人気ブログランキング |

<   2012年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

岩船寺 あじさいの寺

昨日アップした浄瑠璃寺から約2キロの山手に今アジサイが満開の岩船寺があります、天平元年(729年)僧 行基によって開かれた歴史のある寺院です。
 最盛期は広大な境内に39の僧坊を構える大寺院でしたが承久の乱など度々の戦火に焼かれ荒廃しました、徳川家康秀忠の支援で修復が行われたそうです。
鎌倉時代から江戸時代までは興福寺一条院の末寺でしたが明治時代に浄瑠璃寺と同じ真言律宗の西大寺の末寺になっています。
 この時期は美しいアジサイが境内をうめていますが秋には紅葉が三重塔の廻りを彩り多くの観光客が訪れる人気寺院です。
本堂に上がると重文の阿弥陀如来座像がどっしりと座って参拝者を迎えてくれます(複写)、落ち着きます。
岩船寺 あじさいの寺_e0048413_21502698.jpg
岩船寺 あじさいの寺_e0048413_21503670.jpg
岩船寺 あじさいの寺_e0048413_21504725.jpg
岩船寺 あじさいの寺_e0048413_21505762.jpg
岩船寺 あじさいの寺_e0048413_21511029.jpg
岩船寺 あじさいの寺_e0048413_21512114.jpg
岩船寺 あじさいの寺_e0048413_2151329.jpg

by kamogawa35 | 2012-07-02 22:00 | 京都南部・伏見 | Comments(2)

浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏

京都府の最南部で奈良市と接する木津川市加茂町にある「浄瑠璃寺」に行きました。
この辺りは古代は奈良朝のエリアでこの寺も奈良西大寺が総本山の真言律宗の寺院です。寺の名前の「浄瑠璃」は本尊の薬師佛の浄土が浄瑠璃世界である事から名付けられたそうです。
 京都南部の寺では最も好きな寺院の一つでみどりの濃くなったこの時期の参拝は期待大でした。
いかにも農村地域らしい土の参道を進み山門をくぐると中央の宝池の向こうに東の薬師佛をまつる国宝の三重塔がみどりの木々の中に朱色の姿で立っています、正に一幅の絵です。
 参拝はまず三重塔の薬師佛に参拝、池周りのみどりを愉しみながら回遊し西の阿弥陀堂(国宝)まえに戻ります。
本堂裏では美しいアジサイが満開でした。
堂内には日本で唯一揃っている藤原時代の九体阿弥陀仏(国宝)が並んでいて気持ちが引き締まります。静かに眺めていると何とも言えない良い気分になれます。撮影禁止のためカタログから転写しました、雰囲気だけお楽しみください。
ここには他にも国宝や重文の仏像などが数多くあり仏像ファンにはチョーおすすめです、奈良観光の続きで訪ねられるのがベストです。
浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏_e0048413_1651380.jpg
浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏_e0048413_165287.jpg
浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏_e0048413_1654152.jpg
浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏_e0048413_1655272.jpg
浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏_e0048413_166113.jpg
浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏_e0048413_1661131.jpg
浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏_e0048413_1662815.jpg
浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏_e0048413_1664229.jpg
浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏_e0048413_1665517.jpg

by kamogawa35 | 2012-07-01 16:09 | 京都南部・伏見 | Comments(2)