人気ブログランキング |

カテゴリ:イベント( 91 )

京都マラソン2020

京都の代表的な観光ポイントを巡りながら西京極陸上競技場から岡崎公園までの42.195KMを走る人気の「京都マラソン2020」が今日盛大に行われました、あいにくの天気で雨が断続的に降ってコンディションはイマイチでしたが気温が高くて15000人を超すランナーの方達はとても元気で楽しそうに走っていました。
 私は近所の北区船岡通りで応援をスタートして人気のビューポイントになっている今宮神社の門前まで行ってしっかり応援しました。 
 雨が断続的に降っていましたが熱心な応援がコースのどこでも切れ目なく続いてランナーを励まします、また今宮神社の門前では元気溌剌の和太鼓や魅力いっぱいのブラスバンドとダンス等がランナーが走っている間中演じられて選手を励ましていました、とても良い囲気でランナーもケータイで盛んに写していました。
 
京都マラソン2020_e0048413_19393823.jpg
京都マラソン2020_e0048413_19393512.jpg
京都マラソン2020_e0048413_19393170.jpg
京都マラソン2020_e0048413_19392821.jpg
京都マラソン2020_e0048413_19392189.jpg
京都マラソン2020_e0048413_19391861.jpg
京都マラソン2020_e0048413_19391594.jpg
京都マラソン2020_e0048413_19391219.jpg
京都マラソン2020_e0048413_19390677.jpg
京都マラソン2020_e0048413_19390044.jpg

by kamogawa35 | 2020-02-16 19:42 | イベント | Comments(0)

北野天満宮 初天神

菅原道真を祀る北野天満宮では毎月25日に大きな露店市が立ちます、今日はその最初の初天神で露店が1000店以上出て大賑わいでした、また受験シーズンで合格祈願の参拝者も多く本殿前は参拝者であふれていました。
 境内の梅も早咲きが咲き始め写真に写したり香りを楽しんだりする人が大勢い来ていました。
 露店は年の初めで定番の食品の他は着物や骨とう品の店が多く出ていて品定めをする客が大勢来ています、特に外国からの人達がバザール気分で値段交渉をして買い物を楽しんでいるのが目立ちました。
北野天満宮 初天神_e0048413_22352029.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22351688.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22351328.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22351075.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22350661.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22350382.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22345958.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22345452.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22344676.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22344338.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22343908.jpg
北野天満宮 初天神_e0048413_22343576.jpg


by kamogawa35 | 2020-01-25 22:38 | イベント | Comments(0)

全国女子駅伝

今日は待望の「全国都道府県対抗女子駅伝・京都」の日でした、中学生から高校大学一般までの選手が9区間の都大路のマラソンコースをタスキを繋いで駆け抜けました、沿道では各県の応援団や観覧の人達が順位に関係なく大声で応援し盛り上がりました。
 結果は久しぶりに京都が高校生と中学生の大活躍で後半トップに立ち優勝しました。
私は各県のエースが走る最終9区の大徳寺前で定点撮影しながら応援しました、京都に続いて宮城・長野・東京・大阪などが素晴らしいスピードで駆け抜けて行きました、見応えがありました、ご覧ください。
全国女子駅伝_e0048413_21170663.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21170024.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21165512.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21165288.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21164930.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21164556.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21164226.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21163759.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21163338.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21162423.jpg

by kamogawa35 | 2020-01-12 21:18 | イベント | Comments(0)


学問の神様として多くの参拝者を迎える北野天満宮は祀られている菅原道真が書道の達人でもあった事から書道上達の神社としても人気があります。
 例年1月の2日~4日には書き初めを奉納する「天満書」が行われ書道上達を願う児童や能書の人達4000人の書き初めを奉納し1月中本殿前に展示します。
 近年はTVや新聞報道で全国的に人気になり多くの参加があります、父兄同伴で来て真剣に書き初めを書いている子供たちの姿がとても微笑ましく魅力的でした。
 また学力向上や合格祈願の参拝も多く本殿は大行列です、合格祈願の絵馬どころもスゴイ事になっていました。
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21200484.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21200199.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21195715.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21201077.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21523597.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21520674.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21515971.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21515455.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21514824.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21511538.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21510847.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21501808.jpg

by kamogawa35 | 2020-01-03 21:22 | イベント | Comments(0)

全高校駅伝(男子)

京都の人達が年末の大型スポーツイベントとして楽しみにしている全国高校駅伝大会が今日行われました、曇り空で寒かったのですがコースの沿道には出場高校の応援団や京都市民などが旗を振りながら大声援を送って盛り上がっていました。
 私も駅伝の大ファンです、例年女子の部を応援していましたが今日は男子の部を観覧しました、期待していた京都洛南高校は入賞できず11位となって残念でした、でも順位に関係なく全力で走る選手たちには沿道の皆さんは惜しみない応援を送っていて例年のことですが素晴らしい!と感激しながら応援していました。
 今回は1区後半の北大路今宮前を動かないで先頭を集団で走るランナーたちや必死に追いかける選手体を応援しました。
結果は仙台育英が男女ともに優勝というスゴイことをやってのけました。
全高校駅伝(男子)_e0048413_17442797.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17442356.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17441913.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17441387.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17440562.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17434162.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17433140.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17432479.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-22 17:51 | イベント | Comments(0)

