人気ブログランキング |

伏見 ミニ観光 sanpo

昨日アップした五福めぐりと並行して伏見の名所にも寄りました、天気もまずまずで楽しいミニ観光歩きになりました。
1.2伏見稲荷 3疏水際を皆で歩く 4.桃山御陵への大石段 5明治天皇陵 6明治天皇夫人の昭憲皇太后陵 7.8伏見桃山城(現在公開中止中) 9.伏見酒蔵風景
e0048413_19451747.jpg
e0048413_19453476.jpg
e0048413_19454674.jpg
e0048413_1946266.jpg
e0048413_19461123.jpg
e0048413_19464261.jpg
e0048413_19465676.jpg
e0048413_1947104.jpg
e0048413_19472053.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-13 19:48 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

五福めぐり

今日は京都伏見の五社寺を巡り招福を願う「五福めぐり」をしました。
 地域の山登りクラブの新年特別企画でのんびりと街中を探訪して食事も楽しむ人気企画です、私もクラブに入っているので参加しました。
 今日のコースは勝ち運、勝ち馬で知られる「藤の森神社」がスタートです、競馬の神様にもなっているので楽しい絵馬が沢山あり楽しみました、そのあと勝ち運の「乃木神社」・安産厄除けの「御香の宮」・金運の「大黒寺」・商売繁盛、諸芸上達の「長建寺」と現世のご利益祈願ばかりの五ヶ所を巡りました。
歩いた距離は10キロ以上2万歩を越えました、でも参加が20名近い人数でとても賑やかです、おかげで楽しい歩きになり距離は気になりませんでした。
 仕上げは伏見の酒蔵エリアにある黄桜のカッパ天国です、しぼりたてのおいしいお酒や地ビールもあってとても楽しい昼食会でした、歩いた疲れを癒すにはサイコーのひとときでした。
 企画していただいた世話役の皆さんには感謝感謝です。
e0048413_2145773.jpg
e0048413_21516100.jpg
e0048413_2152929.jpg
e0048413_2153971.jpg
e0048413_2154931.jpg
e0048413_216275.jpg
e0048413_2161313.jpg
e0048413_217641.jpg
e0048413_2173280.jpg
e0048413_2173423.jpg
e0048413_2175597.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-12 21:11 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

全国女子駅伝

第33回の全国女子駅伝が西京極競技場と国際会議場往復のフルマラソンコースで開催されました。
今日は珍しく良い天気でした、鍛え抜かれた若々しい選手たちが都大路の9区間を走り抜けます、沿道には多くの駅伝ファンや郷土のチームを応援する人たちが集まり熱い声援を送っていました。
 私は2区(1~4)と折り返しの国際会議場地点(5~12)で応援しました、順位に関係なく郷土の代表として必死に走る姿には毎年の事ながら感動します、凄い息使いが聞こえます。
 折り返し地点では往きと帰りの選手がすれ違います、迫力の光景でした。
結果は御承知の通りですが1位~4位の差は1秒づつと言う手に汗を握るような熱戦でした。
e0048413_16574271.jpg
e0048413_16571383.jpg
e0048413_1658783.jpg
e0048413_16574436.jpg
e0048413_16584033.jpg
e0048413_16581132.jpg
e0048413_16591130.jpg
e0048413_16584137.jpg
e0048413_16593499.jpg
e0048413_165913.jpg
e0048413_16595733.jpg
e0048413_16592542.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-11 17:05 | イベント | Comments(0)

今日地域の会合が街中の烏丸三条の近くでありました、時間が少しあったので一筋南の「六角堂 頂法寺」に参拝しました。
 ここは西国三十三ヶ寺の第十八番霊場で常に札所めぐりの人達が訪れています、境内の至る所に千社札が貼られていて札所らしい雰囲気があります、また生け花「池坊」の家元でもあり華道発祥の地とされています。
 正面の本堂が六角形をしている事から頂法寺と言う名前より 六角堂 と言う通称の方が定着していて前の通り名も「六角通り」となっています。
名物の へそ石餅 を買い求めました、懐かしい味でした。
e0048413_220876.jpg
e0048413_2201355.jpg
e0048413_2203523.jpg
e0048413_2204366.jpg
e0048413_221628.jpg
e0048413_221961.jpg
e0048413_221299.jpg
e0048413_2213355.jpg
e0048413_2215450.jpg
e0048413_2215845.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-10 22:05 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

十日えびす初日の今日、京都の恵比寿神社では午後から湯立て神楽が盛大に行われました。
 吉兆を願う神事で神楽の響きに合わせ巫女が大釜で焚かれた熱湯に笹の束を浸けて本殿と左右、参拝者たちに向かって笹束を振り、湯の粒を振り撒きます、この湯粒を浴びると健康と幸運を授かると伝えられていて参拝者は熱いのもいとわず湯をあびます、前列に居た私も大量に浴びました、今年は運が良いかな?
 写真は少しですが何回も盛大に撒き散らします、すごい迫力です。相当待ちましたが待ちごたえのある楽しい時間でした。
e0048413_2056377.jpg
e0048413_2057369.jpg
e0048413_2057087.jpg
e0048413_20573446.jpg
e0048413_20573767.jpg
e0048413_2058297.jpg
e0048413_20575994.jpg
e0048413_20582511.jpg
e0048413_20582836.jpg
e0048413_20585315.jpg
e0048413_20585239.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-08 21:00 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

