人気ブログランキング |

カテゴリ:京都南部・伏見( 155 )

宇治茶の郷 和束

今日は昨日からの雨が止まない上にコロナ感染の再拡大、熊本県の大雨被害と悪いニュースばかりで気分は最低です。
 気分転換をして頂こうと少前し前に写した宇治茶の故郷「和束の茶畑」の魅力にあふれる景色をアップします。
ご覧くださったらうれしいです。
 日本を代表する宇治茶の4割近くを産する和束町は宇治市と奈良市の中間の山間地にあって和束川の両側の斜面に茶畑が広がっていてその中心エリアは「茶源郷」とも呼ばれ近年人気が高くなっています、ただアクセスが少し不便なうえ山の斜面にある茶畑へは車が自由に入れません。
この時期なら大丈夫だろうと思い切って訪ねました、新茶の頃が過ぎていましたが予想以上に見事な景色に出会いました。
 特に京都府の景観資産の第1号に指定された石寺の茶畑の眺めは格別です(8~12)茶畑のビューポイントに昨年オープンした[dandan cafe](6.7)さんで一休みしながら美しい景色に酔いました、和束の茶畑大満足でした。
宇治茶の郷 和束_e0048413_16580835.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16580266.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16575983.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16575679.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16575207.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16574964.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16574569.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16574214.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16573652.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16573226.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16572888.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16572284.jpg

by kamogawa35 | 2020-07-04 17:05 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

明日の6月30日は一年の折り返し、半年間の穢れをはらい後半の無病息災を願う「夏越の祓いの日」で京都のあちこちの神社で数日前から茅の輪が掲げられています、参拝者は大きな茅の輪を左右左と3回くぐり無事を願います。
 明日が本番の日ですが新聞で石清水八幡宮の茅の輪くぐりが紹介されていたので行ってみました、今日はすごく蒸し暑い一日で茅の輪をくぐってから国宝の本殿に参るのにへとへとになってしまいました。
 本番の明日は地域の守り神の上賀茂神社に参ろうと思っていますが強い雨降りとの予想もあるので一応夏越の祓いだけを済ませました。
 
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18063925.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18063306.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18062932.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18062563.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18061918.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18061000.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18060161.jpg

by kamogawa35 | 2020-06-29 18:10 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

淀水路の河津さくら

京都市伏見区の淀競馬場の近くの淀水路公園で地域の方達が植えて大切に育てた200本以上の「河津さくら」が水路沿いに咲き始め桜ファンが詰めかけ始めています。
 暖かく絶好の花日和に成った今日訪ねました、まだ早いと思っていましたが暖冬のせいで魅力一杯の美しい淡紅色の花があふれるように咲いている木が沢山あって早くも3~5分咲きになっていました、殆どの桜ファンがまだ早いと思っておられるせいか休日にもかかわらずゆっくり花を楽しむことが出来ました、地域の写生グループが来ておられる程度で大満足の桜スタートの一日でした。
淀水路の河津さくら_e0048413_22114475.jpg
淀水路の河津さくら_e0048413_22114137.jpg
淀水路の河津さくら_e0048413_22112180.jpg
淀水路の河津さくら_e0048413_22111702.jpg
淀水路の河津さくら_e0048413_22111134.jpg
淀水路の河津さくら_e0048413_22110685.jpg
淀水路の河津さくら_e0048413_22110224.jpg
淀水路の河津さくら_e0048413_22105249.jpg
淀水路の河津さくら_e0048413_22104708.jpg
淀水路の河津さくら_e0048413_22104318.jpg
淀水路の河津さくら_e0048413_22103801.jpg

by kamogawa35 | 2020-02-24 22:17 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

