人気ブログランキング |

<   2010年 12月 ( 42 )   > この月の画像一覧

東寺 しまい弘法

新幹線から見える五重塔でおなじみの東寺では今日が「しまい弘法」でした、東寺を開いた弘法大師空海の命日が21日で毎月境内で露店市が開かれ市民から「こうぼうさん」と親しまれています。
 師走の今日は「しまい弘法」と呼ばれ特に多くの参拝者があり盛り上がります。
私も朝方行ってみました、すでに観光バスの団体客などが続々来ていてすごい混みようでした。
皆さん参拝ののち露店を巡り正月用の飾りや食品、着物・骨董品・植木など楽しそうに値段交渉をしながら買い求めていました。
今日一日で20万人近い参拝者があるそうです
e0048413_1864824.jpg
e0048413_187336.jpg
e0048413_1872764.jpg
e0048413_1874257.jpg
e0048413_1875433.jpg
e0048413_188699.jpg
e0048413_1881982.jpg
e0048413_1883223.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-21 18:11 | 京都の四季 洛南 | Comments(0)

同志社大学(今出川校舎)を入ったところにあるヒマラヤスギにイルミネーションが施され夜になると美しく輝いています。
クリスマスを祝う恒例の飾りで人気があります、25日まで点灯の予定です。
重要文化財のクラーク記念館(4)など魅力的な校舎もライトアップされていて見ごたえがあります
e0048413_22172165.jpg
e0048413_221753100.jpg
e0048413_2218761.jpg
e0048413_22185391.jpg
e0048413_22194210.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-20 21:59 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

南座 顔見世興行の2

師走恒例京都南座の顔見世大歌舞伎も後半に入りあと一週間となりました、海老蔵事件で逆に注目が集まり連日大入り満員が続いているようです。
この日も夜の興行前はすごい人ごみでした、注目のまねきの名札も海老蔵が外されて中村松江が懸っていました、多くの人がカメラや携帯で写していました。
(11月26日にアップした招きと比べて下さい名札が変わっているのが判ります)
e0048413_2243159.jpg
e0048413_2244590.jpg
e0048413_2245725.jpg
e0048413_2251014.jpg
e0048413_2252145.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-19 22:06 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

花灯路の見どころのもう一つは渡月橋から右岸を少し上流へ人の少なくなった時雨殿のあたりから宝厳院への静けさに満ちた道です、ぼんやりと浮かび上がる宝厳院や石仏群は何とも言えない良い雰囲気でした。
e0048413_1329307.jpg
e0048413_13294567.jpg
e0048413_1330073.jpg
e0048413_13301552.jpg
e0048413_1330358.jpg
e0048413_13305058.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-18 13:31 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(2)

花灯路の散策のメインの一つは竹林の道を野の宮から大河内山荘前を経由して二尊院方面に歩くコースです。
私も大勢の観光客に混ざって歩きました、人が通路に重なって写真を写すのは苦労します、それでも少しだけ雰囲気のあるのが写せました、縁結びの野ノ宮神社には若い人たちが大勢来ていました。
e0048413_11434279.jpg
e0048413_11435575.jpg
e0048413_1144671.jpg
e0048413_11442025.jpg
e0048413_11443383.jpg
e0048413_11444572.jpg
e0048413_11445932.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-18 11:48 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

観光端境期の12月10日から19日の間、観光客誘致のため、嵐山から嵯峨野一帯をライトアップする「嵐山花灯路2010」が行われています。
初冬のしんしんと冷える夜ですが大勢の観光客が訪れていて昼間のようなにぎやかさです。昼と違って若い人たちのグループやアベックが多いのが目立ちます、とても華やかに感じます。
最初は嵐山のシンボル渡月橋あたりです。
大堰川の向こうの山がライトアップされとても良い雰囲気で多くのペアが記念写真を撮っていました
e0048413_14311844.jpg
e0048413_14313172.jpg
e0048413_14314348.jpg
e0048413_1431573.jpg
e0048413_1432865.jpg
e0048413_14321966.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-17 14:34 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

