人気ブログランキング |

天龍寺 蓮が咲き揃い

嵯峨嵐山の臨済宗大本山の「天龍寺」の放生池のハスの花が咲き始めたころと思い早朝訪ねました。
 予想にたがわず、山門を潜ってすぐのところにある放生池の南池で美しいハスが咲いて感激です!同じように撮影に来られている方が「今朝になって初めてシャワートップが見えて満開なった花が見られるようになった」と話しておられました、ここのハスは紅色の花でとても豪華で見応えがあります、7月に入ると北の池でも咲き揃います。この池は参拝通路沿いにあるので無料です、午前中がベストで楽しめます。
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21462337.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21461791.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21461333.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21460455.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21460014.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21455774.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21455046.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21454122.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21453016.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21452643.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21452209.jpg
天龍寺 蓮が咲き揃い_e0048413_21451734.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-22 21:51 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

閑院宮邸跡 濃い緑に

今日は梅雨の中休みで快晴になりました、町中へ出る途中、通年公開されている京都御苑の閑院宮邸跡を訪ねました。
 江戸時代から続いた閑院宮家の屋敷跡が宮家収納展示館として保存され庭園と共に公開され多くの観覧者が訪れる魅力の場所になっています。
 コロナ騒動で入場者もなく落ち着いて屋敷内を観覧し、夏を迎え一層緑の濃くなった庭園などと併せて楽しみました。
 回遊する庭園では汗が吹き出しましたが美しいガクアジサイで清涼感が得られました。
閑院宮邸跡 濃い緑に_e0048413_21255693.jpg
閑院宮邸跡 濃い緑に_e0048413_21254831.jpg
閑院宮邸跡 濃い緑に_e0048413_21250775.jpg
閑院宮邸跡 濃い緑に_e0048413_21242363.jpg
閑院宮邸跡 濃い緑に_e0048413_21241863.jpg
閑院宮邸跡 濃い緑に_e0048413_21241318.jpg
閑院宮邸跡 濃い緑に_e0048413_21240721.jpg
閑院宮邸跡 濃い緑に_e0048413_21240173.jpg
閑院宮邸跡 濃い緑に_e0048413_21235504.jpg
閑院宮邸跡 濃い緑に_e0048413_21234844.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-17 21:27 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

あじさいが盛り 植物園

今朝、雨がとぎれたので街に出る前に植物園に寄ってみました、アジサイが盛りを迎えています、ここには西洋あじさいやガクアジサイ・山アジサイなど180種2500株が栽培されています、今日は西洋アジサイの栽培種を中心に楽しみました、アジサイ園に到着してすぐ幸運にもハート形の花を見つけました(3・4 品種クリスマス)しっかり写しました、そのあとはあまり名前にこだわらずゆっくり鑑賞しましたガクアジサイも魅力的な花が幾つもありました。今月いっぱい盛りが続くようです。
私が帰る頃になると続々来園者があり混んできそうでした、皆さん自宅待機に飽きていたようです。
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20563236.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20544010.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20543596.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20543001.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20542682.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20541707.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20541186.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20540724.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20540227.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20535629.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20564697.jpg
あじさいが盛り 植物園_e0048413_20534933.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-15 21:06 | 花を求めて | Comments(0)

西国三十三観音霊場巡り寺院の十九番札所「革堂」を訪ねました。
 千年近い歴史のある天台宗寺院で度々災火にあいましたが300年ほど前に現在地の中京区寺町丸太町南に移りました、開祖の行円上人が鹿皮の衣をいつも羽織っていたので人々が行願寺と正式名を呼ばず「革堂」と呼ぶようになって今に続いています。
 住民たちの平安を願う町堂として京都の人々から愛されると共に札所寺院としても巡礼の人達が訪れる人気のお寺です。
 町中にあって広くはありませんがハスの花やアジサイが咲いていて癒されました、間もなく桔梗も見られそうです。
革堂 行願寺 ハスやアジサイ_e0048413_21351051.jpg
革堂 行願寺 ハスやアジサイ_e0048413_21350121.jpg
革堂 行願寺 ハスやアジサイ_e0048413_21345364.jpg
革堂 行願寺 ハスやアジサイ_e0048413_21344926.jpg
革堂 行願寺 ハスやアジサイ_e0048413_21344212.jpg
革堂 行願寺 ハスやアジサイ_e0048413_21343896.jpg


