カテゴリ:祭り( 37 )

祇園祭 曳き初め

京都の夏祭りの象徴となっている祇園祭りが7月17日(前まつり)に行われるのを前に、今日は組み立てられた5基の鉾が引き初めを行いました。
 私は本番の17日に見られないので今日の曳き初めを観覧しました、午後2時から函谷鉾(かんこほこ)鶏鉾、月鉾、菊水鉾、長刀鉾が30分間隔で曳き初めを行いました。本番さながらですが曳き初めに限って一般の人も綱を曳くことが出来ます、私も長刀鉾の綱を少しだけ曳きました(ラッキーでした)。すごい人でしたが近くで楽しく観覧も出来て満足しました。
1、函谷鉾 2、準備中の月鉾 3.4池坊短大の生徒が綱を曳くので人気の鶏鉾 5、菊水鉾 6~10、長刀鉾、巡行の先頭が毎回決まっていて稚児が乗ります。

曳き初めは明日も行われます、12時 蟷螂山 15時から放下鉾、船鉾、岩戸山。
e0048413_21261036.jpg
e0048413_21260636.jpg
e0048413_21255651.jpg
e0048413_21254424.jpg
e0048413_21253966.jpg
e0048413_21253322.jpg
e0048413_21252881.jpg
e0048413_21252222.jpg
e0048413_21251896.jpg
e0048413_21251240.jpg

by kamogawa35 | 2018-07-12 21:27 | 祭り | Comments(0)

今日5月15日は京都の三大祭りの一つ葵祭が行われる日です。
下賀茂神社と上賀茂神社の例祭で王朝の頃さながらの雅な衣装に身を包んだ一行が午前10時半 京都御所を出発、街中を進む路頭の儀に出てゆきました。
 行列の初めは騎馬や牛車・武者列などからなる男性中心の本列が進みます、そのあとは観覧者の人気が最も高い斎王代・女御などの斎王代列が進んで行きました。
 私はいつもお世話になっている方から特別観覧席の招待券をいただいて建礼門前の最前列に座ることが出来ました、美しい斎王代の姿も拝見できて大満足でした、でも今日は30度を超す真夏日で大汗の観覧でした。
e0048413_18472462.jpg
e0048413_18471636.jpg
e0048413_18470331.jpg
e0048413_18465685.jpg
e0048413_18465097.jpg
e0048413_18464086.jpg
e0048413_18463465.jpg
e0048413_18462750.jpg
e0048413_18461326.jpg
e0048413_18460467.jpg



by kamogawa35 | 2018-05-15 18:55 | 祭り | Comments(0)

今日は3月3日 ひな祭りです、河原町五条を少し南に下がったところにある「いちひめ神社」などでひな人形を楽しみました。
 いちひめ神社はご祭神が全て女神様をお祀りしているところから女性の守り神とされ、女性全ての願い事にご利益があります。特に「女人厄除け」の神として信仰されていて厄除け女性の参拝者が全国から絶えません。
今日もひな人形の観覧もかねて朝から多くの参拝者が来ていました。
e0048413_17293730.jpg
e0048413_17293194.jpg
e0048413_17292361.jpg
e0048413_17290996.jpg
e0048413_17285770.jpg
e0048413_17302765.jpg
e0048413_17283364.jpg


by kamogawa35 | 2018-03-03 17:33 | 祭り | Comments(0)

亥の子祭 護王神社

京都御苑の西側にある「護王神社」は足腰の神社として名高い神社ですが京都御所とも深い関係があるようです。
 昨夜「亥の子祭」があって見に行きました、この行事は平安時代に宮中で、亥の月・亥の日・亥の刻に亥の子餅を撞いて無病息災、子孫繁栄を祈っていた儀式を復元したもので毎年11月1日に行われます。
 王朝絵巻さながらの典雅な儀式が魅力で、神職と美しい衣装に身を包んだ五人の女房達で餅を撞き上げる儀式が雅楽が奏される中で執り行われました、見ていてため息が出ました。
撞かれた餅の一つは本殿に、もう一つは京都御所に献上されました。
e0048413_19030070.jpg
e0048413_19025642.jpg
e0048413_19025117.jpg
e0048413_19024722.jpg
e0048413_19023237.jpg
e0048413_19022593.jpg
e0048413_19020903.jpg
e0048413_19015677.jpg
e0048413_19013236.jpg

by kamogawa35 | 2017-11-02 18:53 | 祭り | Comments(0)

建勲神社 船岡際

小雨の降る今日、北区にある織田信長を祀る 建勲神社で「船岡大祭」が行われました。
今日が信長が入洛した日でそれを記念して毎年10月19日に行われます。 
宮司さんによる祝詞に続いて、信長ゆかりの仕舞 敦盛③、雅楽 蘭陵王④⑤が奉納されました。
そのあとが4年ぶりに行われた古式鉄砲隊による火縄銃の発砲です⑥~⑩、事前情報が広まって内外の観光客が来て込み合いました。
鎧兜の鉄砲隊の火縄の大音響と白煙はすごい迫力で皆さんから大きなどよめきが上がっていました、私も楽しみました。
e0048413_21090894.jpg
e0048413_21090313.jpg
e0048413_21090171.jpg
e0048413_21085724.jpg
e0048413_21085246.jpg
e0048413_21084702.jpg
e0048413_21084384.jpg
e0048413_21083761.jpg
e0048413_21083038.jpg
e0048413_21082334.jpg

by kamogawa35 | 2017-10-19 21:06 | 祭り | Comments(0)

