終い弘法

新幹線の京都駅から五重塔が望める東寺は弘法大師を祀る大寺院で毎月21日の月命日に境内で大きな縁日が開かれ1000以上の店が出て賑わいます。
 今日は師走の縁日で「しまい弘法」と呼ばれ骨董やリサイクル衣類、食べ物などの他に正月用の食品や飾り物も並んでいて皆さん楽しそうに選んでいて大賑わいでした。
 この縁日は京都を代表する二大縁日の一つで北野天満宮の天神さんと並んで市民の人気があります、最近は遠くから観光バスで訪れる人達や海外からの観光客の姿も目立ち益々活気が出ています。
e0048413_21083682.jpg
e0048413_21083207.jpg
e0048413_21082891.jpg
e0048413_21082193.jpg
e0048413_21081082.jpg
e0048413_21080661.jpg
e0048413_21080255.jpg
e0048413_21075964.jpg
e0048413_21075340.jpg
e0048413_21074462.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-21 21:17 | 京都の四季 洛南 | Comments(0)

京都駅に近い西本願寺と東本願寺で師走恒例の「おすす払い」の行事が今日あり一年間にたまったお堂のほこりを堂外に払い出す作業が盛大に行われました。
 私は午前7時から始まる西本願寺に行きました、最初に大谷光淳門主が長さ4Mのほうきを左右に払ったのを合図にして600人近く集まった僧侶や門徒たちが一斉に竹の棒で畳を叩き舞い上がったほこりを大うちわで御影堂の外へあおぎだしました、この行事は浄土真宗を再興した蓮如の時代から500年にわたって続く行事だそうです。
畳からはすごいほこりが舞い上がり堂内では息苦しいほどでした。
e0048413_21522613.jpg
e0048413_21504867.jpg
e0048413_21504266.jpg
e0048413_21503979.jpg
e0048413_21503501.jpg
e0048413_21503005.jpg
e0048413_21502545.jpg
e0048413_21502076.jpg
e0048413_21501697.jpg
e0048413_21501124.jpg

 

# by kamogawa35 | 2018-12-20 21:59 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

冬景色です

今朝菜園に行く途中、東の方を見ると比叡山の頂上付近が白くなっています、昨夜の寒気で雨が雪になったようです、通り道にある妙満寺に行って邪魔な電線などの無い場所から写しました。
 菜園の周りもすっかり冬モードで寒々しい景色が広がっていました、いよいよ真冬の到来です。
e0048413_21345637.jpg
e0048413_21350204.jpg
e0048413_21350511.jpg
e0048413_21351063.jpg
e0048413_21351349.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-15 21:36 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

京都島原「角屋」

京都の下京区にある島原の「角屋」を参観に行きました。
 島原は江戸時代の寛永十八年(1641年)公許の花街として発展、京都では一番古い花街として今も太夫が活躍することで知られています。
但し明治時代以降立地の不便さや地場産業の変化などで次第に寂れ、現在は重要文化財に指定されている遊興の場である揚屋の「角屋」(2~10)と太夫や芸子を抱えていた置屋の「輪違屋」(11)の2か所と島原入り口の「大門」の3か所だけが残っています。
 角屋は入り口を入ると立派な玄関があって圧倒されます、太夫たちを呼んで宴会が行われた部屋がいろいろありますが一階奥には40畳を超える大座敷の「松の間」があります、松の間から望む臥龍の庭園は見事なものでした。
e0048413_17493438.jpg
e0048413_17493171.jpg
e0048413_17492684.jpg
e0048413_17481804.jpg
e0048413_17480727.jpg
e0048413_17480179.jpg
e0048413_17475871.jpg
e0048413_17474885.jpg
e0048413_17474272.jpg
e0048413_17473610.jpg
e0048413_17473008.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-13 17:52 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京都駅に近い浄土真宗総本山の西本願寺の御影堂の前には京都市の天然記念物に指定されている「逆さイチョウ」があります、例年通り見事に色付いていて信者や修学旅行生など多くの観覧者が来ています。
 イチョウは高さが12M 幅は25M位で空に向かって根を張っているようにも見えるので(逆さイチョウ)の愛称で親しまれています、ピーク後半を迎えていて地面に落ちた落ち葉との組み合わせがとても良い雰囲気で多くの人がカメラに収めていました。
 楓の紅葉に続いてイチョウの黄葉も今回で終了とさせていただきます。
今年は楓も銀杏も美しい姿が多く観られて充実の秋でした。
e0048413_21012662.jpg
e0048413_21012304.jpg
e0048413_21011863.jpg
e0048413_21011482.jpg
e0048413_21011191.jpg
e0048413_21010711.jpg
e0048413_21010381.jpg
e0048413_21005829.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-10 21:04 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

街中の木々も冬準備 sanpo

この数日の低温で京都にも本格的な冬が到来しています。
底冷えの京都の始まりです。
街中の樹木も葉が落ちて木々の間がスカスカになってしまいました、北区の柴明通りにある中央分離帯の木々は黄葉したり既に葉が落ちて地面を黄色く染めています、秋が終わったことを実感しました。
e0048413_21120771.jpg
e0048413_21120453.jpg
e0048413_21120099.jpg
e0048413_21115780.jpg
e0048413_21115441.jpg
e0048413_21115182.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-09 21:13 | 京都の四季 洛南 | Comments(0)