醍醐寺 五大力尊仁王会

京都伏見区醍醐にある世界遺産の醍醐寺で年間最大のお祭りの「五大力尊仁王会」が今日行われ関西は勿論、全国から信者が参拝に訪れて大変盛り上がっていました。
 京都の人達は五大力さんと親しみを持って呼ぶお祭りで、金堂に参拝して五大明王に手を合わせ災難を除け健康を願います。
 また金堂前では恒例の(餅上げ力奉納)が行われました、女性は90キロ、男性は150キロの大鏡餅を持ち上げその時間を競います、私は女性の部を見学しましたが初めての参加選手は殆ど持ち上げる事すらできません、出来ても1分以内でダウンします、何回か来ている女性が4~6分も持ち上げて観覧者から大きな拍手を頂いていました、時間の都合で最後まで見ていませんがすごい力持ちの女性が居られると感心しました。
 また不動堂の前では大勢の信者が囲む中で山伏達が護摩を焚いて経をあげていました。
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22073322.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22072740.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22025839.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22025349.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22024891.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22024371.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22023769.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22023090.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22022681.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22021995.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22021444.jpg
醍醐寺 五大力尊仁王会_e0048413_22020393.jpg

by kamogawa35 | 2020-02-23 21:40 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

松花堂庭園

八幡市に国の史跡・名勝に指定されている「松花堂」があります。
 元々は男山八幡宮の境内にある寺坊でしたが明治初めの廃仏毀釈の影響で取り払われてしまいました。
 明治24年頃から八幡宮から離れた現在地で往時の建物が順次復元され現在に至っています。江戸時代八幡宮の 滝本坊の住職を務め能筆家で文化人あった松花堂昭乗ゆかりの草庵も復元されていることから施設全体が松花堂と名付けられました。
 22,000㎡の広い庭園に書院・草庵・茶室(3か所)などが点在し魅力の竹林や椿、四季の草花なども楽しめる魅力あふれる施設となっています。
 楽しい散策でした。
松花堂庭園_e0048413_15160912.jpg
松花堂庭園_e0048413_15160609.jpg
松花堂庭園_e0048413_15160315.jpg
松花堂庭園_e0048413_15160076.jpg
松花堂庭園_e0048413_15155630.jpg
松花堂庭園_e0048413_15155277.jpg
松花堂庭園_e0048413_15154967.jpg
松花堂庭園_e0048413_15154680.jpg


松花堂庭園_e0048413_15154254.jpg
松花堂庭園_e0048413_15153933.jpg

by kamogawa35 | 2020-02-06 15:22 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

伏見の酒蔵街めぐり

京都伏見は日本酒の生産が兵庫県の灘と並ぶ大生産地です、月桂冠の大倉酒造や、黄桜酒造、神聖酒造など大手が軒を並べて魅力的な酒蔵の街が広がっています。
 先日、酒蔵めぐりを楽しみました、疎水越しに酒蔵が並ぶ絶景を見たあと月桂冠の大倉記念館を見学しました、昔の酒造りのコーナーなどもあって楽しめます、銘酒の試飲もあって良い気分になりました。あちこちの酒蔵を見たあと黄桜のカッパレストランで昼食で満足しました。
 来月になったら新酒まつりもあるのでまた訪れたいと楽しみにしています。
伏見の酒蔵街めぐり_e0048413_22162261.jpg
伏見の酒蔵街めぐり_e0048413_22161380.jpg
伏見の酒蔵街めぐり_e0048413_22160907.jpg
伏見の酒蔵街めぐり_e0048413_22160459.jpg
伏見の酒蔵街めぐり_e0048413_22155948.jpg
伏見の酒蔵街めぐり_e0048413_22161737.jpg
伏見の酒蔵街めぐり_e0048413_22154911.jpg


by kamogawa35 | 2020-01-22 22:21 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

