人気ブログランキング |

<   2011年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

嵯峨祭り

今日嵯峨野に青もみじを見に行った帰り道、野宮神社①②に寄ったあと嵐山の天龍寺の前で愛宕神社と野宮神社の共同の「嵯峨祭り」の祭行列に出会いました。
 稚児行列に続いて立派な剣鉾③④が幾つも通った次に目当ての大御輿が2基(愛宕・野宮)勇壮な掛け声をかけ合いながら通りました。
地域の氏子と観光客で大変な盛り上がりでした。
e0048413_20563497.jpg
e0048413_20565058.jpg
e0048413_2057290.jpg
e0048413_20571326.jpg
e0048413_20572390.jpg
e0048413_20573470.jpg
e0048413_2057468.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-22 20:59 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

蹴上発電所と疏水

琵琶湖から疏水をひいて明治の初め日本で最初に出来た水力発電所が東山区の蹴上発電所です、当時は首都が東京に移ってしまい灯の消えたようになった京都を復活させる為の切り札でした。
以来琵琶湖の水を使って発電を続けていて現在も別建屋で発電しています。
 その水を取り込む蹴上公園から疏水の分流を南禅寺まで歩きました、疏水の水は発電以外に浄水場で飲み水に、本流の疏水は動物園前から平安神宮前を通って鴨川と並行して流れ伏見で鴨川に注ぎ、分流は哲学の道や半の木の道、平安神宮・御所など色々なところで利用されて市民の憩いに役立っています。
 少し時間があったのでのんびり歩こうと疏水本流の終点①から発電所取り入れ口②の巨大パイプ③のあたりを巡ってから目的にしていた疏水分流の南禅寺への道を歩きました⑤⑥、疏水の上を覆う樹木の下を歩く楽しさは格別で至福の時間でした、歩いたのが昼間でしたが早朝ならもっと愉しいだろうと思いました、出来たら新緑の今のうちにもう一度朝早くか雨の日に南禅寺水路閣⑦まで歩いてみたいと思いました。
e0048413_20124510.jpg
e0048413_2012553.jpg
e0048413_2013880.jpg
e0048413_20132021.jpg
e0048413_20133174.jpg
e0048413_20134347.jpg
e0048413_20135341.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-21 20:24 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

勧修寺 杜若と睡蓮

山科にある真言宗山科派の大本山 勧修寺(かじゅうじ)でカキツバタや睡蓮が咲きそろったとの情報で行ってまいりました。
昌泰三年(西暦900年)に醍醐天皇が創建された寺院で千年の歴史のある古刹です。
ここの魅力は名勝に指定されている池泉回遊の庭園で杜若などのアヤメ類と睡蓮が同時に咲きそろうことで人気抜群です。
中門からの青もみじの眺めが良くて参拝者の殆どが立ち止まってみどりを満喫します、門内右の寝殿も楓の緑と格子模様の大障戸のコントラストが素晴らしくここでも皆さん写真に収めます、丸石の道を進んで庭園に出ました。
庭園ではひたすら花を眺めながら池を巡りました、最後に観音堂で美しい観音様のお顔を眺め拝観終了です。
e0048413_21211578.jpg
e0048413_2121257.jpg
e0048413_21213654.jpg
e0048413_21214958.jpg
e0048413_2122269.jpg
e0048413_21221740.jpg
e0048413_21223548.jpg
e0048413_21225255.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-20 21:26 | 京都の四季 山科 | Comments(2)

花を求めて 植物園

初夏を迎えた植物園に行きました、ポイントごとの花壇では寄せ植えの花が満開でチョウチョウがが蜜を求めて飛び交っていました。
バラは咲き始めで少なかったのですがシャクヤクやムギセンノウなど初夏の花をたくさん見ることが出来ました。樹林の中は緑がいっぱいでサイコーの森林浴でした。
e0048413_21209.jpg
e0048413_2121456.jpg
e0048413_2122822.jpg
e0048413_212372.jpg
e0048413_212491.jpg
e0048413_213057.jpg
e0048413_2131216.jpg
e0048413_2132553.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-19 21:04 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

午後1時前牛にひかれた御所車が可愛い稚児の先導で出発していよいよ神輿の出発です、氏子地域を代表する小山郷・今出川口・末広会の3基の大神輿が担ぎ手の勇壮な「ホイト!ホイト!・・・」と言う掛け声で南門を出て氏子地域の巡行に出て行きました。
至近距離ではすごい迫力で写真も思うように撮れませんでした。
 私は時間が無くて出発だけ見ましたが神輿はそれぞれの氏子エリアを巡り夕刻に合流して京都御所に参内することになっています。
e0048413_2132836.jpg
e0048413_21322317.jpg
e0048413_21323565.jpg
e0048413_21324593.jpg
e0048413_21325576.jpg
e0048413_2133588.jpg
e0048413_21332227.jpg
e0048413_21333276.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-18 21:36 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

