那須のブナ林を楽しんだ

昨日アップしたように那須連峰の主峰 茶臼岳を見ることが出来なかったのでハンターマウンテン塩原のゴンドラ終点近くのブナ林を歩きました。
 今が丁度黄葉・紅葉のピークでブナ林とマッチしてとても美しい那須高原の秋を満喫しました。ご覧ください。
e0048413_12235575.jpg
e0048413_12233889.jpg
e0048413_12232782.jpg
e0048413_12231502.jpg
e0048413_12230625.jpg
e0048413_12225790.jpg

by kamogawa35 | 2018-10-30 12:25 | 日本のあちこち | Comments(1)

那須高原へ

東京へ行ったあと親しい仲間の6人で那須高原に行きました、目的は長いお付き合いのある出版社オーナーOBのUさんが、本屋さんが無くなってしまった那須町で書店の復活に協力するために「那須ブックセンター」(1.2)を開業されたお店見学と紅葉の盛りを迎えた那須連山を楽しむためです。
 書店は店長さんの努力ぶりが感じられる魅力的なお店でした、高原地帯で人口がそれほど多くないので地域の住民と力を合わせた読書運動が課題だと感じました。
 那須の最高峰茶臼岳1915Mの姿を見ようと近くのゴンドラで登りましたが、霧が出て頂上は見えません(7.8)山を下りた翌日ロープウエイで那須山に登りましたが終点に着くとまた頂上にだけ霧が乗って見えません(9.10)やむなく諦め下山してから眺めた茶臼岳(3)で納得、盛りを迎えた山の紅葉は見事で満足しました。
 
e0048413_19024033.jpg
e0048413_19022536.jpg
e0048413_19021672.jpg
e0048413_19020428.jpg
e0048413_19015592.jpg
e0048413_19014530.jpg
e0048413_19013420.jpg
e0048413_19012587.jpg
e0048413_19011625.jpg
e0048413_19010814.jpg

by kamogawa35 | 2018-10-29 19:06 | 日本のあちこち | Comments(0)

今回の東京行きの目的は以前の仕事の仲間や関係者のOBが集まったグループ「Tパティオ」で8年間続く、絵や書、工芸、写真など色とりどりを銀座のギャラリーで展示する「あんでぱんだん展」(7・8)に参加するためでした。 
 東京到着が早かったので空き時間を利用して話題の豊洲市場を見学しました、肝心の競り市は午前5時からスタートして8時ころには終わると言うことでセリ場は閑散としていてがっかり、見学の皆さんは食べ物や土産物コーナーに流れ大賑わい、人気の寿司屋は2時間待ちとのことで敬遠、半時間待ちのインドカレーで辛抱しました。
 展覧会は23日~27日の期間中に大勢の来場を頂き大盛会になり来年も同じ銀座第7ビルギャラリーで開催することが決まりました。
e0048413_21241821.jpg
e0048413_21241489.jpg
e0048413_21240668.jpg
e0048413_21233440.jpg
e0048413_21232876.jpg
e0048413_21232148.jpg
e0048413_21231267.jpg
e0048413_21230545.jpg
e0048413_21225917.jpg

by kamogawa35 | 2018-10-28 21:31 | 日本のあちこち | Comments(0)

新幹線から富士山

先日早朝の便で東京に行きました、この日の午前中は雲一つない快晴でした、静岡に入ると期待通り車窓から雪をいただいた富士山が見えました。
 窓越しに夢中でシャッターを押し続けました、何回か新幹線から富士山を見ていますが雲一つない空にくっきりと輝く美しい富士山を見るのは初めてでした!感動しました、ご覧ください。
e0048413_22250520.jpg
e0048413_22245991.jpg
e0048413_22245358.jpg
e0048413_22244305.jpg
e0048413_22243374.jpg

by kamogawa35 | 2018-10-27 22:26 | 日本のあちこち | Comments(0)

京都「南座」改修開場

江戸時代初期に開かれたと伝わり明治時代から松竹が経営して歌舞伎興行で知られる「京都 南座」が3年間の耐震改修工事を終えて11月1日より2か月連続の顔見世興行で華やかに幕を開けます。
 開場を前に、名物になっている出演役者を知らせる招き看板が独特の勘亭流の文字で掲げられました。
 11月の顔見世は二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎の高麗屋三代が揃って襲名披露するのが呼び物になっていて前評判も上々のようです。
 夕刻撮影に行きましたがカメラやスマホで撮影している人たちや「まねき」を眺める人達でいっぱいでした、もぐりこんで写しました。
e0048413_22062704.jpg
e0048413_22062023.jpg
e0048413_22061371.jpg
e0048413_22060791.jpg
e0048413_22060157.jpg
e0048413_22055588.jpg
e0048413_22054993.jpg

by kamogawa35 | 2018-10-26 22:12 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

