人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 58 )   > この月の画像一覧

嵐山からの帰りは白梅町まで「ラン電」に乗りました、支線の鳴滝ー宇多野の間200Mが桜のトンネルになっていて(12日までライトアップされています)電車に乗りながら花見が出来ると人気になっています、わざわざ乗りに来る人も多いそうです。
 私も電車に乗って先頭の車窓から写しました、何人もが重なって写していて動けず定点写真になってしまいました。
線路際でも桜の咲く線路を進む電車を写す人達が多く見えました。
ぜひとも車中から桜と電車をセットで写したいと思いましたがこの区間は単線運転のため出来ません、残念!
e0048413_2026840.jpg
e0048413_20262116.jpg
e0048413_20263354.jpg
e0048413_20264420.jpg
e0048413_20273714.jpg

by kamogawa35 | 2011-04-11 20:33 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

京の花だより 嵐山

京都の花見の名所の一つ嵐山にも行きました、好天で満開を待っていた花見客がわんさと来ていました、渡月橋から眺める景色は天下一品と言われる通りの素晴らしさです。
 花の下では花を愛でながら食事を楽しむ人たちが大勢いました、例年と変わりない景色ですがなんとなく今年はおとなしいように思えました。
e0048413_1948428.jpg
e0048413_19481827.jpg
e0048413_19483062.jpg
e0048413_19484530.jpg
e0048413_1949023.jpg
e0048413_19491699.jpg
e0048413_19492859.jpg

by kamogawa35 | 2011-04-11 19:52 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

京都の春の祭りのトップをきって紫野の今宮神社で奇祭と言われる「やすらい祭」がありました。
地域の安定と住民の健康を祈る祭りですが、地域を廻った②後、神社に戻って鐘太鼓の音を鳴らしながら黒髪の鬼が踊る姿は異様です!③~⑥奇祭と言われている事が判りました。
e0048413_21425052.jpg
e0048413_2143344.jpg
e0048413_21431774.jpg
e0048413_21432975.jpg
e0048413_21433968.jpg
e0048413_21435326.jpg

by kamogawa35 | 2011-04-10 21:45 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

嵯峨の清涼寺は通常「嵯峨の釈迦堂」と呼ばれ市民に親しまれています。
この時期は春の「嵯峨大狂言」が土日に開催されています、伝統無形文化財に指定されている無言劇です。壬生寺を始め京都ではいくつかの寺社で狂言が行われます、いずれも原則無料で観覧することが出来ます。無形文化財にしてされている伝統劇を無料で参観できて感動しました。
 もちろん桜も満開で二重丸でした。
e0048413_2135576.jpg
e0048413_214651.jpg
e0048413_2141836.jpg
e0048413_2143446.jpg
e0048413_2144580.jpg
e0048413_2145573.jpg
e0048413_215526.jpg

by kamogawa35 | 2011-04-10 21:06 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

京の花だより 白川散策

東山の平安神宮の大鳥居の近くから白川の流れが粟田のあたりを通って知恩院前ー祇園と流れて行きます。
スタートの平安神宮の近くは白川に桜が覆いかぶさるように咲いていて散策の皆さんから素晴らしい!の連呼が聞こえます。
 川に沿って下って古川町エリアから知恩院北小門に近ずくと柳の新芽が映える川面が見え、石橋を渡る人たちの姿は詩情豊かです。
ポピュラーな京都を卒業した人たちがゆっくりと楽しそうに歩いている姿が見られるエリアです。
e0048413_20171666.jpg
e0048413_20173269.jpg
e0048413_2017497.jpg
e0048413_2018648.jpg
e0048413_20182022.jpg

by kamogawa35 | 2011-04-10 20:13 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

