人気ブログランキング |

カテゴリ:イベント( 89 )

全国女子駅伝

今日は待望の「全国都道府県対抗女子駅伝・京都」の日でした、中学生から高校大学一般までの選手が9区間の都大路のマラソンコースをタスキを繋いで駆け抜けました、沿道では各県の応援団や観覧の人達が順位に関係なく大声で応援し盛り上がりました。
 結果は久しぶりに京都が高校生と中学生の大活躍で後半トップに立ち優勝しました。
私は各県のエースが走る最終9区の大徳寺前で定点撮影しながら応援しました、京都に続いて宮城・長野・東京・大阪などが素晴らしいスピードで駆け抜けて行きました、見応えがありました、ご覧ください。
全国女子駅伝_e0048413_21170663.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21170024.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21165512.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21165288.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21164930.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21164556.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21164226.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21163759.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21163338.jpg
全国女子駅伝_e0048413_21162423.jpg

by kamogawa35 | 2020-01-12 21:18 | イベント | Comments(0)


学問の神様として多くの参拝者を迎える北野天満宮は祀られている菅原道真が書道の達人でもあった事から書道上達の神社としても人気があります。
 例年1月の2日~4日には書き初めを奉納する「天満書」が行われ書道上達を願う児童や能書の人達4000人の書き初めを奉納し1月中本殿前に展示します。
 近年はTVや新聞報道で全国的に人気になり多くの参加があります、父兄同伴で来て真剣に書き初めを書いている子供たちの姿がとても微笑ましく魅力的でした。
 また学力向上や合格祈願の参拝も多く本殿は大行列です、合格祈願の絵馬どころもスゴイ事になっていました。
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21200484.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21200199.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21195715.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21201077.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21523597.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21520674.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21515971.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21515455.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21514824.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21511538.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21510847.jpg
北野天満宮 書き初め『天満書』_e0048413_21501808.jpg

by kamogawa35 | 2020-01-03 21:22 | イベント | Comments(0)

全高校駅伝(男子)

京都の人達が年末の大型スポーツイベントとして楽しみにしている全国高校駅伝大会が今日行われました、曇り空で寒かったのですがコースの沿道には出場高校の応援団や京都市民などが旗を振りながら大声援を送って盛り上がっていました。
 私も駅伝の大ファンです、例年女子の部を応援していましたが今日は男子の部を観覧しました、期待していた京都洛南高校は入賞できず11位となって残念でした、でも順位に関係なく全力で走る選手たちには沿道の皆さんは惜しみない応援を送っていて例年のことですが素晴らしい!と感激しながら応援していました。
 今回は1区後半の北大路今宮前を動かないで先頭を集団で走るランナーたちや必死に追いかける選手体を応援しました。
結果は仙台育英が男女ともに優勝というスゴイことをやってのけました。
全高校駅伝(男子)_e0048413_17442797.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17442356.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17441913.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17441387.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17440562.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17434162.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17433140.jpg
全高校駅伝(男子)_e0048413_17432479.jpg

by kamogawa35 | 2019-12-22 17:51 | イベント | Comments(0)

本の日(11月1日)

昨日の11月1日は「本の日」でした、全国の書店と出版社や業界が協力して本を読む習慣を取り戻し、書店にお客さんを呼び戻しネットと共存して行こうという運動が昨年から始まっています。
 京都でも有志の書店が「本の日」のイベントを行っています。四条烏丸にある大垣書店の本店では、先斗町の舞妓さんの 秀華乃さんを一日店長に招いて本の日のPRを盛大に行っていました,秀華乃さんはとても本が好きな可愛い舞妓さんです。
 大勢の人たちに笑顔であいさつされた後店内をめぐり本を買っていただくようアピールされていました。
 来店のお客さんは本物の舞子さん会えて大喜びでした。
本の日(11月1日)_e0048413_08572942.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08572420.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08571942.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08571110.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08570113.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08562702.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08564009.jpg
本の日(11月1日)_e0048413_08555939.jpg

by kamogawa35 | 2019-11-02 08:59 | イベント | Comments(0)

六斎念仏 御霊神社

8月京都ではあちこちの寺社で重要無形民俗文化財に指定されている「六斎念仏」(念仏六斎・芸能六斎)の公開奉納があります。
元々は一遍上人の念仏踊りから変化しながら続いているようですがお盆の行事として芸能的な要素を加えた楽しむ六斎念仏が主流となって地域ごとのグループで伝承されてきました。
 私は市内北区の小山郷六斎保存会が上御霊神社で昨夜演じた芸能系の六斎念仏を鑑賞に行きました、四ッ太鼓・猿回し・万歳・祇園ばやし・獅子と土蜘蛛など盛り沢山のプログラムで午後10時過ぎまで演じられました、夏の夜の六斎を堪能しました。
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17342066.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17341483.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17340702.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17335564.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17334730.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17333471.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17332817.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17332498.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17331768.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17325079.jpg
六斎念仏 御霊神社_e0048413_17323743.jpg

by kamogawa35 | 2019-08-19 17:39 | イベント | Comments(0)

大文字の 送り火

今日はお盆の16日、家に戻っていた先祖の霊があの世に戻る日と伝わっています。
 京都は昨日の台風が無事に通り過ぎて天候回復で絶好の日和になりました、夜のとばりが下りた8時になると最初に大文字山で火がともされ順次五山で送り火が焚かれ導かれた先祖の霊が戻って行きました。
 私は例年通り鴨川にかかる上賀茂橋の上で送り火を鑑賞しました、大勢の人で撮影はとても難渋しました、何とか写った大文字と船山をご覧ください。
大文字の 送り火_e0048413_21511434.jpg
大文字の 送り火_e0048413_21512581.jpg
大文字の 送り火_e0048413_21513803.jpg
大文字の 送り火_e0048413_21514444.jpg

by kamogawa35 | 2019-08-16 21:53 | イベント | Comments(0)

