人気ブログランキング |

カテゴリ:祭り( 53 )

京都市南区の城南宮は古代の平安遷都の際、都の南の方角の守護神として建てられた由緒ある神社です、また建築関係の守護神としても信仰を集めています。
 その関係で今日、古式の大工道具を使って大きな柱を加工する仕草を奉納して建築土木などの工事の安全を願う「釿始式(ちょうなはじめしき)」と言う珍しい儀式がありました。
 この神事では、一本の大きな柱を切り・削り・仕上げる工程を、様々な昔ながらの道具を使う所作をもって表します。
 最初は鋸(のこぎり)で柱を切ります。次に指金(さしがね)が登場、二人で糸を張って寸法を測り、墨を入れます。続いて儀式の由来ともなった釿(ちょうな)の反った刃(やいば)で柱の三カ所を削ります。最後に槍鉤(やりかんな)で木材の表面を整えまとした。
 観覧の皆さんは興味津々で眼を凝らしてご覧になっていました。とても珍しいので私も寒さを忘れて観覧しました。
城南宮「釿始式(ちょうなはじめしき)」_e0048413_22324856.jpg
城南宮「釿始式(ちょうなはじめしき)」_e0048413_22324441.jpg
城南宮「釿始式(ちょうなはじめしき)」_e0048413_22323258.jpg
城南宮「釿始式(ちょうなはじめしき)」_e0048413_22322761.jpg
城南宮「釿始式(ちょうなはじめしき)」_e0048413_22322255.jpg
城南宮「釿始式(ちょうなはじめしき)」_e0048413_22321704.jpg
城南宮「釿始式(ちょうなはじめしき)」_e0048413_22321363.jpg
城南宮「釿始式(ちょうなはじめしき)」_e0048413_22320894.jpg
城南宮「釿始式(ちょうなはじめしき)」_e0048413_22315402.jpg
城南宮「釿始式(ちょうなはじめしき)」_e0048413_22314967.jpg

by kamogawa35 | 2020-01-05 22:30 | 祭り | Comments(0)

顔見世興行 京都南座


京都の師走風景として親しまれている京都南座の「吉例顔見世興行ー東西合同大歌舞伎」が11/30~12/26まで盛大に興行されています。
 今年も特別招待券を頂いて昨夜見に行きました、着飾った女性たちで満員の盛況です、東西の花形役者には大向こうから大声の掛け声がかかりとても華やかです、役者の皆さんの熱演が伝わってきました、昨年に続いて楽しみました。
 舞台撮影は禁止なので外観などの雰囲気だけご覧ください。
顔見世興行 京都南座_e0048413_20513271.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20511845.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20511279.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20510611.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20510176.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20505647.jpg
顔見世興行 京都南座_e0048413_20505004.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-07 21:06 | 祭り | Comments(0)

私の住んでいる地域の氏神で上賀茂神社の境外摂社でもある「久我神社」で秋祭りが11月1日~3日にあり今日は神輿巡行が行われました。
 久我神社はそれほど大きくありませんが千年以上の歴史があり927年の延喜式の台帳に記載されている古社で往時は広い境内を持つ大宮社と呼ばれていたそうです。
 御輿は12時に神社を出てエリアをくまなく巡行して15時半過ぎに戻ってきました、私は神社周辺で待って一行が神輿を担いで本殿に戻り、御輿を激しくゆすったり担ぎ上げる勇壮な姿を観覧しました、感動しました。
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21482395.jpg
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21481811.jpg
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21481441.jpg
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21481436.jpg
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21481169.jpg
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21480588.jpg
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21480407.jpg
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21480113.jpg
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21475502.jpg
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21475199.jpg
久我神社秋祭り 神輿渡御_e0048413_21474784.jpg

by kamogawa35 | 2019-11-03 22:15 | 祭り | Comments(0)

京都御所の西側にあって宮中と縁の深い(護王神社)で昨夜「亥の子祭」が行われました。
この祭りは平安朝の頃御所で行われていた古儀を復活再現したものでとても優雅で魅力的な祭りです。
 夕刻5時過ぎから本殿の儀が行われました、そのあと舞殿に氏子家族の中から選ばれた美しい女性が十二単の女房姿で登場します、男性も狩衣姿で並びます、女房達が供え物と餅を捧げると雅楽の演奏に合わせて長が餅を搗きます、王朝の頃の行事さながらの雅の世界が繰り広げられました、何とも言えない良い雰囲気を味わいました。
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21133550.jpg
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21133221.jpg
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21132623.jpg
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21131874.jpg
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21131356.jpg
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21130893.jpg
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21130657.jpg
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21125925.jpg
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21125434.jpg
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21125101.jpg
護王神社 亥の子祭(いのこさい)_e0048413_21123944.jpg

by kamogawa35 | 2019-11-02 21:20 | 祭り | Comments(0)