京都御所の西側、烏丸下立売にある平安女学院で恒例の「アグネスイルミネーション2010」が始まり11/27~12/25日まで学舎一帯を美しく飾っています。
国際観光学部の学生さんたちが中心になって企画立案されたそうで、手作りの美しイルミネーションはまるで宝石箱をひっくりかえしたような美しくてかわいい飾り付けです、いかにも学生と職員が一体になって作り上げたイベントだと言うことが伝わってきます、他の大型商業イルミネーションとはまた違った魅力がいっぱいで好感が持てました。
e0048413_15331422.jpg
e0048413_15332776.jpg
e0048413_15333838.jpg
e0048413_15334899.jpg
e0048413_15335957.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-16 15:36 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

東山の六波羅蜜寺で年末恒例の「空也涌躍念仏」(重要無形文化財)が31日まで行われています。
鎌倉時代、京の都に疫病が流行したとき空也上人が念仏踊りを行って病の回復を願ったことを後々に伝えるため、上人ゆかりの六波羅蜜寺では師走のこの時期の午後4時から住職の説教のあと僧侶たちが念仏をあげながら本堂仏前を巡り念仏踊りを奉納します。
参拝者は本堂に上がりお説教を聞いて念仏踊りを見ることが出来ます、私も参拝して一緒にお経を唱和しました、残念なことに踊りの場面は撮影禁止でした。
色々な寺院で師走の行事が行われますがこのような念仏踊りの奉納は類を見ない珍しいものです、私はお寺の隣の六原小学校の出身ですが念仏踊りを見るのは初めてのことでとても興味深く参拝しました。
e0048413_22561971.jpg
e0048413_22563417.jpg
e0048413_22564784.jpg
e0048413_22573462.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-15 23:06 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

農園で

今年から岩倉地区の山裾の畑で野菜作りを始めました、全くの素人で先生も無く雑誌や書籍を見ながら独学で有機栽培に挑戦しています。
青虫やアブラムシなどがいっぱいついて失敗の連続です、出来てきてもシカやイノシシカラスなどが襲来します。野菜は正直で手をかけるとよく育ち手をぬくとすぐダメになります、日日の変化が面白く、毎日がとても刺激的でハマっています。
 今年はさしたる成果はありませんでしたが勉強の年と割り切って来年こそは色々実らせたい!と決意しているところです。
その中であまり期待していなかったのですが秋ジャガイモが立派に出来て感激しました、食べてみたらとても良い味でした。京野菜の「みぶな」も順調に育ちました。
e0048413_1631213.jpg
e0048413_1632789.jpg
e0048413_1633972.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-13 16:07 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

佐々里峠は雪

冬景色を楽しみに豪雪地帯で知られる京都北部の美山に行きました。
期待に反してして美山には全く雪がありませんでした、ガックリ・・・・仕方がないのであたりをうろうろしてから帰りは美山ー佐々里峠ー花背ー京都の道を選びました。
佐々里の里から山道をスイスイ鼻歌気分で登っていったら途中から山の斜面に雪が見えだしました、ラッキーと思って写しながら峠方面を見ると雪景色でした!でもあれは山の中の事だろうとどんどん登ると道に雪が・・・・!!!
ノーマルタイヤでこれは大変と急に慎重運転!でもかなりスリップしています、安全安全!を心の中で呟いているうちに無事に峠へ・・・
峠を過ぎて花背に下る道は又鼻歌気分でした。
この道は京都市内北部からの美山への近道ですが12月中旬から春まで雪のため通行止めになります。
最後のドライブでした。
e0048413_21354247.jpg
e0048413_2136173.jpg
e0048413_21361474.jpg
e0048413_21362531.jpg
e0048413_21364078.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-12 21:38 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)