人気ブログランキング |

御室仁和寺

世界遺産の御室仁和寺に行きました、今日は秋晴れの素晴らしい天気、まだ紅葉が始まっていないので朝方は修学旅行生がパラパラと来ている程度でした。
 境内にも静かで爽やかな空気が満ちていて広い境内を巡る楽しさは格別です、楓はまだですが桜は少しずつ紅葉が進んでいるようです。
朝の透き通って静かな仁和寺を満喫しました。
e0048413_2219273.jpg
e0048413_22193831.jpg
e0048413_22195273.jpg
e0048413_2220486.jpg
e0048413_22201514.jpg
e0048413_22202916.jpg
e0048413_22204450.jpg
e0048413_2221260.jpg
e0048413_22211725.jpg

by kamogawa35 | 2012-10-20 22:22 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

菜園のススキ 盛り

私の菜園で育てていたススキの大株がようやく盛りになりました。
三年がかりで大株に育てて周りのススキを圧倒しています、これからしばらく菜園で秋を楽しめそうです。
e0048413_21314178.jpg
e0048413_2131539.jpg
e0048413_2132787.jpg
e0048413_21321894.jpg
e0048413_21322812.jpg

by kamogawa35 | 2012-10-18 21:33 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

東山の旧東海道蹴上の道沿いに「日向大神宮(ひむかい大神宮)」があります、宮崎県の日向の国から勧招されたので日向の名前がついています、京都では本家に遠慮して「ひむかい」と言っています。内宮と外宮に分かれていて昨日が内宮のまつり、今日は本番の外宮のまつりでした。
 お決まりの祭典のあと格調の高い「人長の舞」がフルメンバーの雅楽伴奏に乗って舞われました。
残念なことに今日は朝から雨降り、式典の前には激しく降って参観の人もまばらでした、そのおかげでVIP席が空いていてそこから式典や舞楽を見る事が出来て私にとっては幸運でした。
 人長の舞は大変格式の高い舞で見ていても古式に乗っとった舞だと言う事がよく判りました。
雨のおかげで人が少なく目の前で見る事が出来て大収穫!最後の玉串奉典では参拝者全員に榊の玉串が渡されました、私も並んで玉串をいただき本殿に供えました。これは初めても経験でした。
 ファンになりました、11月の紅葉も魅力です
e0048413_23362930.jpg
e0048413_23364029.jpg
e0048413_23365198.jpg
e0048413_2337680.jpg
e0048413_23371945.jpg
e0048413_23373080.jpg
e0048413_23374282.jpg
e0048413_23375828.jpg
e0048413_23381328.jpg
e0048413_233825100.jpg
の紅葉も魅力です、ぜひもう一度訪ねたい神社です。
by kamogawa35 | 2012-10-17 23:41 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

市内東山七条の坂をを少し登ったところに新日吉神宮(いまひえ神宮)があります。
今日が例大祭でした、宮司の祝詞のあと滋賀県大津市坂本の日吉大社からも宮司が来て祭文をあげました、また縁の深い妙法院からも門跡が参拝して般若心経をあげます、そのあと私が期待していた里神楽です、雅楽が雅やかに奏されるなか短刀を持った美しい巫女が神楽を舞います、とても厳粛で引き締まりました、刀を持っての神楽はここでしか見ていません、とても貴重です、しかも期待以上に素晴らしい神楽を至近距離から見る事が出来て大満足でした。
e0048413_2212333.jpg
e0048413_22124368.jpg
e0048413_22125431.jpg
e0048413_221353.jpg
e0048413_22131584.jpg
e0048413_22132621.jpg
e0048413_22134554.jpg
e0048413_22135796.jpg
e0048413_2214993.jpg
e0048413_22142213.jpg
e0048413_22143499.jpg
e0048413_22144785.jpg

by kamogawa35 | 2012-10-16 22:16 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

山国神社 例大祭

10月22日に行われる京都の三大祭り「時代まつり」で先頭をぴーひゃらぴーひゃらと鼓笛を鳴らしながら進む山国隊行列はとても有名です、そのルーツの勤皇山国隊は、今は京都市になっていますが山深い京北町で組織された80名ほどの農民兵で明治維新に京都に出て御所の護衛などで活躍しました。
 その京北町山国では今も町をあげて山国隊を守っていています、昨日地域の山国神社の秋まつりが行われ神社から山国隊行列が出発し神輿を引き連れて鼓笛の声高らかに演奏しながら地域を巡って行きました。
 京北エリアにも多くの神社があり一斉に秋まつりを行っていましたが断然山国神社の祭りが大きく露店なども出て大賑わいでした。
秋まつりと実りの秋を満喫した京北町巡りでした。
e0048413_22522160.jpg
e0048413_22523376.jpg
e0048413_2252439.jpg
e0048413_22525440.jpg
e0048413_2253540.jpg
e0048413_22531684.jpg
e0048413_22532890.jpg
e0048413_22534043.jpg
e0048413_22535241.jpg
e0048413_2254727.jpg
e0048413_22542171.jpg

by kamogawa35 | 2012-10-15 22:56 | 京都北部・北山 | Comments(0)