京都市内で飲み食い付の夜桜見物の出来るところは東では円山公園、西では平野神社と言うのが定評です。
昨夜小雨模様でしたが行ってみました若い人達が大勢来て盛り上がっていました、私も茶店のお兄さんに声を掛けられて少し飲んでしまいました、ほろ酔いになって写真はイマイチでしたがご覧下さい。ここには多種類の桜があって花が順番に咲くのでしばらく楽しめます。
e0048413_2394067.jpg
e0048413_2395249.jpg
e0048413_2310377.jpg
e0048413_23101676.jpg
e0048413_23102644.jpg
e0048413_23103760.jpg
e0048413_23104825.jpg

by kamogawa35 | 2011-04-09 23:11 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京の花だより 京都府庁

明治37年に完成した京都府庁は重要文化財に指定されている名建築です、現在も色々な仕事で使われている現役庁舎です。
 その府庁舎の中庭に50年以上を経たと思われる立派なしだれ桜があります、毎年この時期だけ特別公開されます、満開情報があったので行ってみました、ピーク後半で強い風に花びらが散るのが素晴らしい眺めでした、周りの人たちも歓声を上げていました。
隠れた桜の名所です。
e0048413_17474612.jpg
e0048413_1748047.jpg
e0048413_17481260.jpg
e0048413_17482342.jpg
e0048413_17483296.jpg
e0048413_17484245.jpg

by kamogawa35 | 2011-04-09 17:51 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京の花だより 南禅寺

京都の臨済宗の五山など,本山の中でも別格に位置づけされている南禅寺には,秋の紅葉や春の桜の時期は時だけでなく年中多くの参拝者が訪れています。
桜が満開直前の夕暮れ時の,少し人が少なくなった広い境内を,花を求めて巡りました、夕日に照らされる桜が輝いているように見え,思わず足が止まるポイントが幾つもあります。
若い人たちは大三門の下で休みながら夕暮れの雰囲気を楽しんでいました、離れて眺めるととても良い雰囲気でした。
e0048413_952392.jpg
e0048413_9521453.jpg
e0048413_9522764.jpg
e0048413_9523850.jpg
e0048413_9525071.jpg
e0048413_953045.jpg
e0048413_9531956.jpg
e0048413_9533283.jpg

by kamogawa35 | 2011-04-09 09:57 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

金戒光明寺真如堂から会津墓地を抜けて金戒光明寺(くろだにさん)へ歩きました。
 左京区黒谷町の金戒光明寺は京都四大浄土宗本山の一つで京都市民から「くろだにさん」の愛称で親しまれている念仏寺院で多くの参拝者があります。
幕末には松平容保率いる会津藩の京都守護の本陣にもなっています。今年のNHK大河ドラマの主役「お江」の供養塔もあるようです。
 境内のあちこちにさくらがありますが見どころは大山門をバックにした桜と本堂への石段途中のの桜です、特に山門周りの桜は魅力で京都でもトップクラスの眺めだと思います。 
e0048413_2281938.jpg
e0048413_2283057.jpg
e0048413_2284356.jpg
e0048413_2285839.jpg
e0048413_2291156.jpg
e0048413_2292398.jpg

by kamogawa35 | 2011-04-08 22:11 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

左京区真如町の「真如堂」は天台宗の名刹で紅葉の名所として有名ですが春の桜も捨てがたい魅力があります、天台宗では京都最大の本堂①を囲むように桜が植わっていて今が満開です。
 私の好きな寺院の一つです、理由は周囲の道が狭く観光バスが入れないためざわざわとしていなくて自分の意思で訪ねてきた人ばかりだと言うことにあります、魅力的な寺院です。
その真如堂から南にある金戒光明寺(くろだにさん)へは両寺の墓地を通り抜けてゆくことが出来ます⑤、墓地と言うと暗いイメージがしますがここは高台にあるため明るくて気分が滅入りません。
 途中には幕末に京都守護について勤皇方と戦って亡くなった会津藩士達をまつる「会津墓地」⑥があります、関西に住む会津出身の人たちが大切に守っています。
e0048413_20513190.jpg
e0048413_20514435.jpg
e0048413_20515715.jpg
e0048413_20521111.jpg
e0048413_20522489.jpg
e0048413_20523885.jpg

by kamogawa35 | 2011-04-08 20:54 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)