人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 53 )   > この月の画像一覧

常寂光寺 空振り

豪華な紅葉で知られる「常寂光寺」へ、近ずくと門前に人があふれています。
8時開門だと思い込んでいました、あと30分待たないと開きません。並ぶことは敬遠して外側の楓と少し庭園ものぞけましたのでそこを写して拝観パスにしました、外周だけでしたがさすが常寂光寺!盛りの紅葉が外から見ても見事でした。
e0048413_1661954.jpg
e0048413_1663883.jpg
e0048413_1671514.jpg
e0048413_1673418.jpg
e0048413_167433.jpg
e0048413_1675655.jpg
e0048413_168820.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-07 16:10 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

嵯峨野を歩く 紅葉後半

紅葉後半の嵯峨野を少し歩きました。竹林の林を抜けてトロッコ嵯峨野駅の周りを無目的にしばらくうろうろです。周りの寺社はまだ開いていません。
それでも紅葉を愛でながら朝の散歩を楽しむ観光客が大勢いました。
e0048413_15394167.jpg
e0048413_15395545.jpg
e0048413_1540462.jpg
e0048413_15402169.jpg
e0048413_15403251.jpg
e0048413_15404231.jpg
e0048413_15405483.jpg
この日は好天で朝日が強く撮影には不向きでした。
by kamogawa35 | 2011-12-07 15:41 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

相国寺 紅葉後半の盛り

京都御苑の北側に臨済宗大本山で金閣寺や銀閣寺を抱える「相国寺」があります。
境内の法堂周りや鐘楼周りに楓が植えられていて真っ赤に色付いています②~⑥、ここはあまり楓が無いので余計に赤色が目立ちました。
西門横にある水上勉の小説「雁の寺」の寺院として知られる瑞春院の白壁沿いの楓⑦⑧も濃い赤色が見事でした。
e0048413_21135587.jpg
e0048413_2114728.jpg
e0048413_21141979.jpg
e0048413_21143428.jpg
e0048413_21145286.jpg
e0048413_211535.jpg
e0048413_21151439.jpg
e0048413_21152763.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-06 21:18 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京都御苑 紅葉の盛り3

京都御苑の中には京都御所、大宮御所・仙洞御所のほかにもう一つ御苑東側に外国からの賓客をもてなす迎賓館①~④が作られています、その周りでも紅葉と黄葉が盛りでした、この辺りは特に人が少ないので殆ど独占状態でどっぷりと晩秋に浸りました。
とっておきのゾーンです。紅葉の余韻に浸りながら今出川門⑦から退出しました。
e0048413_20412812.jpg
e0048413_2041395.jpg
e0048413_20415314.jpg
e0048413_2042646.jpg
e0048413_20421894.jpg
e0048413_20423073.jpg
e0048413_20424085.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-06 20:46 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京都御苑 紅葉の盛り2

京都御苑では紅葉後半の美しい木々を見ることが出来ました、午後の陽が斜めに差し込んでキラキラと輝いているようでした。
御所の白壁とのコントラストは何時見ても見事なものです、計算されつくした植栽です。
御苑は広いのでこの時期はどこに行っても見事な紅葉を見ることが出来ます、あちこちの紅葉名所よりはるかにスケールが大きくてのびのびと紅葉狩りが出来ます、にもかかわらずあまり人は多くありません、しかも無料です、市内のベストポイントの一つです。
e0048413_20175127.jpg
e0048413_201839.jpg
e0048413_20181525.jpg
e0048413_2018409.jpg
e0048413_20192173.jpg
e0048413_20193352.jpg
e0048413_20194330.jpg
e0048413_20195961.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-06 20:21 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京都市の中心、京都御苑の東側にある「梨の木神社」では紅葉後半の鮮やかな彩りを見ることが出来ました。
神社周りは銀杏の落ち葉のジュータン②、楓は一筋だけの長い参道③④の周りがグラデーションで目を見張るようでした。
参拝者の全てが立ち止まって静かに眺めていました。
 またここでは清らかで美味しい地下水がわき出ていて人気があります。市民の皆さんが途切れることなく参拝を兼ねて汲みに来る姿が見られます⑧。
e0048413_19312349.jpg
e0048413_19313965.jpg
e0048413_19315040.jpg
e0048413_1932221.jpg
e0048413_19321348.jpg
e0048413_19322319.jpg
e0048413_19323334.jpg
e0048413_19324874.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-06 19:33 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