世界遺産の下賀茂神社の境内にある糺の森で32回目の「納涼古本まつり」が、京都の古書店を中心に大阪神戸奈良からも参加した32店が集まり盛大に「古本まつり」を今日から16日まで開催しています。
 今年は格別の猛暑で今日は38度近いうだるような暑さだったのであまり人は来ていないだろうと予想しながら見に行きました、ところが大違い!! この暑さの中でも多くの人が来ていて変わらぬ人気に驚きました、若い人達も多く皆さんとても熱心に本を探したりして楽しんでおられます、活字離れがが嘘のような景色でした。
 私も緑陰の下で汗をかきながら古書店をめぐって楽しみました。
巨木の繁る糺の森で古書に浸ってから下賀茂神社の本殿で手を合わせて会場を後にしました、気持ちの良い汗まみれでした。
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21594640.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21594247.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21593763.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21593260.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21592835.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21592557.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21592199.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21591888.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21591429.jpg
納涼古本まつり 下賀茂神社糺の森_e0048413_21590931.jpg

by kamogawa35 | 2019-08-11 22:03 | イベント | Comments(0)

京都国立近代美術館で京都を代表する陶工であった河井寛次郎(川勝コレクション)の展覧会が行われ6/2まで行われています。
河井寛次郎は1920年から京都の五条坂で鍾渓窯と名付けた登り窯で膨大な陶芸作品を作り上げました。
 私は子供の頃五条坂で育ちました、その頃は陶磁器に関心が無かったので知りませんでした、年を重ねてから河井寛次郎が五条坂の窯で名作を生みだしていたことを知って親近感を持ちました、現在五条坂の鍾渓窯は河井寛次郎の美術館になっていています、何回か訪れて作品を見るたびにその魅力に惹かれファンになりました。
 今回の展覧会はぜひ見たいと思っていたところ同じ高校を卒業された尊敬するYさんから観覧券を頂きました、大喜びで5月中頃に見に行き初期の作品から晩年までの代表作を系統的に観賞出来で満腹、大感激でした。
 作品は全部ガラスケースの中でフラッシュ禁止なので写真はイマイチですが雰囲気を感じていただければ幸いです。
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20470419.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20470177.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20465606.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20465192.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20464827.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20464539.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20464205.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20463927.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20463234.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20462774.jpg
陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)_e0048413_20502329.jpg

by kamogawa35 | 2019-05-31 20:48 | イベント | Comments(0)

大原女装束 時代行列

毎年この時期に京都の奥座敷「大原」の寂光院から三千院・勝林院までを時代別の昔懐かしい大原女に扮した女性たちが行列を組んで歩む人気のイベントが今日ありました。
 素晴らしい五月晴れでのもと寂光院に午後1時に参拝してから建礼門院を先頭に、少女たち・室町時代・江戸時代・明治大正とそれぞれの時代の大原女に扮した女性たちが楽しそうに歩んで行きます、新緑の盛りの中 大原の山里を歩む姿は魅力にあふれています、多くのカメラマンが来ていて撮影は一苦労でしたが大変楽しい撮影でした。
大原女装束 時代行列_e0048413_21542258.jpg
大原女装束 時代行列_e0048413_21541858.jpg
大原女装束 時代行列_e0048413_21571452.jpg
大原女装束 時代行列_e0048413_21540962.jpg
大原女装束 時代行列_e0048413_21540587.jpg
大原女装束 時代行列_e0048413_21540270.jpg
大原女装束 時代行列_e0048413_21535944.jpg
大原女装束 時代行列_e0048413_21535449.jpg
大原女装束 時代行列_e0048413_21535062.jpg
大原女装束 時代行列_e0048413_21534427.jpg

by kamogawa35 | 2019-05-11 21:58 | イベント | Comments(0)

京都マラソン

2019の京都マラソンが今日行われ16000人を超すランナーが西京極競技場をスタートして嵐山・嵯峨野・洛北上賀茂・鴨川・京都御苑など数多くの観光ポイントをめぐりながら平安神宮前のゴールを目指し都大路を走り抜けました。
 私は北区の今宮神社前で応援しました、トップランナーの到着(1.2.3)から続々走り過ぎてゆく一般ランナーに声をからしました、今回も参加されている東京のRinさんの姿を見つけようと目を凝らしましたが見つけることは出来なくてとても残念でした!来年こそ!!です。
 結果はすでに発表になっている通りで千葉県の丸山竜也さんが2:16:27秒で優勝されました。
京都マラソン_e0048413_21505547.jpg
京都マラソン_e0048413_21505292.jpg
京都マラソン_e0048413_21504838.jpg
京都マラソン_e0048413_21504596.jpg
京都マラソン_e0048413_21503713.jpg
京都マラソン_e0048413_21503268.jpg
京都マラソン_e0048413_21502696.jpg
京都マラソン_e0048413_21502262.jpg
京都マラソン_e0048413_21501855.jpg
京都マラソン_e0048413_21501477.jpg
京都マラソン_e0048413_21500985.jpg

by kamogawa35 | 2019-02-17 21:57 | イベント | Comments(0)