人気ブログランキング |

菜園の今年最終

本年最終で菜園に行き冬支度を完了しました、周りの山は葉が落ちて冬景色です、私の菜園は猪被害の後遺症で荒れ放題です、冬の葉物を育てていますが生育も遅れがちです、今冬は諦めました。
 来年に向かって種まきをしておいたソラマメとエンドウ豆がけな気に芽を出して育ちだしました、これだけは期待出来そうです。
 そのほかは3~4月頃までに畝を作り直し新しく植え付けをしようと考えています、それまでの真冬にイノシシ防御柵の強化をして今年ののような大被害を受けないようにしようと考えています。
 一年間ご覧くださってありがとうございました、今日はすごく寒くなりました、皆さま元気に明るい新年をお迎えください!
菜園の今年最終_e0048413_19043886.jpg
菜園の今年最終_e0048413_19042308.jpg
菜園の今年最終_e0048413_19032180.jpg
菜園の今年最終_e0048413_19025839.jpg
菜園の今年最終_e0048413_19024452.jpg
菜園の今年最終_e0048413_19035527.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-31 19:08 | 菜園で | Comments(0)

京都市の左京区鹿ケ谷の哲学の道の南端を少し登ると、あまり広くはありませんが歴史のある「大豊神社」があります。
 鄙びた感じで春先のしだれ梅と秋の紅葉が魅力で普段は哲学の道の散策と併せてぱらぱらと参拝者がある程度です。
 しかし来年はねずみ年で大変身します、大豊神社の本殿横に末社の大国社があって立派な(こまねずみ)が参拝者を迎えます、来年が12年に一度の周り年になるので新年は大賑わいになると思われます、私は昨日お参りしましたが続々と参拝者が来ていました、皆さん明るい新年と学業向上や長寿を願います。

令和2年ねずみ年を迎える 大豊神社_e0048413_17423114.jpg
令和2年ねずみ年を迎える 大豊神社_e0048413_17422636.jpg
令和2年ねずみ年を迎える 大豊神社_e0048413_17422291.jpg
令和2年ねずみ年を迎える 大豊神社_e0048413_17421352.jpg
令和2年ねずみ年を迎える 大豊神社_e0048413_17421020.jpg
令和2年ねずみ年を迎える 大豊神社_e0048413_17420732.jpg
令和2年ねずみ年を迎える 大豊神社_e0048413_17420209.jpg
令和2年ねずみ年を迎える 大豊神社_e0048413_17415465.jpg
令和2年ねずみ年を迎える 大豊神社_e0048413_17490028.jpg


 


by kamogawa35 | 2019-12-29 17:45 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

御所の西側に鎮座する「護王神社」は平安京の建都に貢献された和気清麻呂をお祀りしている神社です。清麻呂が九州へ行ったときに猪がお守りしたという故事があってイノシシの強力な足にちなんで足腰の守護神として広く崇敬されています、境内のあちこちに狛犬ではなく狛猪があって「 いのしし神社」とも呼ばれ市民から親しまれています。
 令和元年が丁度亥年だったので一年を通して多くの参拝者が訪れました、私も亥年生まれなのでお参りしました。
 今日は最終の御用納めですがお礼参りの人達が絶え間なく来ていました、神社では早くも来年の子年を表すネズミの大絵馬が掲げられています。
令和元年 亥年を送る 「護王神社」_e0048413_21493786.jpg
令和元年 亥年を送る 「護王神社」_e0048413_21493426.jpg
令和元年 亥年を送る 「護王神社」_e0048413_21492048.jpg
令和元年 亥年を送る 「護王神社」_e0048413_21491709.jpg
令和元年 亥年を送る 「護王神社」_e0048413_22281927.jpg
令和元年 亥年を送る 「護王神社」_e0048413_21490738.jpg
令和元年 亥年を送る 「護王神社」_e0048413_21490318.jpg
令和元年 亥年を送る 「護王神社」_e0048413_21485935.jpg

 


by kamogawa35 | 2019-12-27 21:51 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

