人気ブログランキング |

今日で京都の紅葉だよりは終了です、長い間ご覧いただいてありがとうございました。
 最後は「敷きもみじ」の美しさでトップだと思っている「真如堂」をお届けします。
もう紅葉は殆ど散ってしまいましたが本堂の後ろ東側に豪華で美しい敷きもみじが広がっています、朝方太陽が差し込む場面で見ると息をのむ美しさです、しばらく楽しめるのでおススメです。
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21295719.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21295164.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21292872.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21294116.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21291734.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21285324.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21284506.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21283154.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21281855.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21281019.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21280477.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21275583.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21274606.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-09 21:32 | 異国の旅で | Comments(0)

千本釈迦堂 大根だき

今日の2回目のアップです。
12月8日は釈尊が悟りをひらいた日と伝わっています、それを記念してお釈迦様を祀る千本釈迦堂(大法恩寺)では無病息災を願う「大根だき」法要が12/7~8日と行われています、昔から師走の京都の風物詩として定着していて大勢の市民が大根だきを求めて参詣に来ています。(他のいくつかの寺院でも大根だきをしています)
 参拝のあと長い列を並んでしっかり炊き込んだ大根だきを求め境内で熱々を食べたり持ち帰ったりします、今日も朝から長い列が続いていました。
 生の大根に梵字を書いたものも販売していました。
私も食べたかったのですがあまりに長い行列に恐れをなして参拝と撮影だけで済ませました。
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18044499.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18045265.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18045813.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18051034.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18052026.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18052862.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18053559.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18054001.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18054594.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18055933.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-08 18:12 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

龍翔寺とくすのき落葉

北区にある臨済宗大本山の大徳寺の塔頭「龍翔寺」を訪ねました、この寺院は僧侶の研修道場になっていて若い修行僧が居られます、寺院の内部には立派な庭園がありそうですが拝観謝絶になっています、門前から写してみました、門内は清められていて静謐の気配に満ちています、私の好きな寺院の一つです。
 門前を西に出て塀沿いを曲がると龍翔寺の特徴になっている瓦を埋め込んだ土塀が伸びています、その前のクスノキが最高の色付きです、落ち葉が路上に落ちて広がって魅力いっぱいの景色が楽しめます、前の道は今宮神社への参道を兼ねていますのでどちらの管理だろうかといつも考えてしまいます。 
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16190146.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16185889.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16185544.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16185123.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16184803.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16184507.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16183554.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16183134.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16182769.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16182111.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-08 16:22 | 紅葉便り | Comments(0)

敷きもみじ 京都御苑

今日の2回目のアップです。
京都御苑に終盤の紅葉を見に行きました、ピークが過ぎつつあり御苑全体のあちこちで豪華な敷きもみじを楽しむことが出来ます、また同時にサクラやイチョウの落ち葉などもアクセントになっていました、苑内は無料で散策できるので超おすすめです。
敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22090077.jpg
敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22085617.jpg
敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22085178.jpg
敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22084704.jpg
敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22083889.jpg
敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22083211.jpg




敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22082661.jpg


敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22082160.jpg
敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22043691.jpg
敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22042964.jpg
敷きもみじ 京都御苑_e0048413_22042549.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-07 22:12 | 紅葉便り | Comments(0)

顔見世興行 京都南座


京都の師走風景として親しまれている京都南座の「吉例顔見世興行ー東西合同大歌舞伎」が11/30~12/26まで盛大に興行されています。
 今年も特別招待券を頂いて昨夜見に行きました、着飾った女性たちで満員の盛況です、東西の花形役者には大向こうから大声の掛け声がかかりとても華やかです、役者の皆さんの熱演が伝わってきました、昨年に続いて楽しみました。
 舞台撮影は禁止なので外観などの雰囲気だけご覧ください。
顔見世興行 京都南座_e0048413_20513271.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20511845.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20511279.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20510611.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20510176.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20505647.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20505004.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-07 21:06 | 祭り | Comments(0)

長らく楽しんだ京都の紅葉も最終でこの数日の寒波と風で色落ちして散っています、まだ少し残っていますがこれからは落ち葉の「敷きもみじ」を愉しむ仕上げになりました、数回に分けてアップします。
 最初は華やかさがすばらしい金閣寺の「敷きもみじ」です、拝観庭園の入り口までの参道周囲の苑内が敷きもみじの海になっていて見惚れます、外国人がため息をつきながらカメラに収めています。
大勢の修学旅行生はチラチラ見る程度です、もったいない、こんなチャンスは又と無いと思うのですが・・・・
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22055728.jpg
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22055106.jpg
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22054781.jpg
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22054206.jpg
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22053833.jpg
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22053228.jpg
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22052613.jpg
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22051182.jpg
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22050858.jpg
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22050318.jpg
いよいよ敷きもみじです 金閣寺_e0048413_22045930.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-06 22:10 | 紅葉便り | Comments(0)