十日えびす 1

新年の最初の祭、「十日えびす」が全国に散在する えびす神社で始まりました。
 京都東山にあるえびす神社でも、今日から12日まで露店も出て賑やかな祭りが行われます、今日は招福祭の日で朝には東映の映画村から駕籠に乗った女優さんが参内、午後は湯立て神楽や餅搗きが盛大に行われ多くの参拝者で盛り上がりました。
 商売繁盛の神様として人気があるので福を呼ぶ福笹が飛ぶように売れていました、また参拝者は本殿横の板をトントン叩いて楽しそうに福を呼んでいました。
今日はまだ初日、十日に向かって参拝者が増えて行きます。
e0048413_18202034.jpg
e0048413_18202446.jpg
e0048413_18204379.jpg
e0048413_18204745.jpg
e0048413_1821819.jpg
e0048413_1821822.jpg
e0048413_18212942.jpg
e0048413_18213516.jpg
e0048413_18215449.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-08 19:50 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

今日1月7日は七草粥の日です。
上賀茂神社では 新年に白馬を見るとその年の邪気が祓われる との言い伝えにちなんで白馬奏覧と七草粥の儀式が行われました。
小川の傍の土舎で儀式をしたあと神前に七草粥を供え神馬神山号を曳いて大豆を与えました。
 鳥居前では10時から七草粥が参拝者に供されます、大勢の参拝者が列を作りました、熱々の粥をいただきます。私も並んで求めました、冷えた体が温まりました、おいしかった!
e0048413_1830186.jpg
e0048413_18301567.jpg
e0048413_1830254.jpg
e0048413_1830398.jpg
e0048413_1830512.jpg
e0048413_1831578.jpg
e0048413_18311616.jpg
e0048413_18313745.jpg
e0048413_18314798.jpg
e0048413_1832419.jpg
e0048413_18321561.jpg
e0048413_18322819.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-07 18:39 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

菜園は大雪

今日は久しぶりに好天になり暖かい一日でした。
雪も消えて歩行も楽になりました、早速放置したままだった菜園に行きました、もう消えているだろうと期待していたのですが、雪がそのまま残っています。畑のある岩倉の奥は京都のチベットと言う言葉を実感し 作業は諦めて畝を覆ったビニールトンネルに積もった雪を少し取り除きました、重みで支柱が地面まで曲がってしまい春に向かって育てていた苗が大被害です。
④私の菜園 ⑥の雪をのぞくと⑦のように畝が現れました。あとはこのまま放置です。
⑧はコゴミの株です、枯れても頑張っていました。
e0048413_18144417.jpg
e0048413_1815757.jpg
e0048413_1815749.jpg
e0048413_18153151.jpg
e0048413_18153850.jpg
e0048413_1816142.jpg
e0048413_1816288.jpg
e0048413_18162627.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-05 18:20 | 菜園で | Comments(0)

南禅寺塔頭 南禅院

南禅寺境内の水路閣の南側山際に南禅寺の発祥の寺院とされる南禅院があります。鎌倉時代の1291年に亀山天皇がここに建てた離宮を寄進した事が南禅寺の始まりです、庭園は夢想国師の作庭と伝わっていて離宮の当時の池泉回遊式の姿を残しています、周囲が深い森に囲まれていて深山の気配に満ちた史跡名勝庭園です、建物は度々戦火で消滅しましたが現在のものは五代将軍の母桂昌院の寄進で1703年に建てられたそうです。
見事な雪景色の庭を殆ど独り占めのような感じで巡りました。
 寺院の前にある水路閣で隠れているために目立ちませんが紅葉や新緑時はとても見ごたえのある寺院でおすすめです、拝観料も格安の300円に設定されています。
e0048413_21205455.jpg
e0048413_2121647.jpg
e0048413_21212690.jpg
e0048413_21214182.jpg
e0048413_21215466.jpg
e0048413_2122698.jpg
e0048413_21221897.jpg
e0048413_21223057.jpg
e0048413_21224880.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-04 21:27 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

南禅寺水路閣

南禅寺の境内の片側に寺院には不似合いな赤レンガの水路が横切っています、明治の初め京都の近代化のために琵琶湖から発電の疏水を引きました、その疏水から分流を流したもので今も水が流れ利用されています。哲学の道の流れもそうです。
 現代なら有力なお寺の境内を赤レンガの水路が通ることはとてもかないません、しかし当時は日本中が文明開化で近代化に走りだしたところです、さしたる混乱も無く工事が行われたようです。
 今では苔むした水路が何となくあたりにとけ込んで独特の魅力になっていて南禅寺のビューポイントの一つとして大変人気があります。
この日も寒い雪の日なのに中国からの観光客が続々来て盛んにポーズをとって記念撮影をしていました。
e0048413_18342245.jpg
e0048413_1835087.jpg
e0048413_1835720.jpg
e0048413_1835302.jpg
e0048413_18353677.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-04 18:42 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)