# by kamogawa35 | 2020-06-12 21:36 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

智積院 あじさいが盛り

市内東山区の東大路七条に真言宗智山派の総本山「智積院」があります。広い境内に魅力的な諸堂が点在し、名勝の庭園や宝物館は公開されていて礼儀正しいお坊さんが沢山おられる気持ちの良いお寺です。
 ここ数年の間に隠れたアジサイの名所として人気が高まっています、理由は京都駅から近くてお寺が東大路に面してアクセスが良い上に美しいアジサイが金堂の周りに沢山植えられていて絵になる景色が拝観料なしで楽しめる事で評判が高いようです。
 コロナの非常事態宣言も解除され梅雨入りしてあじさいにはぴったりのタイミングになったので訪ねました、こぬか雨が降り続いていてアジサイ鑑賞にはサイコーでした、楽しみました、ご覧ください。
途切れずに参拝とアジサイ鑑賞に来る人が続いていました。
 
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20312237.jpg
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20311887.jpg
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20311430.jpg
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20310811.jpg
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20310055.jpg
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20305337.jpg
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20304819.jpg
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20585118.jpg


智積院 あじさいが盛り_e0048413_20303873.jpg
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20303420.jpg
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20303022.jpg
智積院 あじさいが盛り_e0048413_20302583.jpg



# by kamogawa35 | 2020-06-11 20:33 | 花を求めて | Comments(0)

正伝寺 静謐

市内北区西賀茂にある臨済宗南禅寺派の「正伝寺」に行きました、初夏を迎えて濃い緑
が溢れる参道を楽しむのと禅寺らしい簡潔で静謐の庭園を眺めるためです。
魅力の参道を楽しみながら受付へ、予想通り参拝者は私一人でした。
 白砂を敷いた枯山水の庭園は七五三調にサツキが刈り込まれていて獅子の児渡しの庭園と呼ばれています、借景の比叡山は はっきり見えたのですがサツキの盛りが過ぎていたのが残念でした、一人占めで縁側に座り夏を迎えた静かな庭園を満喫しました。
 広縁の血天井は関ケ原の戦い直前に伏見城が落城した際に割腹した徳川方の武士たちの血が浸みこんだ廊下を移し天井にたもので今も血の跡が残っています。
 ここは秋の紅葉の名所ですが春の青もみじも見事です。
正伝寺 静謐_e0048413_18585510.jpg
正伝寺 静謐_e0048413_18585090.jpg
正伝寺 静謐_e0048413_18584167.jpg
正伝寺 静謐_e0048413_18574883.jpg
正伝寺 静謐_e0048413_18574324.jpg
正伝寺 静謐_e0048413_18573948.jpg
正伝寺 静謐_e0048413_18573420.jpg
正伝寺 静謐_e0048413_18572924.jpg
正伝寺 静謐_e0048413_18572417.jpg
正伝寺 静謐_e0048413_18572049.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-10 19:01 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

蓮華寺 緑に染まる

洛北上高野にある天台宗寺院の蓮華寺に青もみじを求めて訪ねました。
 ここは池泉を巡りながら本堂にお参りすることになっていますが写真撮影は書院の広間からだけに限定されています。
 比叡山から流れてきた高野川の水を引いた池と、楓などの木々が本堂や書院を覆うように繁る庭園は幽玄の気配に満ちていて書院に座って時を過ごすと何とも言えない良い心持になれます。先着の数人の皆さんも言葉もなく静かに庭を眺め座り続けておられました。
紅葉の魅力で人気のある寺院ですが初夏の青緑も魅力いっぱいです。
蓮華寺 緑に染まる_e0048413_21141901.jpg
蓮華寺 緑に染まる_e0048413_21141584.jpg
蓮華寺 緑に染まる_e0048413_21140664.jpg
蓮華寺 緑に染まる_e0048413_21140136.jpg
蓮華寺 緑に染まる_e0048413_21135670.jpg
蓮華寺 緑に染まる_e0048413_21135203.jpg
蓮華寺 緑に染まる_e0048413_21134724.jpg
蓮華寺 緑に染まる_e0048413_21134216.jpg
蓮華寺 緑に染まる_e0048413_21133547.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-08 21:16 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

畑の近くの谷川で

私の菜園の近くには山から流れてきた水を農業用に活用している谷川があります、自然のままの小川です。
 この谷川の方で菜園をやっているKさんと栽培の情報交換をしようと訪ねました、あいにく不在でしたがその谷川に近づいたら若いお母さん達と子供たちが水に入って手網で盛んに川の中を掬っています、「何がとれるの?」と聞いたら『沢蟹の子供やオタマジャクシがとれた』と親子でニコニコです。
 保育園や小学校が休校で退屈しているので自然観察を兼ねて連れてきたとのことでした、普通ならできない冒険と自然観察が出来て子供が大喜びだと話されて、コロナ休校の余禄だと複雑笑顔でした。
 私の菜園の空き地ではハルジオンが花盛りを迎えました、雑草ですが今だけ楽しめます。
畑の近くの谷川で_e0048413_17273346.jpg
畑の近くの谷川で_e0048413_17272035.jpg
畑の近くの谷川で_e0048413_17271633.jpg
畑の近くの谷川で_e0048413_17271084.jpg
畑の近くの谷川で_e0048413_17270591.jpg
畑の近くの谷川で_e0048413_17270016.jpg
畑の近くの谷川で_e0048413_17265464.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-07 17:30 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