紅葉終盤 今宮神社

市内北区紫野にある今宮神社を訪ねました、紅葉は終盤に入っていました、間もなく色落ちして散ってしまいそうです、何とか間に合いました。
 境内を回ったあと神社の参道にある名物の「あぶり餅」に寄りました、向かい合ってあぶり餅の店があります、今回は{かざりや}によって甘く味付けされた餅を食べて満足、一休みして元気を回復しました。
紅葉終盤 今宮神社_e0048413_23282619.jpg
紅葉終盤 今宮神社_e0048413_23281871.jpg
紅葉終盤 今宮神社_e0048413_23281511.jpg
紅葉終盤 今宮神社_e0048413_23281143.jpg
紅葉終盤 今宮神社_e0048413_23281302.jpg
紅葉終盤 今宮神社_e0048413_23281091.jpg
紅葉終盤 今宮神社_e0048413_23280530.jpg
紅葉終盤 今宮神社_e0048413_23275734.jpg
紅葉終盤 今宮神社_e0048413_23273563.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-05 23:32 | 紅葉便り | Comments(0)

下賀茂神社と河合神社

世界遺産の下賀茂神社(1-5)と摂社の河合神社(8-10)に行きました、下賀茂神社が世界遺産に指定されているので多くの参拝者があります。
また下賀茂神社と摂社の河合神社の間の森は「糺の森」(6.7)と呼ばれ、自然のままの美しい樹木林が広がっています、京都市民だけでなく全国から多くの愛好者が訪れます、また落葉を踏みながら進むとカサコソと聞こえる音で何とも言えない良い気分になれます。落ち葉が楽しめるのはもう少し先になります、多くはありませんが先に楓の紅葉をアップします。
下賀茂神社と河合神社_e0048413_22493129.jpg
下賀茂神社と河合神社_e0048413_22493021.jpg
下賀茂神社と河合神社_e0048413_22491076.jpg
下賀茂神社と河合神社_e0048413_22484469.jpg
下賀茂神社と河合神社_e0048413_22483262.jpg
下賀茂神社と河合神社_e0048413_08285053.jpg
下賀茂神社と河合神社_e0048413_22482984.jpg
下賀茂神社と河合神社_e0048413_22482110.jpg
下賀茂神社と河合神社_e0048413_22482378.jpg
下賀茂神社と河合神社_e0048413_22481703.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-04 22:51 | 紅葉便り | Comments(0)

宝ヶ池 紅葉終盤

今日の2回目のアップです。
 京都岩倉の宝ヶ池公園の楓が盛りの後半を迎え真っ赤に染まっています、一緒にハゼの木も赤くなっています。
池のはるか向こうに比叡山が映っていて映り込みが魅力的です、敷きもみじも始まっていて夕方直前の紅葉狩りが最高に楽しいひと時になりました。
宝ヶ池 紅葉終盤_e0048413_17554534.jpg
宝ヶ池 紅葉終盤_e0048413_17553983.jpg
宝ヶ池 紅葉終盤_e0048413_17553208.jpg
宝ヶ池 紅葉終盤_e0048413_17551805.jpg
宝ヶ池 紅葉終盤_e0048413_17551101.jpg
宝ヶ池 紅葉終盤_e0048413_17545302.jpg
宝ヶ池 紅葉終盤_e0048413_17545245.jpg
宝ヶ池 紅葉終盤_e0048413_17544621.jpg
宝ヶ池 紅葉終盤_e0048413_17543426.jpg
宝ヶ池 紅葉終盤_e0048413_17542510.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-03 18:08 | 紅葉便り | Comments(0)

西本願寺の大イチョウ

西本願寺では、大銀杏が見頃を迎えています。
 早朝に行きましたが参拝者が続々来ていました、教祖親鸞を祀る御影堂の前にある天然記念物の「逆さ銀杏」がメインで樹齢推定約380年幹周/6.5m、樹高/7.0mあります。
大銀杏の木は、低い位置から枝が横に伸びていて、根っこを天に広げたような形から「逆さ銀杏」と呼ばれています。
 今が盛りの後半で黄金色のイチョウが朝日を浴びて輝いていました、中には手を合わせている方もおられさすが総本山だなあ~~と感じながら撮影しました。
西本願寺の大イチョウ_e0048413_17173801.jpg
西本願寺の大イチョウ_e0048413_17173536.jpg
西本願寺の大イチョウ_e0048413_17173075.jpg
西本願寺の大イチョウ_e0048413_17172276.jpg
西本願寺の大イチョウ_e0048413_17172214.jpg
西本願寺の大イチョウ_e0048413_17171300.jpg
西本願寺の大イチョウ_e0048413_17163000.jpg
西本願寺の大イチョウ_e0048413_17151465.jpg
西本願寺の大イチョウ_e0048413_17151020.jpg
西本願寺の大イチョウ_e0048413_17150563.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-03 17:21 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)