大根炊き 千本釈迦堂

京都の師走の風物詩として定着している大根炊きがあちこちの寺院でここ数日の間に行われています。
 この行事はお釈迦様が悟りをひらかれた日が12月8日だったと伝わっていて、その功徳を得て幸せに暮らせるようにお寺に願い、皆で大根の煮物を頂く行事が大根炊きとして定着したものです。
 特に千本釈迦堂は一番歴史が古く盛大に行われるので昔から京都随一の人気があります、昨日行きましたがすごい行列になっていて大根を頂くまでが大変でした、参拝の皆さんは本堂前のテントや本堂内の席で楽しそうに食しておられました。
 また器に入れて持ち帰る人や生の大根を買い求める人も大勢おられました。
e0048413_20332741.jpg
e0048413_20332465.jpg
e0048413_20332053.jpg
e0048413_20331718.jpg
e0048413_20331334.jpg
e0048413_20331050.jpg
e0048413_20330799.jpg
e0048413_20330038.jpg
e0048413_20325658.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-08 20:36 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

私の紅葉の 今年最終は例年通り「真如堂」の敷きもみじです。
 早朝に訪ねました、ぱらぱらと参拝者が来られている程度で観光客は来ていません、寺域全体で目を見張るような敷きもみじが広がっていました、特に本堂東側の楓園の贅沢な敷きもみじは格別です。
少しだけ残っている紅葉とのバランスがサイコーです、人の気配のない静かな雰囲気にしばらく浸り最終盤の紅葉を満喫しました。
 今年は天候不順で紅葉がどうなるかと心配しましたが美しい紅葉をあちこちで見ることが出来て充実した紅葉めぐりでした。
e0048413_21292843.jpg
e0048413_21292427.jpg
e0048413_21292136.jpg
e0048413_21291877.jpg
e0048413_21291551.jpg
e0048413_21291171.jpg
e0048413_21290786.jpg
e0048413_21380160.jpg
e0048413_21285981.jpg
e0048413_21285626.jpg
e0048413_21285079.jpg


e0048413_21281924.jpg
e0048413_21281404.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-07 21:30 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

下賀茂神社と糺の森2



昨日に続いて下賀茂神社です、今日は神社の境内に広がる「糺の森」をアップします。
本殿と神域一帯は世界遺産に指定されていますが「糺の森」は指定以前から国の史跡になっていてムクノキやケヤキ・エノキなどが鬱蒼と茂る魅力的な森林で市民の森としてとても人気があります、特にこの時期は木々の落葉が広がり早朝や夕刻の散策はサイコーの雰囲気を味わうことが出来ます。
 紅葉終盤の今は森を覆う大木が落葉したため少し低い紅葉や黄葉が明るい光を受けて輝いています、ご覧ください。
1.~3摂社の河合神社 4.下賀茂神社参道 5~ 糺の森
e0048413_16483149.jpg
e0048413_16482824.jpg
e0048413_16482446.jpg
e0048413_16482029.jpg
e0048413_16481650.jpg
e0048413_16481294.jpg
e0048413_16480874.jpg
e0048413_16480305.jpg
e0048413_16475906.jpg
e0048413_16475529.jpg
e0048413_16474815.jpg
e0048413_16474349.jpg
e0048413_16473885.jpg
e0048413_16473364.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-06 16:57 | 紅葉便り | Comments(0)

下賀茂神社と糺の森➀

市内の中心部にある下賀茂神社の本殿回りと境内の糺の森で紅葉と黄葉が盛りの最終段階を迎えています。
予想以上の豪華な紅葉が広がっていて境内を華やかに彩っています、これほどまで素晴らしい紅葉の眺めを下賀茂神社で見たのは初めてでした。
多くの人たちが訪れて楽しんでいました。
とても良い雰囲気で私も大満足でした。
e0048413_19060444.jpg
e0048413_19060179.jpg
e0048413_19055158.jpg
e0048413_19055408.jpg
e0048413_19055158.jpg
e0048413_19054719.jpg
e0048413_19054442.jpg
e0048413_19053956.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-05 19:07 | 紅葉便り | Comments(0)

京都御苑も終盤

広い京都御苑のあちこちにある楓の木全体が紅くなっています、見ごたえがあります、最終盤の豪華な眺めを満喫しました、あと1週間が限界のようです。
こがらしか雨が降ると一気に終わってしまいそうな気配です。
 今年の紅葉は例年よりは美しいと御苑の手入れをしている方が言っていました。
e0048413_21434633.jpg
は言っていました。
e0048413_21432230.jpg
e0048413_21425425.jpg
e0048413_21425178.jpg
e0048413_21424763.jpg
e0048413_21424225.jpg
e0048413_21423667.jpg
e0048413_21423379.jpg
e0048413_21422916.jpg
e0048413_21422551.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-02 21:46 | 紅葉便り | Comments(0)

昨日に続いて植物園です、散策しているとカンザクラが咲いていました、驚きました。
カンザクラと川津桜・十月桜などが混じっているようでした、皆さん熱心に写しています、私も真似をして写しました、イチョウは黄色くなって音もなく葉が落ちていました、モミジは敷きもみじです。
つがいのカモが追いかけっこをしながら泳いでいました。
e0048413_17354222.jpg
e0048413_17353845.jpg
e0048413_17353266.jpg
e0048413_17352384.jpg
e0048413_17352012.jpg
e0048413_17351624.jpg
e0048413_17351278.jpg

# by kamogawa35 | 2018-12-01 17:39 | 紅葉便り | Comments(0)