粟田まつり

京都東山の粟田口にある「粟田神社」では盛大に秋の祭りが行われています、今年は7日の土曜から15日の日曜まで行われます、私は昨日の体育の日に行われた還幸祭の神輿を見に行きました。
 最初は丘の上にある神社から立派な剣鉾が出発しますそのあと各種飾り物、童女と子供神輿が次々と急坂の石段を下ってゆきます。
最後は呼び物の大神輿を担ぎ手たちが本殿周りで担ぎ上げたりしながら派手な掛け声で進みます、すごい迫力です!呼び物の急階段も無事に担ぎ下ろし三条通りに出て氏子町に巡行してゆきました。
 10月の京都は土日祭日ごとに各地の神社で秋祭りがあって盛り上がります、廻りきれません。
e0048413_21140197.jpg
e0048413_21135640.jpg
e0048413_21134934.jpg
e0048413_21134235.jpg
e0048413_21132325.jpg
e0048413_21124619.jpg
e0048413_21123614.jpg
e0048413_21122740.jpg
e0048413_21121938.jpg
e0048413_21120155.jpg
e0048413_21115264.jpg

by kamogawa35 | 2017-10-10 21:16 | 祭り | Comments(0)

今宮神社 例大祭

京都市北区紫野にある今宮神社では例大祭が行われ昨8日の前夕神事では御神楽「人長の舞」が、今日の本祭 では「東遊」が奉納されました。
 この舞は、安閑天皇の時代、駿河国の有度浜に天女が 舞い降り遊んだという故事から起こった東国の風俗舞です、それが京都にも伝わったようです。
雅楽の伴奏に乗って厳粛な雰囲気の中、緩やかに舞われる姿はとても優雅なものでした。
 昨年は遅く行ってよい場所がなかったので今年は少し早めに行きました、前列を確保できました。
e0048413_20340326.jpg
e0048413_20335961.jpg
e0048413_20431654.jpg

e0048413_20335150.jpg
e0048413_20333851.jpg
e0048413_20333329.jpg
e0048413_20332507.jpg
e0048413_20331762.jpg
e0048413_20331245.jpg
e0048413_20330338.jpg

by kamogawa35 | 2017-10-09 20:43 | 祭り | Comments(0)

ずいき祭り 北野天満宮

京都の秋祭りで一番早く10月1日から始まっている北野天満宮の「ずいき祭り」の、還幸祭が今日盛大に行われ多くの観覧者が出発点の御旅所周辺に集まりました。
 里芋の茎で屋根をふき、いろいろな野菜で飾り立てた「ずいき神輿」が西京地区の保存会の皆さんの勇壮な掛け声で、最初に出発しました①~③。
 続いて神輿や剣鉾など40を超す飾り物の行列が北野天満宮に向かって出発し、一行は広い氏子エリアをめぐり夕刻に北野天満宮に到着しました。
 好天に恵まれ絶好の祭り日和の巡行でした。
e0048413_15324526.jpg
e0048413_15324272.jpg
e0048413_15323809.jpg
e0048413_15323511.jpg
e0048413_15323065.jpg
e0048413_15322667.jpg
e0048413_15322259.jpg
e0048413_15321690.jpg
e0048413_15320970.jpg

by kamogawa35 | 2017-10-04 15:34 | 祭り | Comments(0)

京都の祭と言えば祇園祭、葵祭、時代祭など、見て楽しむ祭が多いのですが、誰でも参加できて京都らしい風情を味わえる祭があります。それが世界遺産・下鴨神社で行われる「みたらし祭」です。
 別名「足つけ神事」とも呼ばれ、納涼を兼ねて無病息災を願う人々で毎年賑わうこの祭は京都の夏の風物詩でもあり人気抜群です!
 今年も30日まで行われています、私は昨日参加して井上社の前のみたらし池に足を浸しました、地下から湧き出た池の水はチョー冷たく皆さん「ヒヤー冷たい!」と叫んで笑顔でした、灯明を供え無病息災を一緒に願いました。
 とても雰囲気のある安価な避暑です、満足しました。
e0048413_22150503.jpg
e0048413_22080463.jpg
e0048413_22082933.jpg
e0048413_22083647.jpg
e0048413_22084370.jpg
e0048413_11474096.jpg
e0048413_22090695.jpg
e0048413_22091476.jpg
e0048413_22092158.jpg

by kamogawa35 | 2017-07-29 11:44 | 祭り | Comments(0)

祇園祭 あと祭り

今日は祇園祭のあと祭りです、午前中の用件が早く終わったので山鉾巡行の最終ポイントの四条烏丸に駆け付けました、あと祭りの主役「大船鉾」②③が黒主山①の先導で堂々と進む豪華絢爛の姿を見ることが出来ました、皆さん感嘆の声を上げておられます。
そのあと巡行に参加した山鉾の多い四条新町上がるのあたりへ、南観音山④ 北観音山⑤⑥ 黒主山⑦ 八幡山⑧⑨がそれぞれの鉾町へ戻っていました、じっくり観覧して大満足でした。
e0048413_15350864.jpg
e0048413_15371630.jpg
e0048413_15342097.jpg
e0048413_15333242.jpg
e0048413_15331321.jpg
e0048413_15330852.jpg
e0048413_15330118.jpg
e0048413_15325675.jpg
e0048413_15324914.jpg

by kamogawa35 | 2017-07-24 16:16 | 祭り | Comments(0)