人気ブログランキング |

<   2013年 03月 ( 57 )   > この月の画像一覧

菜園にも春が sanpo

ここ数日、急に気温が上がりました。菜園では気温上昇に誘われて 遅れていたフキノトウが続々と顔を見せています、早速収穫、今年の山菜初物です。
種まきに備えて畝整理をしていたら賑やかな幼児の声が聞こえて来ました。好天に誘われて近くの保育園児のミニ遠足です、みんな元気な声で「コンニチワ!」と挨拶してくれます、私もこんにちわ!の連呼です。保母さんに連れられて菜園前の山道を通って休耕田の遊び場へ行きました。
幼児たちの楽しそうな声が聞こえて来て私も愉しくなります、春の到来を実感しました。
e0048413_1825082.jpg
e0048413_18251379.jpg
e0048413_18252697.jpg
e0048413_18253752.jpg
e0048413_18254992.jpg
e0048413_1826091.jpg

by kamogawa35 | 2013-03-07 18:32 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

智積院 梅花満開

早朝、東山七条の真言宗本山の「智積院」に行きました。
智積院では境内の整備を進めていてこの10年ほどの間に鐘つき堂など諸堂の整備や色々な草木が植えられたりして全体がすごく魅力的になっています。
梅の木も名木が植えられ金堂周りが華やかになりました、今朝訪ねましたら紅白の梅が朝日に輝いて見事な眺めでした。
 丁度朝のお勤めが済んだ時間で僧侶達が続々戻ってこられました、皆さん全員が挨拶をしてくれます、挨拶を返すのがとても気持ち良いです、智積院では僧侶全員が外来の人達に分け隔てなく挨拶をする事を徹底されていて、京都では最も気持ちの良い寺院の一つとなっています。私もファンです。
 その中に頭がつるつるの若々しい僧侶が何人もおられました、聞いて見ると専修学院で修業されている方々でこの3月末に十数名の僧侶が巣立って行かれるそうです。
 気持ちの良い時間を過ごせて心が晴れやかになりました、合掌。

e0048413_20524329.jpg
e0048413_20525892.jpg
e0048413_20531075.jpg
e0048413_20532697.jpg
e0048413_20533988.jpg
e0048413_20535056.jpg
e0048413_2054140.jpg
e0048413_20541391.jpg
e0048413_20542749.jpg






.
by kamogawa35 | 2013-03-06 20:55 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

悪縁切りの安井金毘羅宮

京都には珍しい金毘羅宮があり人気のスポットになっています。
 元々は悪縁切りが主でしたが近年は「悪縁を除いて良縁を得る」の両方を叶える「こんぴらさん」と人気爆発です。
社務所前に高さ1.5メートル、幅3メートルの巨石があって、中央の亀裂を通して神様の力が円形の穴に注がれているそうです。
「〇〇さんと幸せに結婚できますように」という可愛いらしいお願い事から、「夫と浮気相手との縁を切って下さい」といった事まで、皆さんの様々な願いが書かれた「形代(かたしろ)」(身代わりのおふだ)が貼られ、碑が見えないほどになっています。
 参拝の皆さんは「形代」に切りたい縁・結びたい縁などの願い事を書き、「形代」を持って願い事を念じながら碑の表から裏へ穴をくぐります。これでまず悪縁を切り、次に裏から表へくぐって良縁を結びます。そして最後に「形代」を碑に貼って願い事が完成です。
 本殿周りの絵馬所には愛憎のもつれを断ち切りたい願いなど、縁切りを願う生々しい願いの絵馬が多く掲げられていて寒気がしそうです、もちろん良縁を願うものや入学就職祈願のものも多くありました、良縁成就の絵馬を載せておきます。
この日は桃の節句で若い女性やカップルが大勢来て楽しそうに願いを書いていました。

e0048413_2050315.jpg
e0048413_20501599.jpg
e0048413_2050292.jpg
e0048413_20504168.jpg
e0048413_20505635.jpg
e0048413_20511212.jpg
e0048413_20512514.jpg
e0048413_20513770.jpg

by kamogawa35 | 2013-03-05 20:57 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