本の日(11月1日)

昨日の11月1日は「本の日」でした、全国の書店と出版社や業界が協力して本を読む習慣を取り戻し、書店にお客さんを呼び戻しネットと共存して行こうという運動が昨年から始まっています。
 京都でも有志の書店が「本の日」のイベントを行っています。四条烏丸にある大垣書店の本店では、先斗町の舞妓さんの 秀華乃さんを一日店長に招いて本の日のPRを盛大に行っていました,秀華乃さんはとても本が好きな可愛い舞妓さんです。
 大勢の人たちに笑顔であいさつされた後店内をめぐり本を買っていただくようアピールされていました。
 来店のお客さんは本物の舞子さん会えて大喜びでした。
本の日(11月1日)_e0048413_08572942.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08572420.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08571942.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08571110.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08570113.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08562702.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08564009.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08555939.jpg

by kamogawa35 | 2019-11-02 08:59 | イベント | Comments(0)

六斎念仏 御霊神社

8月京都ではあちこちの寺社で重要無形民俗文化財に指定されている「六斎念仏」(念仏六斎・芸能六斎)の公開奉納があります。
元々は一遍上人の念仏踊りから変化しながら続いているようですがお盆の行事として芸能的な要素を加えた楽しむ六斎念仏が主流となって地域ごとのグループで伝承されてきました。
 私は市内北区の小山郷六斎保存会が上御霊神社で昨夜演じた芸能系の六斎念仏を鑑賞に行きました、四ッ太鼓・猿回し・万歳・祇園ばやし・獅子と土蜘蛛など盛り沢山のプログラムで午後10時過ぎまで演じられました、夏の夜の六斎を堪能しました。
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17342066.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17341483.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17340702.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17335564.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17334730.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17333471.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17332817.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17332498.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17331768.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17325079.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17323743.jpg

by kamogawa35 | 2019-08-19 17:39 | イベント | Comments(0)

大文字の 送り火

今日はお盆の16日、家に戻っていた先祖の霊があの世に戻る日と伝わっています。
 京都は昨日の台風が無事に通り過ぎて天候回復で絶好の日和になりました、夜のとばりが下りた8時になると最初に大文字山で火がともされ順次五山で送り火が焚かれ導かれた先祖の霊が戻って行きました。
 私は例年通り鴨川にかかる上賀茂橋の上で送り火を鑑賞しました、大勢の人で撮影はとても難渋しました、何とか写った大文字と船山をご覧ください。
大文字の 送り火_e0048413_21511434.jpg
大文字の 送り火_e0048413_21512581.jpg
大文字の 送り火_e0048413_21513803.jpg
大文字の 送り火_e0048413_21514444.jpg

by kamogawa35 | 2019-08-16 21:53 | イベント | Comments(0)

世界遺産の下賀茂神社の境内にある糺の森で32回目の「納涼古本まつり」が、京都の古書店を中心に大阪神戸奈良からも参加した32店が集まり盛大に「古本まつり」を今日から16日まで開催しています。
 今年は格別の猛暑で今日は38度近いうだるような暑さだったのであまり人は来ていないだろうと予想しながら見に行きました、ところが大違い!! この暑さの中でも多くの人が来ていて変わらぬ人気に驚きました、若い人達も多く皆さんとても熱心に本を探したりして楽しんでおられます、活字離れがが嘘のような景色でした。
 私も緑陰の下で汗をかきながら古書店をめぐって楽しみました。
巨木の繁る糺の森で古書に浸ってから下賀茂神社の本殿で手を合わせて会場を後にしました、気持ちの良い汗まみれでした。
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21594640.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21594247.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21593763.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21593260.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21592835.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21592557.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21592199.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21591888.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21591429.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21590931.jpg

by kamogawa35 | 2019-08-11 22:03 | イベント | Comments(0)

京都国立近代美術館で京都を代表する陶工であった河井寛次郎(川勝コレクション)の展覧会が行われ6/2まで行われています。
河井寛次郎は1920年から京都の五条坂で鍾渓窯と名付けた登り窯で膨大な陶芸作品を作り上げました。
 私は子供の頃五条坂で育ちました、その頃は陶磁器に関心が無かったので知りませんでした、年を重ねてから河井寛次郎が五条坂の窯で名作を生みだしていたことを知って親近感を持ちました、現在五条坂の鍾渓窯は河井寛次郎の美術館になっていています、何回か訪れて作品を見るたびにその魅力に惹かれファンになりました。
 今回の展覧会はぜひ見たいと思っていたところ同じ高校を卒業された尊敬するYさんから観覧券を頂きました、大喜びで5月中頃に見に行き初期の作品から晩年までの代表作を系統的に観賞出来で満腹、大感激でした。
 作品は全部ガラスケースの中でフラッシュ禁止なので写真はイマイチですが雰囲気を感じていただければ幸いです。
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20470419.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20470177.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20465606.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20465192.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20464827.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20464539.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20464205.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20463927.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20463234.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20462774.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20502329.jpg

by kamogawa35 | 2019-05-31 20:48 | イベント | Comments(0)