私の菜園の隅にフジバカマの株が根付いています、もう数年たっていますが花が少しか咲かず悩んでいました、やっと今年になって20~30本の茎から花が一斉に咲き安心しました、もしかしたら海を渡る蝶として注目されているアサキマダラが来るかもしれないと期待が膨らみました、でも咲き始めてから半月以上たっても一向にアサキマダラが来ずヒョウモン蝶⑤が来るだけで殆ど諦めていました。
 今日は秋晴の快晴で畑作業に取り組もうと朝から出かけました、着いて作業を始めてから一休みしようとしていたら見慣れない蝶が一羽飛んできてフジバカマにとまりました、これはきっとアサキマダラだ!と確信しました、急いでカメラを取り出して写そうとしましたが動きが早くてなかなか写せません、そのうちに私の気配を感じたのかどこえともなく飛んで行きました・・・・残念!
 でも今年アサキマダラが来たことで来年への期待が膨らみました、フジバカマの花がもっと咲くよう手入れをしておこうと考えています。
e0048413_22031917.jpg
e0048413_22031143.jpg
e0048413_22030518.jpg
e0048413_22030076.jpg
e0048413_22025356.jpg
e0048413_22024525.jpg
 

by kamogawa35 | 2018-10-21 22:05 | 祭り | Comments(0)

船岡大祭

京都市北区の船岡山にある建勲神社は織田信長を祀る神社です、明治2年(1869年)に明治天皇の命によって開かれました。
全国の信長ファンが訪れる人気の神社です。
 今日は船岡大祭が盛大に行われました、午前11時から儀式が始まり神主の祝詞、お供えのあと織田信長がいつも舞ったと伝わる仕舞「敦盛」が金剛流の能楽師によって演じられました、続いて舞楽「胡飲酒」が演じられてとても雰囲気のある大祭でした。
(敦盛は「人生五十年。下天のうちに比ぶれば夢幻のごとくなり。ひとたびこの世に生を受け滅せぬもののあるべきか」というが有名です)
e0048413_21333610.jpg
e0048413_21333345.jpg
e0048413_21332935.jpg
e0048413_21332656.jpg
e0048413_21332218.jpg
e0048413_21331802.jpg
e0048413_21331573.jpg
e0048413_21330991.jpg



by kamogawa35 | 2018-10-19 21:35 | 祭り | Comments(0)

春日まつり



昨日今日と洛西の西院地区最大の春日祭が盛大に行われ盛り上がりました。
 今日は1200年の歴史のある西院の春日大社で秋の豊作と無病息災を感謝して五本の剣鉾と二基の大神輿や稚児行列が行われました。
多くの露店も出て周辺は大変な賑わいでした。
e0048413_21020637.jpg
e0048413_21015741.jpg
e0048413_21014216.jpg
e0048413_21011536.jpg
e0048413_21010336.jpg
e0048413_21005619.jpg
e0048413_21004980.jpg
e0048413_21004178.jpg
e0048413_21003219.jpg
e0048413_21002429.jpg

by kamogawa35 | 2018-10-14 21:31 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

藤袴祭りなど 

万葉集や古今和歌集にもうたわれ古来から愛されてきたフジバカマが盛りを迎えています、京都の寺町丸太町の一帯では西京区大原野で育てられた原生種のフジバカマの鉢植えを店先に展示して(1.2)楽しむ藤袴祭りを10/11~10/14日まで開催しています。
 私は今朝 祭りの中心で西国三十三ヶ寺の十九番札所「革堂 行願寺」に行きました、朝方ですが地域の方達が続々参拝を兼ねて花を見に来ておられました。
 日本古来の花ですが小さな花で少し地味です、しかし海を越えて渡ってくる蝶「アサキマダラ」が好む花で最近注目度が上がっています。
 私の菜園でも今年になってやっと花が咲き始め楽しんでいます(7・8)
e0048413_21562919.jpg
e0048413_21562216.jpg
e0048413_21561449.jpg
e0048413_21555890.jpg
e0048413_21555114.jpg
e0048413_21554392.jpg
e0048413_21550816.jpg
e0048413_21545183.jpg

by kamogawa35 | 2018-10-13 22:03 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

秋の雲 上賀茂神社

昨日の午後4時ころ家に帰ろうとバスに乗っていて空を見ると美しいイワシ雲が太陽に輝いていました、あまりに美しいのでバスを降りるのを中止し終着の上賀茂神社まで行って夕暮れ前の空を心行くまで楽しみました。
 写真は空の雲を中心に写しましたご覧ください。
e0048413_21055017.jpg
e0048413_21054303.jpg
e0048413_21053753.jpg
e0048413_21053181.jpg
e0048413_21052481.jpg
e0048413_21051970.jpg
e0048413_21051082.jpg
e0048413_21050466.jpg
e0048413_21045905.jpg
e0048413_21045118.jpg
e0048413_21044571.jpg
e0048413_21043912.jpg


by kamogawa35 | 2018-10-09 21:10 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)