三十三間堂 春桃会

桃の節句の三月三日と三十三をつないで、京都東山にある三十三間堂ではこの日を春桃会の日と定めていて拝観を無料にします。
また生け花の池坊家元による献花や法要が行われます。でもこの日の一番の呼び物は絶大な人気がある瀬戸内寂聴さんの青空説法でした、もう90歳を迎えておられるのに話はしっかりしていて声も通って説得力があって見事なものです、聴衆の中には手を合わせて聞いておられる方もあり、みなさん感銘を受けられた様子でした。
 本堂には国宝の千手観音が千体、堂内の端から端まで並んでいて圧倒的な迫力です、写真に写したいのですが禁止です、代わりに図録の複写を載せておきます、ここは修学旅行の定番になっているので拝観している皆さんは「修学旅行の時に見たままだ!」とか「なつかしい!!」と言いながら拝観していました。
e0048413_2154484.jpg
e0048413_2155789.jpg
e0048413_2161896.jpg
e0048413_2163562.jpg
e0048413_2165457.jpg
e0048413_217712.jpg

by kamogawa35 | 2013-03-04 21:09 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

ひなまつり

今日は3月3日ひな祭りです、世界遺産の下鴨神社では「流しびな」の儀式が行われ多くの参観者を集めました。
 流し雛は、平安時代から続く行事です。ひとがたの乗った桟俵(さんだわら)に子供の成長を願いつつ、御手洗川に流すと心が清められ厄を逃れられると言われています。
 まず神官が御手洗社で流し雛の儀を行います、最初に神官・次がメインで十二単のお雛さま・お内裏さまが流します、その後関係者達が流し、最後に幼稚園児による合唱が行われました。
そのあと御手洗川では、一般の人達が自由に桟俵を流していました。
 とても雅で華やかな儀式で人気があり殆どが女性でした。
各地であった流しびなの習慣がが発展して後にひな人形になり、家に飾って女の子の無事と幸せを願うようになったそうです。

e0048413_20533375.jpg
e0048413_20565511.jpg
e0048413_20571557.jpg
e0048413_20572918.jpg
e0048413_20574666.jpg
e0048413_2058993.jpg
e0048413_20583789.jpg
e0048413_2058583.jpg
e0048413_20591843.jpg
e0048413_20595921.jpg
e0048413_2104357.jpg
e0048413_21105.jpg

by kamogawa35 | 2013-03-03 20:21 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

安芸の宮島 厳島神社

福岡からの帰途、広島で途中下車して厳島神社を訪ねました。
安芸の宮島と呼ばれ島全体が厳島神社のご神体となっていて古くから神の島として信仰されています。平安時代末期から平家一門の信仰が篤く平清盛が現在の厳島神社のような姿に整えたと伝わっています。
世界遺産に指定されてから海外からの来場者も多くなり日本三大名所にふさわしい人気の名所となっています。
 訪ねた日は雲ひとつない快晴で渡る船が宮島に近づくと神社の象徴となっている、海に浮かぶ大鳥居が見えてきて、乗客から感動の声が上がります。
島に上がって社殿を巡りましたが朱色の建物と空・海のコントラストが素晴らしく感激です。
ポイントポイントで社殿越しに大鳥居が見えて建物配置の妙に感心しました、見事なものです。
社殿の向こうに見える五重の塔の丘まで登って一休み、下って名物のもみじまんじゅうは土産に、匂いにつられて「焼きカキ」2個400円を広島の酒を片手に食しました、大満足の厳島神社でした。
e0048413_20532882.jpg
e0048413_20533949.jpg
e0048413_20535147.jpg
e0048413_2054331.jpg
e0048413_20541594.jpg
e0048413_20542643.jpg
e0048413_20544046.jpg
e0048413_20545428.jpg
e0048413_2055644.jpg
た。
by kamogawa35 | 2013-03-02 21:04 | 日本のあちこち | Comments(3)

博多 大濠公園を走る

博多には日曜の夜に入りました、祇園町の宿の傍で友人と食事、折角なので別れてから中洲へ、休日のためか人が少ないように思いました、少し屋台を冷やかして宿へ戻り翌朝に備えすぐに寝ました。
 朝は日の出前に起床です、着替えて念願だった大濠公園へ駆けつけました。
昔仕事で福岡に数年間住みました、忙しい日々でしたが時々は休日の朝に大濠公園に行って一周2キロの周回コースを走り心身のリフレッシュをしていました。
今回は当時の事を思い出しての再挑戦です、陽が昇りだした池の周りを気持ち良く走りながら往時を思い出して感激!、これぞ至福の時間でした。
e0048413_2048339.jpg
e0048413_20484915.jpg
e0048413_2049378.jpg
e0048413_20491765.jpg
e0048413_20493623.jpg
e0048413_20495229.jpg
e0048413_20501116.jpg
e0048413_20502287.jpg

by kamogawa35 | 2013-03-01 20:52 | 日本のあちこち | Comments(0)