時代祭り 


今日は京都の三大祭りの最後「時代祭り」がありました、例年は22日ですが新天皇の即位礼が22日にあったため今日になりました、逆に今日の京都は天気回復で祭り行列にはサイコーで多くの観覧者がコースに並んでいました、私は招待券を頂いたのでゴールの平安神宮の応天門前の席で間近に観覧出来て大満足でした。
 行列は先頭が明治維新の維新勤皇隊列、続いて江戸時代-安土桃山時代-室町時代-吉野・鎌倉・藤原‣延暦時代と溯る長い行列で長時間の観覧になりますが武士だけでなく美しい女性の行列が間にあって飽きません、海外からの観光客も多く祭りは大盛り上がりでした。 
時代祭り _e0048413_21442784.jpg
時代祭り _e0048413_21442448.jpg
時代祭り _e0048413_21441782.jpg
時代祭り _e0048413_21440002.jpg
時代祭り _e0048413_21435431.jpg
時代祭り _e0048413_21433897.jpg
時代祭り _e0048413_21433536.jpg
時代祭り _e0048413_21433145.jpg
時代祭り _e0048413_21432514.jpg
時代祭り _e0048413_21430759.jpg
時代祭り _e0048413_21425942.jpg
時代祭り _e0048413_21425365.jpg
時代祭り _e0048413_21391274.jpg
時代祭り _e0048413_21385536.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-26 21:42 | 祭り | Comments(0)

 京都競馬場へ行った

今日は家族の誘いで淀にある京都競馬場に行きました、20年ぶりです、全体が新しくなってとてもきれいなので驚きました、今日はあまり大きなレースも無いので私たちビギナーが程々に楽しむにはベストでした、馬券は子供たちが買って楽しんでいましたが結果は大幅マイナスでした、これで競馬は卒業です。
 京都競馬場へ行った_e0048413_22290423.jpg
 京都競馬場へ行った_e0048413_22290120.jpg
 京都競馬場へ行った_e0048413_22285988.jpg
 京都競馬場へ行った_e0048413_22285610.jpg
 京都競馬場へ行った_e0048413_22285374.jpg
 京都競馬場へ行った_e0048413_22285173.jpg
 京都競馬場へ行った_e0048413_22284832.jpg
 京都競馬場へ行った_e0048413_22284349.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-05 22:30 | 祭り | Comments(0)

今日は7月7日、七夕祭の日です、市内上京区の白峯神宮の本殿横にある精大明神はまり競技と芸能・学問の向上の願いを聞き届けてくださる神様として信仰を集めています、また七夕の神様とも伝わっています。そのこともあって例年七夕の今日、蹴鞠と七夕こまち踊りが奉納され多くの観覧者を集めます。
 とても暑い日でしたが頑張って見に行きました、蹴鞠が先にありましたが七夕の雰囲気のあるこまち踊りをまずアップします、可愛い少女たちの踊り姿に観覧のみなさ大喜びでした、ご覧ください。
 踊り手にひこ星と織姫の二人も登場して盛り上がりました。
白峯神宮 精大明神例祭 1 七夕おどり_e0048413_21474428.jpg
白峯神宮 精大明神例祭 1 七夕おどり_e0048413_21474118.jpg
白峯神宮 精大明神例祭 1 七夕おどり_e0048413_21473808.jpg
白峯神宮 精大明神例祭 1 七夕おどり_e0048413_21473439.jpg
白峯神宮 精大明神例祭 1 七夕おどり_e0048413_21472980.jpg
白峯神宮 精大明神例祭 1 七夕おどり_e0048413_21472657.jpg
白峯神宮 精大明神例祭 1 七夕おどり_e0048413_21471651.jpg
白峯神宮 精大明神例祭 1 七夕おどり_e0048413_21471200.jpg
白峯神宮 精大明神例祭 1 七夕おどり_e0048413_21470603.jpg

by kamogawa35 | 2019-07-07 21:51 | 祭り | Comments(0)