日吉神社 矢代田楽

京都市右京区の最北 京北町の矢代にある日吉神社で秋まつりがあり矢代田楽が奉納されました。
 京北町でもかなり山中に入ったところの集落の祭で地元の方たちが総出で祭を行っています、古くから行われている矢代田楽は京都府の無形民俗文化財に指定されていて地域の氏子達によって伝承されてきました。
 11時になると田楽衆が神社に登って来ます、枝に天狗の面をつけた大榊を持った神主が迎え舞殿へ、笛1人、太鼓4人、ビンザラ4人の9人編成で田楽が奉納されました。
太鼓役は白、ビンザラは黒の衣装で共に頭上に花笠をかぶり、背を丸め前かがみになって輪になって踊ります。
 素朴で単純な踊りが半時間ほど繰り返し踊られます、踊りの区切りごとに先頭のビンザラ役の花笠についているご幣が神主に渡され神前に供えられました。
 このような珍しい祭がある事を偶然知って駆けつけました、相当辺鄙な場所で地元の方に度々聞きながら神社までたどりつきました、ご他聞に洩れず過疎化が進む地域でこのような素朴な田楽踊りが守られている事に敬服します。
 
e0048413_21121032.jpg
e0048413_21122223.jpg
e0048413_2112348.jpg
e0048413_21124583.jpg
e0048413_21125831.jpg
e0048413_21131551.jpg
e0048413_21134025.jpg
e0048413_2115572.jpg
e0048413_2116958.jpg
e0048413_21162067.jpg

by kamogawa35 | 2012-10-14 21:17 | 京都北部・北山 | Comments(0)

花背はススキがいっぱい

昨日につずいて花背の里山風景です。
稲作が盛んであった頃には花背にも田畑が広がっていました、今も田圃は残っていますが高齢化と作付調整で半減しています。
 代わりに不耕作の田圃で我が物顔に繁殖しているのがススキです.
この時期は山里の風景として魅力的ですが平常は茂りすぎた株が深く根を張り手の着けようがない状態です。
盛りのススキ景色をご覧ください。
e0048413_19191727.jpg
e0048413_19193228.jpg
e0048413_19194745.jpg
e0048413_1920275.jpg
e0048413_19201759.jpg
e0048413_19203362.jpg

by kamogawa35 | 2012-10-13 19:22 | 京都北部・北山 | Comments(2)

花背の秋景色

京都の北山の中央にある盆地、左京区花背では稲刈りも終盤、秋の盛りを迎えています。
木々の紅葉はまだですが山里を流れる風は冷たく季節がどんどん進んでいる事を実感します。
 山里の景色を味わいたくてドライブしました、人影は殆どありませんでしたが里の秋を満喫しました、11月になると紅葉が一気に進みます、その頃もう一度訪ねようと思います。
e0048413_20241572.jpg
e0048413_20242879.jpg
e0048413_20244524.jpg
e0048413_2025036.jpg
e0048413_20251767.jpg
e0048413_20252843.jpg

by kamogawa35 | 2012-10-12 20:29 | 京都北部・北山 | Comments(0)

白川を歩く

東山の古川町から白川沿いに知恩院西門あたりまで歩きました。
川では柳が風になびき爽やかな秋晴れで日差しは気になりませんでした、秋の到来を実感した散策でした。
端にかかる石橋を楽しそうに渡る人達が多く一幅の絵が連続するような感じでした。
e0048413_2131406.jpg
e0048413_21315194.jpg
e0048413_213237.jpg
e0048413_21321717.jpg
e0048413_21322773.jpg

by kamogawa35 | 2012-10-11 21:33 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

梨の木神社 例大祭

萩の名所で京都三名水の一つ「染井の井」で知られる「梨の木神社」で秋の例大祭がありました。
 萩はまだ満開の木が残っていました、また染井の井には途切れることなく水を汲みに来る人達がいました。
例大祭は11時から本殿で執り行われました、特別な催事は無く簡潔な儀式のみでした。
神主以下の神職と信者代表たちがお祓いを受けてから本殿へ、厳かに雅楽が奏される中神饌が行われました。
海山の新鮮な食べ物が神前に供えられ神主が例大祭の祝詞をあげて厳かな儀式が完了しました。
 神楽や神輿の巡行もありませんでしたが昔の簡素な祭行事の引き締まった感じのする例大祭でした。
e0048413_20535010.jpg
e0048413_2054382.jpg
e0048413_20541573.jpg
e0048413_20542799.jpg
e0048413_20543812.jpg
e0048413_20545022.jpg
e0048413_2055028.jpg
e0048413_20551482.jpg
e0048413_20552475.jpg
e0048413_20553677.jpg
e0048413_20554759.jpg

by kamogawa35 | 2012-10-10 20:59 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)