人気ブログランキング |

一気に秋が進んだ

24.25日の大雨のあと一気に秋が深まりました、朝晩は寒さを感じます、菜園のススキも穂が白くなって綿毛が出来てきました。
 菜園から近い京都国際会館の前の周回道路のハナミズキもあっという間に盛りの後半になっています、今日は散策をしながらミズキの紅葉を楽しんでいる人達が多いように感じました。
e0048413_20411213.jpg
e0048413_20410866.jpg
e0048413_20410103.jpg
e0048413_20405847.jpg
e0048413_20405438.jpg
e0048413_20405059.jpg
e0048413_20404397.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-27 20:42 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

時代祭り 


今日は京都の三大祭りの最後「時代祭り」がありました、例年は22日ですが新天皇の即位礼が22日にあったため今日になりました、逆に今日の京都は天気回復で祭り行列にはサイコーで多くの観覧者がコースに並んでいました、私は招待券を頂いたのでゴールの平安神宮の応天門前の席で間近に観覧出来て大満足でした。
 行列は先頭が明治維新の維新勤皇隊列、続いて江戸時代-安土桃山時代-室町時代-吉野・鎌倉・藤原‣延暦時代と溯る長い行列で長時間の観覧になりますが武士だけでなく美しい女性の行列が間にあって飽きません、海外からの観光客も多く祭りは大盛り上がりでした。 
e0048413_21442784.jpg
e0048413_21442448.jpg
e0048413_21441782.jpg
e0048413_21440002.jpg
e0048413_21435431.jpg
e0048413_21433897.jpg
e0048413_21433536.jpg
e0048413_21433145.jpg
e0048413_21432514.jpg
e0048413_21430759.jpg
e0048413_21425942.jpg
e0048413_21425365.jpg
e0048413_21391274.jpg
e0048413_21385536.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-26 21:42 | 祭り | Comments(0)

 二日目は寸又峡温泉から朝のバスで渓谷沿いを進みアプトラインの奥泉駅へ、乗車してすぐにアプトいちしろ駅に着きます、ここでアプト式区間を走る機関車をつないで長島ダム駅へ、アプト機関車を離して進んだ列車が途中一番人気の奥大井湖上駅に、私たちはここで降りて次の接祖温泉駅の区間を歩きました。
 湖上駅からレインボーブリッジ、南アルプス接祖大つり橋を渡って八橋小道ラブロマンスロード進みます、8個のつり橋を渡りながら川沿いの山道をアップダウンするかなりハードな2.9キロのコースで2時間近くかかりました、雲や霧が出る一日でしたが雨が降らなかったのが幸いでした。
 台風の影響で寸又峡・大井川の水が濁っていたのが残念でしたが誘って頂いた皆さんのお蔭で初めての寸又峡がとても楽しい旅になり大満足の二日間で大感謝です。
e0048413_18245835.jpg
e0048413_18245498.jpg
e0048413_18244973.jpg
e0048413_18244557.jpg
e0048413_18244101.jpg
e0048413_18243581.jpg
e0048413_18243212.jpg
e0048413_18242698.jpg
e0048413_18242244.jpg
e0048413_18241611.jpg
e0048413_18241082.jpg
e0048413_18240159.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-23 18:34 | 日本のあちこち | Comments(0)

前日アップした東京での展覧会の帰途、親しい東京の友人たちと静岡県の寸又峡温泉の旅に行きました、大井川鉄道で大井川沿いに南アルプスの麓まで遡る魅力のコースです、美しい水が流れる寸又渓谷を楽しみにしていましたが台風19号で川が濁ったままで残念でした、代わりに雲が渓谷まで降りてきて墨絵のような景色が楽しめました。
 大井川本線で終点の千頭まで、更にバスで寸又峡温泉へ、山奥です。
荷物を置いて目標にしていたチンダル湖にかかる「夢のつり橋」へ、長さ90Mのつり橋です、揺れます!必死で渡り切りました!怖かった!!本当は美しい翡翠色の湖面が楽しめるようですがここも台風の影響で灰色に濁った水面でした、でも迫力十分で楽しめました、時間があったのでその先の「飛竜橋」までメンバーで最も健脚のMさんの先導で歩きましたキツカッタ!強行軍でしたが値打ちがありました。
 宿泊は翠紅苑(美女つくりの湯)で人気です、平日でしたが満員状態です、つるつるとした肌に優しい湯を満喫しました。
e0048413_23214287.jpg
e0048413_23213760.jpg

e0048413_23174205.jpg
e0048413_23173798.jpg
e0048413_23173566.jpg
e0048413_23173198.jpg
e0048413_23172620.jpg
e0048413_23165235.jpg


by kamogawa35 | 2019-10-22 23:25 | 日本のあちこち | Comments(0)

昔の業界仲間の方々と職場の仕事仲間がグループを作って毎年東京銀座の画廊で「T.パティオ あんでぱんだん展」と名付けて絵画や写真・書・手芸など何でもありの展覧会を行っています、9回目の会が10月15日~19日に開催され500名を超す来場者があり盛り上がりました、懐かしい仲間の方々が多くおいで下さり、さながらOB会の賑わいでした。
 私も誘って頂いて初回から参加しています、地方からの参加で準備などのお手伝いは出来ませんが作品は写真の部に出させていただきました、京都を代表する祇園祭の長刀鉾の迫力写真で未熟な腕をカバーしておきました。
 帰りに歩いた銀座はサイコーでした。
e0048413_20385892.jpg
e0048413_20385225.jpg
e0048413_20384728.jpg
e0048413_20382957.jpg
e0048413_20382464.jpg
e0048413_20382286.jpg
e0048413_20381936.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-21 20:42 | 日本のあちこち | Comments(0)