日本で一番古いと言われる御霊会の祭りが京都市上京区の上御霊神社であり勇壮な御輿巡行などが行われました。
5月初めに外堀のイチハツが咲くことで知られるくらいで①平常は静かな神社ですが今日は多くの観客が集まり、大変な盛り上がりでした。
 渡御を前に本殿前の舞殿で祝詞が上げられましたそのあと飾ってあった3基の神輿がそれぞれの地域の神輿担ぎの手で下され巡行に備え飾りなどがつけなおされました。
巡行の前に子供たちの太鼓連打⑧があり祭の雰囲気が盛り上がります。
e0048413_2174678.jpg
e0048413_2175757.jpg
e0048413_218875.jpg
e0048413_218208.jpg
e0048413_2184038.jpg
e0048413_2185478.jpg
e0048413_219685.jpg
e0048413_2192823.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-18 21:12 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

日向大神宮 新緑

東山の蹴上の疏水側の奥にひなびた日向大神宮があります、大通りから奥まっているのと車で行くのに難渋するためいつ訪ねても静かなたたずまいを保っています。秋の紅葉の美しさには定評がありますがこの時期の新緑も魅力いっぱいです。
 歴史は古く清和天皇の勅願によって開かれたと伝えられていて応仁の乱で焼失した後、寛永時代に再建され現在に至っています。
参拝は先ず外宮に、更に登ると内宮に至ります,今も子供の幸せを祈る親子が多く参拝に訪れます.
10月17日が大祭だそうで祭神の天照大神を感謝して神楽が奉納され多くの氏子が訪れるそうです、巫女さんに聞いたらこの日が神嘗祭の日に当たるのでお祭りになっているようでした。ウーム!

e0048413_21112277.jpg
e0048413_21113375.jpg
e0048413_21114432.jpg
e0048413_21115526.jpg
e0048413_21121085.jpg
e0048413_21122216.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-17 21:13 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

南禅院 青もみじ

南禅寺の塔頭で別格的な「南禅院」を訪ねました。
南禅寺本坊の手前赤レンガの水路閣の上にある南禅院は鎌倉時代中期、高倉天皇が離宮として営んでいたのを寄進されて禅寺としたもので南禅寺発祥の地だそうです。
 建物は最初の離宮遺褠が1393年の明徳の火災で焼失、更に応仁の乱でも燃えてしまい現在の建物は綱吉の母桂昌院の寄進による三代目で1703年完成だそうです。
 庭園は離宮のおもかげを残した池泉回遊式で深い樹林に包まれた幽遠な雰囲気は格別で天龍寺・苔寺と共に京都三名勝庭園に指定されています。
由緒ある塔頭なのに隠れているためか訪ねる人が少なくいつ訪ねても落ち着いて時間を気にせずに拝観できるのが魅力です、今回は庭園を巡りながら青もみじをたっぷりと観賞しました。


e0048413_20164858.jpg
e0048413_2017669.jpg
e0048413_20171863.jpg
e0048413_20173067.jpg
e0048413_20174127.jpg
e0048413_20175082.jpg
e0048413_2018497.jpg
e0048413_20181475.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-16 20:21 | 京都の四季 洛東 | Comments(2)

南禅寺最勝院 青もみじ

南禅寺は全域新緑の盛りで秋の紅葉に対して今は春の青もみじです、多くの参加者がやわらかな緑に染まったもみじを愛でていました。
 三門から奥に進んで一番奥にある塔頭「最勝院」③~⑥を訪ねました、手前から山門までのなだらかな登りの参道④⑤が一番の魅力です。
e0048413_19192787.jpg
e0048413_19193951.jpg
e0048413_19195111.jpg
e0048413_1920471.jpg
e0048413_19201626.jpg
e0048413_19202852.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-16 19:25 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

鷹ヶ峰 常照寺

北区鷹ヶ峰にある常照寺は紅葉の美しさで知られていますが新緑の美しさにも魅力満点です。
朱色の吉野門の向こうの緑の中に本堂が見えます、傾城吉野大夫の帯塚のあたりの青モミジはサイコーです、ゆっくりと歩んで拝観する楽しさをぜひ皆さんにも経験してほしいものだと思います。
e0048413_19312269.jpg
e0048413_19313530.jpg
e0048413_1931451.jpg
e0048413_19315661.jpg
e0048413_1932691.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-15 19:32 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)