平安神宮は内外の観光客が訪れる定番の名所です、特に本殿を囲む東中西南の四つの池を巡る回遊式庭園は明治の名人庭師の小川治平などが造った名庭園で国の史跡に指定されています、コロナ騒動で閉められていましたが宣言が解除されて再開されました、丁度花菖蒲が盛りを迎え傍には睡蓮もあってベストタイミングでした、他府県や海外からの観光客もまだ来ていないので人が少なく花をゆっくり楽しめて大満足でした。
平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20264465.jpg
平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20263760.jpg
平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20262515.jpg
平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20261258.jpg
平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20260815.jpg
平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20260397.jpg
平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20255914.jpg
平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20255656.jpg
平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20254958.jpg

平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20254564.jpg
平安神宮 神苑の花菖蒲など_e0048413_20254239.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-06 20:30 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

6月に入って連日真夏の暑さが続いています、私の菜園の近くの田圃では五月に田植えされた早苗が早くも青々と育ち始めています、田圃にたっぷりと張られた水の中で順調に育っています。
 見る間に育った田圃の景色を見ると、自然はスゴイと思います、コロナ騒ぎに関係なく季節の進みに合わせ草木は種作りの為に猛烈な勢いで育っのを実感します。
 私の菜園でも草刈りが大変です。
早苗が育ってきた 岩倉村松_e0048413_21004241.jpg
早苗が育ってきた 岩倉村松_e0048413_21003818.jpg
早苗が育ってきた 岩倉村松_e0048413_21003031.jpg
早苗が育ってきた 岩倉村松_e0048413_21002572.jpg
早苗が育ってきた 岩倉村松_e0048413_21002176.jpg
早苗が育ってきた 岩倉村松_e0048413_21001703.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-05 21:02 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

京都府立植物園 散策

京都府立植物園を続けます。
昨日アップした花菖蒲園を楽しんだあと園内を少し散策しました、あちこちで花や緑を求めて訪ねてきた人たちと会います、少しずつ来園者が戻ってきているようです。
 木々の緑も濃くなりすっかり夏の雰囲気が満ちてきています、夏の花もあちこちで咲いています、間もなくアジサイが盛りを迎えそうな感じでした。
 少し広いところに出ると見慣れない小さな花がまとまって咲いているのが見えました、初めて見る花です③④、案内板を見たら北アメリカ原産のガウラ(和名ヤマモモ草)という花でした、真っ盛りで見応えがありました。
 更に進むと池の傍に鳥居が見えます植物園の中に神社があるのとは?調べてみたら近くの上賀茂神社の域外摂社の「半木神社」です、無病息災と豊作を願う社のようです。多分植物園が出来る前から地域を守る社があったのでそのまま残したのだと思われます、神社も植物園もおおらかなところが京都らしいと感じました、可愛いい幼児を連れたお母さんがお参りに来ていました、お願いして写真に入っていただきました。幼児が盛んにポーズをしてくれましたがお母さんの顔が映っているので遠慮して後姿にしました。
京都府立植物園 散策_e0048413_20323397.jpg
京都府立植物園 散策_e0048413_20322999.jpg
京都府立植物園 散策_e0048413_20322158.jpg
京都府立植物園 散策_e0048413_20321411.jpg
京都府立植物園 散策_e0048413_20320810.jpg
京都府立植物園 散策_e0048413_20320386.jpg
京都府立植物園 散策_e0048413_20315814.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-04 20:34 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

初夏の花として多くの人に親しまれているハナショウブは、江戸時代にノハナショウブから改良されたもので、京都府立植物園では端正美麗な江戸系、 優雅な伊勢系、雄大で豪華な肥後系を中心に植栽されていて約150品種ほど1万株が盛りを迎えています。
 緊急事態宣告が解除され待ち望んでいたファンの方々が開園と共に続々訪れて楽しんでいます、私も一緒にめぐり花に浸りました。
京都府立植物園 花菖蒲満開_e0048413_21390073.jpg
京都府立植物園 花菖蒲満開_e0048413_21385449.jpg
京都府立植物園 花菖蒲満開_e0048413_21384995.jpg
京都府立植物園 花菖蒲満開_e0048413_21384360.jpg
京都府立植物園 花菖蒲満開_e0048413_21383671.jpg
京都府立植物園 花菖蒲満開_e0048413_21383131.jpg
京都府立植物園 花菖蒲満開_e0048413_21382355.jpg
京都府立植物園 花菖蒲満開_e0048413_21381648.jpg
京都府立植物園 花菖蒲満開_e0048413_21381150.jpg
京都府立植物園 花菖蒲満開_e0048413_21380486.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-03 21:42 | 花を求めて | Comments(0)