矢田寺 カボチャ供養

冬至の今日、中京区の寺町三条にある矢田寺で一年の無病息災を祈願するカボチャ供養がありました. 本堂前に奉納された大カボチャを前に住職が回向しました、そのあと参拝者は並んで手を合わせてから大カボチャをさすって中風除けや諸病退散を願います。
参拝後大釜で炊かれたホクホクのカボチャが先着1,000名に無料で接待されます、皆さん笑顔笑顔です、私も美味しくいただきました。
このカボチャ供養は師走の京都の大人気行事です。市民や観光客が大勢訪れ長蛇の列が出来ていました。
矢田寺 カボチャ供養_e0048413_17534250.jpg
矢田寺 カボチャ供養_e0048413_17533810.jpg
矢田寺 カボチャ供養_e0048413_17533485.jpg
矢田寺 カボチャ供養_e0048413_17532963.jpg
矢田寺 カボチャ供養_e0048413_17532470.jpg
矢田寺 カボチャ供養_e0048413_17531930.jpg
矢田寺 カボチャ供養_e0048413_17531563.jpg
矢田寺 カボチャ供養_e0048413_17531102.jpg
矢田寺 カボチャ供養_e0048413_17530865.jpg
矢田寺 カボチャ供養_e0048413_17530250.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-23 17:56 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

全高校駅伝(男子)

京都の人達が年末の大型スポーツイベントとして楽しみにしている全国高校駅伝大会が今日行われました、曇り空で寒かったのですがコースの沿道には出場高校の応援団や京都市民などが旗を振りながら大声援を送って盛り上がっていました。
 私も駅伝の大ファンです、例年女子の部を応援していましたが今日は男子の部を観覧しました、期待していた京都洛南高校は入賞できず11位となって残念でした、でも順位に関係なく全力で走る選手たちには沿道の皆さんは惜しみない応援を送っていて例年のことですが素晴らしい!と感激しながら応援していました。
 今回は1区後半の北大路今宮前を動かないで先頭を集団で走るランナーたちや必死に追いかける選手体を応援しました。
結果は仙台育英が男女ともに優勝というスゴイことをやってのけました。
全高校駅伝(男子)_e0048413_17442797.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17442356.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17441913.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17441387.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17440562.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17434162.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17433140.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17432479.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-22 17:51 | イベント | Comments(0)

しまい弘法

今日、世界遺産の南区「東寺」では本年最後の(終い弘法)が行われ多くの市民が押し寄せて大賑わいでした、近年は市民だけでなく観光バスの団体や海外からの客も来て参拝もそこそこに露店での買い物を楽しんでいます。
 今日は好天で午前中から大賑わい、境内の1000店を超える露店に客が押し寄せ骨董や正月用品、食品などの並ぶ通路は大渋滞で、写真も止まって写せません全部を巡るのは諦めてポイントだけ廻りました、それでもすごい時間がかかり疲れ果てました、ご覧ください。
 25日には北野天満宮でも「終い天神」が開かれ同様に1000店ほどのの露店が出て賑わいます。
しまい弘法_e0048413_17481671.jpg
しまい弘法_e0048413_17481073.jpg
しまい弘法_e0048413_17480730.jpg
しまい弘法_e0048413_17480218.jpg
しまい弘法_e0048413_17475432.jpg
しまい弘法_e0048413_17474909.jpg
しまい弘法_e0048413_17474519.jpg
しまい弘法_e0048413_17474133.jpg
しまい弘法_e0048413_17473778.jpg
しまい弘法_e0048413_17473168.jpg
しまい弘法_e0048413_17472599.jpg
しまい弘法_e0048413_17472137.jpg
しまい弘法_e0048413_17471345.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-21 17:52 | 日々の出来事 | Comments(0)

