遠の別れになると涙を流します、静御前は弁慶に促され万感の思いで里に戻ります、義経は弁慶と共に船で都から落ちてゆきました。
e0048413_17423112.jpg
e0048413_17422801.jpg
e0048413_17422539.jpg
e0048413_17421720.jpg
e0048413_17421362.jpg
e0048413_17495625.jpg

e0048413_17420247.jpg
e0048413_17415810.jpg
e0048413_17414866.jpg
e0048413_17414365.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-03 17:44 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

西本願寺 つつじ満開

下京区堀川七条を上がったとこにある西本願寺の外堀沿いに植えられているつつじが満開を迎え美しく輝いています。
昼間は人が多いのと光が強すぎてうまく写せないので早朝に行きました。
 さすが親鸞を祀る浄土真宗の総本山 朝早くから続々参拝者が来ています、外国からの参拝者も多く見かけて驚きました。
つつじは丁度盛りを迎えたところで正面山門の左右に手入れの行き届いた木が並び色違いの花があふれるように咲いていて見事!の感じです、楽しみました。
 しばらく満開が続きます。
e0048413_17311198.jpg
e0048413_17310634.jpg
e0048413_17305544.jpg
e0048413_17303235.jpg
e0048413_17302883.jpg
e0048413_17302627.jpg
e0048413_17302347.jpg
e0048413_17301610.jpg
e0048413_17301330.jpg
e0048413_17300935.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-02 17:32 | 花を求めて | Comments(0)

今日は新しい年号の「令和」の記念すべき初日です。
 御所の産土神として皇室から敬われてきた上・下の両御霊神社が新天皇の即位を祝して140年振りにそれぞれの神輿が京都御所に参内しました。
 私は上御霊神社に午後1時に行って神輿の出発を見送って①②から京都御所の朔平門の前で神輿の到着を待ちました。神輿は氏子地域を回って午後2時に今出川門を通って牛車を先頭に小山郷・今出川口・末広の順で3基の神輿が到着、朔平門のまえで御輿奉安の儀式が行われました、各々の神輿が門前でホイト!ホイト!ホイト!と大声を出しながら神輿を差し上げたり激しく揺すったりしました、すごい熱気です!
各御輿のパフォーマンスが済むと揃って御霊神社に戻って行きました、すごい迫力で大満足でした。
(私に時間がなく残念ながら下御霊神社の神輿参内は見ることが出来ませんでした)
e0048413_21322237.jpg
e0048413_21321904.jpg
e0048413_21321545.jpg
e0048413_21321103.jpg
e0048413_21320440.jpg
e0048413_21320066.jpg
e0048413_21315653.jpg
e0048413_21314958.jpg
e0048413_21451322.jpg

e0048413_21314012.jpg
e0048413_21313654.jpg
e0048413_21313052.jpg

# by kamogawa35 | 2019-05-01 21:34 | 祭り | Comments(0)

龍安寺 石庭と新緑

今日は平成最後の日です、一日中TVや新聞は平成から令和への番組です。

それとは関係はありませんが私の方は先日訪ねた、世界遺産で特別名勝に指定されている臨済宗妙心寺派の名刹「龍安寺」をアップします、新緑を迎え修学旅行生や外国からの観光客も多数訪れてすごい混みようです、間を縫って石庭や緑に染まる庭園を写しました、人は多かったのですが美しい緑に浸ってとても良い気持ちで観覧が出来ました。
e0048413_20362477.jpg
e0048413_20362108.jpg
e0048413_20361717.jpg
e0048413_20361302.jpg
e0048413_20360946.jpg
e0048413_20360569.jpg
e0048413_20355657.jpg
e0048413_20353804.jpg
e0048413_20352870.jpg

# by kamogawa35 | 2019-04-30 20:37 | 花を求めて | Comments(0)