昨日、今日と嵐山の清凉寺(釈迦堂)で恒例の嵯峨大念仏狂言がありました、京都の三大狂言の一つで歴史と由緒があります、地元の保存会が頑張って継続していて重要無形文化財に指定されています。
今日は午後から3番の狂言が演じられましたが私は2番目の「大原女」を観覧しました、嵯峨の狂言はセリフの無い無言劇です、演者の仕草で物語を推理しながら観覧します、慣れるまで少し時間がかかりましたが判りやすい内容だったので楽しむことが出来ました。
 嵐山エリアは秋に入って海外からの観光客も加わって猛烈な混みようです、竹林の道を野々宮神社まで歩こうと考えましたが諦めました。
e0048413_20334806.jpg
e0048413_20334131.jpg
e0048413_20364815.jpg
e0048413_20333315.jpg
e0048413_20332554.jpg
e0048413_20332108.jpg
e0048413_20331672.jpg
e0048413_20331416.jpg
e0048413_20330869.jpg
e0048413_20340438.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-20 20:39 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

菜園の秋は盛り

菜園は秋の盛りを迎えだしました、畑の隅にあるススキの大株も穂が出揃って迫力が出て来ました、しばらく楽しみます、また野菜畝で育てたコスモスも最高潮になりました。
菜園の日陰では目立たない小さな花ですがミゾソバ⑥が大量に咲いています、雑草です。
 隣の休耕田では黄色い花が目立つセイタカアワダチソウ⑦が咲き揃ってきました。
また、菜園の狭い通路ではあちこちでクモ⑧が糸を張って虫を捕えようと陣取っていて進みつつある秋を実感しています。
 明日からの台風が恐ろしい!被害が無いよう願っています。
e0048413_22142571.jpg
e0048413_22142078.jpg
e0048413_22141640.jpg
e0048413_22140888.jpg
e0048413_22140219.jpg
e0048413_22135295.jpg
e0048413_22133963.jpg
e0048413_22133388.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-11 22:20 | 菜園で | Comments(0)

上賀茂神社 梅道中

今日、和歌山県の特産の梅干し「南高梅」を奉納する秋の梅道中がありました。6月6日に収穫した梅を奉納する初夏の梅道中があって今日は梅干しが無事に完成したことを報告し奉納する「秋の梅道中」です。
 和歌山県田辺市の梅作りの方達が美味しく漬けた南高梅を手に、神社の前で身を清めてから本殿に豊作を報告、奉納されました。
 私たち観覧者にも最高級の南高梅が配られました、頑張って2回もいただきました、美味でした。
e0048413_21001299.jpg
e0048413_21000989.jpg
e0048413_21000464.jpg
e0048413_20595112.jpg
e0048413_20594831.jpg
e0048413_20594493.jpg
 

by kamogawa35 | 2019-10-10 23:07 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

丹後半島めぐりの初日は好天に恵まれましたが翌日は目を覚ますと台風18号の影響で猛烈な暴風雨です、海岸には荒波が押し寄せています、皆で相談してコース変更にしました。予定していた丹後松島・立岩‣琴引き浜などは車内観光や遠くから見るだけに変更です、代わりに久美浜湾経由で海岸から離れた兵庫県豊岡市のコウノトリ公園と出石城見学に行くことにしました。
 予定変更になりましたがどちらもゆっくり観覧出来て充実して楽しい時間を過ごせました、仕上げは名物の出石皿ソバです、美味しい!
二日間の小旅行でしたが参加のみなさんも大満足でした、Tさんに感謝です。
e0048413_21100427.jpg
e0048413_21100775.jpg
e0048413_21100051.jpg
e0048413_21095801.jpg
e0048413_21095462.jpg
e0048413_21094517.jpg
e0048413_21095008.jpg
e0048413_21094033.jpg
e0048413_21093680.jpg
e0048413_21093169.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-08 21:13 | 京都北部・北山 | Comments(0)

昨日アップした天橋立を出て丹後半島を北上、伊根の舟屋をめぐり更に半島の最先端の経ヶ岬まで一息に、日本海を見渡す灯台を眺めました、天候は快晴台風18号が来ているとは思えません。
 続いてこの日の宿がある丹後間人(たんごたいざ)まで海岸沿いの絶景を満喫します、ドライブをして下さったTさんはこの土地の出身で地域でも色々役員をされてお世話になっています、山陰海岸ジオパークに指定されているエリアの撮影ポイントも全部掌握されているのでお任せで巡りました、夕暮れが迫って夕日の撮影ポイントへ到着、日没の絶景を待ちましたが急に雲が低く垂れて太陽が見えなくなってしまいました、一番楽しみにしていましたが撮影はダメになり、心を残して宿に向かいました。
e0048413_16541347.jpg
e0048413_16541063.jpg
e0048413_16540471.jpg
e0048413_16540023.jpg
e0048413_16535814.jpg
e0048413_16535509.jpg
e0048413_16535205.jpg
e0048413_16534860.jpg
e0048413_16534465.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-07 17:00 | 菜園で | Comments(0)