今日は6月30日、一年の半分が過ぎてその間たまった穢れや病を祓い残りの半年を元気に過ごせるように願う「夏越しの大祓い」㋨日です、今回は都の南の守り神である城南宮にお参りして茅の輪をくぐりをして健康を祈願をしました。1~3
 但し今日は一日中降ったり止んだりの悪天候で参拝には不向きでした、念のため昨日お参りしておいた上賀茂神社4~7と護王神社8~10の茅の輪くぐりをアップいたします。
(参拝者が最初に左回り、次に右回りと 8 字を描いて計3回くぐることで、半年間に溜まった病と穢れを落とし残りの半年を無事に過ごせることを願うという儀式です)
夏越の大祓い 茅の輪くぐり_e0048413_21085219.jpg
夏越の大祓い 茅の輪くぐり_e0048413_21084804.jpg
夏越の大祓い 茅の輪くぐり_e0048413_21084311.jpg
夏越の大祓い 茅の輪くぐり_e0048413_21083607.jpg
夏越の大祓い 茅の輪くぐり_e0048413_21082380.jpg
夏越の大祓い 茅の輪くぐり_e0048413_21075465.jpg
夏越の大祓い 茅の輪くぐり_e0048413_21074060.jpg
夏越の大祓い 茅の輪くぐり_e0048413_21073479.jpg
夏越の大祓い 茅の輪くぐり_e0048413_21072960.jpg
夏越の大祓い 茅の輪くぐり_e0048413_21071716.jpg

by kamogawa35 | 2019-06-30 21:14 | 祭り | Comments(0)

今日、京都の三大祭りの一つ葵祭が五月晴れの空のもと華やかに行われ都大路を平安絵巻さながらのいでたちの行列が京都御苑から下賀茂神社、更に午後は終着の上賀茂神社まで進みました、好天で多くの観覧者があり大変な盛り上がりでした。
 私は特別に京都御苑の建礼門前の特別席と下賀茂神社の社頭の儀の観覧席の招待状を頂けたので至近距離で観覧が出来て素晴らしい一日を過ごすことが出来ました。
 最初は京都御苑の建礼門の前で撮影した出発の様子です。華やかな牛車や騎馬・花笠などに続いて巡行の主役「斎王代」(5.6.7)が登場すると皆さんから感嘆の声が上がっていました、一行は堺町御門に進み都大路を経て中間の下賀茂神社に向かってゆきました。
葵まつり(1)京都御苑出発 _e0048413_22020545.jpg
葵まつり(1)京都御苑出発 _e0048413_22013721.jpg
葵まつり(1)京都御苑出発 _e0048413_22013159.jpg
葵まつり(1)京都御苑出発 _e0048413_22012738.jpg
葵まつり(1)京都御苑出発 _e0048413_22012203.jpg
葵まつり(1)京都御苑出発 _e0048413_22011709.jpg
葵まつり(1)京都御苑出発 _e0048413_22010625.jpg
葵まつり(1)京都御苑出発 _e0048413_22005961.jpg
葵まつり(1)京都御苑出発 _e0048413_21595364.jpg
葵まつり(1)京都御苑出発 _e0048413_21594924.jpg

by kamogawa35 | 2019-05-15 22:05 | 祭り | Comments(0)

今日は新しい年号の「令和」の記念すべき初日です。
 御所の産土神として皇室から敬われてきた上・下の両御霊神社が新天皇の即位を祝して140年振りにそれぞれの神輿が京都御所に参内しました。
 私は上御霊神社に午後1時に行って神輿の出発を見送って①②から京都御所の朔平門の前で神輿の到着を待ちました。神輿は氏子地域を回って午後2時に今出川門を通って牛車を先頭に小山郷・今出川口・末広の順で3基の神輿が到着、朔平門のまえで御輿奉安の儀式が行われました、各々の神輿が門前でホイト!ホイト!ホイト!と大声を出しながら神輿を差し上げたり激しく揺すったりしました、すごい熱気です!
各御輿のパフォーマンスが済むと揃って御霊神社に戻って行きました、すごい迫力で大満足でした。
(私に時間がなく残念ながら下御霊神社の神輿参内は見ることが出来ませんでした)
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21322237.jpg
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21321904.jpg
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21321545.jpg
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21321103.jpg
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21320440.jpg
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21320066.jpg
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21315653.jpg
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21314958.jpg
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21451322.jpg

御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21314012.jpg
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21313654.jpg
御霊神社神輿 京都御所参内_e0048413_21313052.jpg

by kamogawa35 | 2019-05-01 21:34 | 祭り | Comments(0)