醍醐寺 ライトアップ

ライトアップ最終の昨夜、京都案内カメラレポーターのI さんのご案内で世界遺産の醍醐寺のライトアップを見に行きました。
残念ながら紅葉は最終盤、ところによっては色変わりしていましたがライトに照らされると印象は一変、幻想的な景色を思い切り楽しみました。

山門の仁王さん②の前で並んで入場、国宝の金堂を参拝し隣の五重塔③を撮影、赤門④を入って祖師堂⑤、に参拝してからお目当ての弁天堂前のライトアップ⑥~⑧へ、幽玄の極み・・・・感激しました、極楽を模した庭園だそうですが夜のライトアップで一層感銘が深かったような気がします。
詰めかけた多くの参拝者もここにきて感嘆の声をあげてライトアップに来てよ
e0048413_23926.jpg
e0048413_2391349.jpg
e0048413_2392755.jpg
e0048413_2394955.jpg
e0048413_2310512.jpg
e0048413_23101935.jpg
e0048413_2310322.jpg
e0048413_23104568.jpg
かった!の連呼でした。
by kamogawa35 | 2011-12-05 23:11 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

大山崎山荘美術館

京都府下で大阪府との境界、大山崎にあるアサヒビールが経営する「大山崎山荘美術館」に行きました。
大山崎の地は戦国時代の大山崎の合戦で名高い天王山の南の山麓にあります。
初代社長の山本為三郎の収集した浜田庄司、河井寛次郎、リーチなど民芸運動時代の作家の名品やクロード・モネの傑作「睡蓮」の色々が展示されている魅力の美術館です。
 本館②③はイギリスの様式を模した大正建築の名作ですが新館④は安藤忠雄が設計した斬新な展示スペースで知られています。
 カメラ禁止だったので広々とした庭園を彩る紅葉を写しました、ご覧下さい。
e0048413_22275015.jpg
e0048413_2228231.jpg
e0048413_22281421.jpg
e0048413_22282575.jpg
e0048413_22283779.jpg
e0048413_22285115.jpg
e0048413_2229243.jpg
e0048413_22291475.jpg
e0048413_22292791.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-05 22:31 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

蓮華寺 紅葉終盤

洛北上高野の「蓮華寺」は浄土教系の寺院で元は下京区の京都駅付近にありました。
他の寺院と同様応仁の乱で荒廃してしまいました。
寛文二年(1662年)に加賀前田家の今枝民部が祖父菩提のため現在地に移して再興しました。
回遊式の庭園は再興当時のままで美しい紅葉と銀杏が自慢の寺院です。
 大原への街道筋に面していますが入口が狭く目立たないため殆どの人は通り過ぎてゆきます、しかし入ってみると目を見張るような見事な紅葉が書院前の池を囲んでいます。書院に座って静かに眺めているとあまりの素晴らしさに時間を忘れ立ち去り難くなります。
紅葉後半で散りモミジ③の素晴らしさも味わいました。
e0048413_23415997.jpg
e0048413_23421515.jpg
e0048413_23423147.jpg
e0048413_23424445.jpg
e0048413_23425611.jpg
e0048413_2343784.jpg
e0048413_23431928.jpg
e0048413_23433773.jpg
e0048413_23435178.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-04 23:49 | 京都の四季 洛北 | Comments(2)

園光寺 紅葉

左京区一乗寺にある「園光寺」は臨済宗の禅寺で江戸時代に教学発展のために伏見に開かれましたが後に相国寺山内へ、更に寛文七年1667年)に現在地へ移転しました。
 秋には全山紅葉に覆われる寺院として近年人気が沸騰してます、特に書院に座って眺める庭園の景色は超一流です。また書院入り口の手水を兼ねた水琴窟からは清らかな水滴の音が地底から響くのを楽しめます。池泉回遊式の庭園をお楽しみください。
e0048413_22411454.jpg
e0048413_22412576.jpg
e0048413_22413789.jpg
e0048413_22414795.jpg
e0048413_22415732.jpg
e0048413_2242813.jpg
e0048413_22422167.jpg
e0048413_2242378.jpg
e0048413_22425767.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-04 22:44 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)