おすす払い 西本願寺

今日、東西の本願寺総本山で年末恒例の「おすす払い」の行事がありました。
 この行事は室町時代の後期から始まったと言われ、僧侶や門信徒が堂内の畳を叩き、一年間たまったほこりを大団扇で堂外にあおぎ出し新年を迎える準備をします。
 西本願寺は午前7時から東本願寺は9時からです、私は西本願寺に行きました、門主がほこりを払う動作を示したあと集まった600人を超す門信徒と僧侶が「ナンマイダブツ・・・・・・」唱えます。
 そして一斉に煤払いが始まりました、全員が叩くので畳からすごいほこりが舞い上がります、それを2Mもある大きな団扇で堂外へ堂外へと送っていました。
 高齢者の参加が多いので後半になると疲れた人たちが縁側でギブアップの表情で休んでいるのが目立ちます、やむを得ないだろうな・・・と思いました。
 この行事が新年を迎える準備の始まりで京都の師走の名物行事になっています。
 
おすす払い 西本願寺_e0048413_18530720.jpg
おすす払い 西本願寺_e0048413_18530109.jpg
おすす払い 西本願寺_e0048413_18525725.jpg
おすす払い 西本願寺_e0048413_18525442.jpg
おすす払い 西本願寺_e0048413_18525045.jpg
おすす払い 西本願寺_e0048413_18524783.jpg
おすす払い 西本願寺_e0048413_18524327.jpg
おすす払い 西本願寺_e0048413_18523258.jpg
おすす払い 西本願寺_e0048413_18522927.jpg
おすす払い 西本願寺_e0048413_18522554.jpg
おすす払い 西本願寺_e0048413_18521957.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-20 19:05 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

今日で京都の紅葉だよりは終了です、長い間ご覧いただいてありがとうございました。
 最後は「敷きもみじ」の美しさでトップだと思っている「真如堂」をお届けします。
もう紅葉は殆ど散ってしまいましたが本堂の後ろ東側に豪華で美しい敷きもみじが広がっています、朝方太陽が差し込む場面で見ると息をのむ美しさです、しばらく楽しめるのでおススメです。
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21295719.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21295164.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21292872.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21294116.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21291734.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21285324.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21284506.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21283154.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21281855.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21281019.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21280477.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21275583.jpg
真如堂 敷きもみじ 紅葉終了 _e0048413_21274606.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-09 21:32 | 紅葉便り | Comments(0)

千本釈迦堂 大根だき

今日の2回目のアップです。
12月8日は釈尊が悟りをひらいた日と伝わっています、それを記念してお釈迦様を祀る千本釈迦堂(大法恩寺)では無病息災を願う「大根だき」法要が12/7~8日と行われています、昔から師走の京都の風物詩として定着していて大勢の市民が大根だきを求めて参詣に来ています。(他のいくつかの寺院でも大根だきをしています)
 参拝のあと長い列を並んでしっかり炊き込んだ大根だきを求め境内で熱々を食べたり持ち帰ったりします、今日も朝から長い列が続いていました。
 生の大根に梵字を書いたものも販売していました。
私も食べたかったのですがあまりに長い行列に恐れをなして参拝と撮影だけで済ませました。
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18044499.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18045265.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18045813.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18051034.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18052026.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18052862.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18053559.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18054001.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18054594.jpg
千本釈迦堂 大根だき_e0048413_18055933.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-08 18:12 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

龍翔寺とくすのき落葉

北区にある臨済宗大本山の大徳寺の塔頭「龍翔寺」を訪ねました、この寺院は僧侶の研修道場になっていて若い修行僧が居られます、寺院の内部には立派な庭園がありそうですが拝観謝絶になっています、門前から写してみました、門内は清められていて静謐の気配に満ちています、私の好きな寺院の一つです。
 門前を西に出て塀沿いを曲がると龍翔寺の特徴になっている瓦を埋め込んだ土塀が伸びています、その前のクスノキが最高の色付きです、落ち葉が路上に落ちて広がって魅力いっぱいの景色が楽しめます、前の道は今宮神社への参道を兼ねていますのでどちらの管理だろうかといつも考えてしまいます。 
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16190146.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16185889.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16185544.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16185123.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16184803.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16184507.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16183554.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16183134.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16182769.jpg
龍翔寺とくすのき落葉_e0048413_16182111.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-08 16:22 | 紅葉便り | Comments(0)