ながれ橋に行った

ながれ橋(上津屋橋)は、京都府久世郡久御山町と八幡市を結ぶ、木津川に架けられた木橋で川が増水すると橋板が流される構造を持つ流れ橋であることから「木津川流れ橋」と呼ばれる木造の橋です、橋の板はロープで繋がっていて水が引くと引き揚げて元に戻すユニークさが人気です、時代映画が華やかだったころには度々この橋を舞台にロケが行われる魅力ポイントでした。
 最近は川の増水で度々流されるので橋げたが強化され橋も高くなって流れないように作り替えられているようですが雰囲気は以前のままののどかな風景が楽しめます。
 橋には欄干が無いので渡るには慎重さが必要です、橋の周りには宇治茶の畑が広がっていて川と橋の組み合わせで心が和みます。
ながれ橋に行った_e0048413_18010607.jpg
ながれ橋に行った_e0048413_18010308.jpg
ながれ橋に行った_e0048413_18005961.jpg
ながれ橋に行った_e0048413_18005531.jpg
ながれ橋に行った_e0048413_18005222.jpg
ながれ橋に行った_e0048413_18004895.jpg
ながれ橋に行った_e0048413_18004031.jpg
ながれ橋に行った_e0048413_18003025.jpg
ながれ橋に行った_e0048413_18002285.jpg

by kamogawa35 | 2019-07-18 18:04 | 京都南部・伏見 | Comments(1)

竹の寺 地蔵院

久しぶりに洛西上桂苔寺の近くにある「竹の寺 地蔵院」行きました、ここは臨済宗の禅寺で南北朝時代、室町管領の細川頼之公が夢窓国師を開山として開いた寺で最盛期は17万平方米、末寺26寺を持つ大寺院でしたが応仁の乱などで焼き払われすたれてしまいました、また一休禅師の生まれたお寺とも伝わっている古刹です、今は境内のあちこちにある竹林が魅力で竹の寺として親しまれる寺院です。
 私にとっては東京で役者をされていて京都マラソンにも度々出場されているRINさんにお会いした懐かしいお寺で苔いっぱいの参道や十六羅漢の庭園が魅力いっぱいに感じている好みの寺院です。
 梅雨時のしっとりとした緑の参道を進むのはサイコーでした。
竹の寺 地蔵院_e0048413_18222168.jpg
竹の寺 地蔵院_e0048413_18221862.jpg
竹の寺 地蔵院_e0048413_18221228.jpg
竹の寺 地蔵院_e0048413_18220507.jpg
竹の寺 地蔵院_e0048413_18215965.jpg
竹の寺 地蔵院_e0048413_18215595.jpg
竹の寺 地蔵院_e0048413_18214858.jpg
竹の寺 地蔵院_e0048413_18213945.jpg
竹の寺 地蔵院_e0048413_18213357.jpg
竹の寺 地蔵院_e0048413_18212701.jpg


by kamogawa35 | 2019-07-05 18:25 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

京たけのこの竹林

京都の南西部、向日市・長岡京市淀川をはさんで八幡市の丘陵地帯には孟宗の竹林が広がっていて超美味な「京たけのこ」の産地として有名です。
 先日近くまで行きました、旧家の連なる農家の道を超えたところで手入れの行き届いた見事な竹林に入りました、農家の方がたけのこを掘りに来られていたのでお願いして写させていただきました、早朝から地面の土の盛り上がった処にスキを入れて掘り出すそうです、私の写したものは出荷するにはちょっと掘り遅れてしまったもののようでした、でも地中のたけのこを写すことはできませんので顔を出したたけのこの写真で満足しました。竹林の雰囲気をご覧ください。
京たけのこの竹林_e0048413_20555117.jpg
京たけのこの竹林_e0048413_20554883.jpg
京たけのこの竹林_e0048413_20554573.jpg
京たけのこの竹林_e0048413_20554153.jpg
京たけのこの竹林_e0048413_20553800.jpg
京たけのこの竹林_e0048413_20553217.jpg
京たけのこの竹林_e0048413_20552807.jpg
京たけのこの竹林_e0048413_20552510.jpg
京たけのこの竹林_e0048413_20552193.jpg
京たけのこの竹林_e0048413_20551737.jpg


by kamogawa35 | 2019-04-19 20:54 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

酒蔵祭り 伏見

伏見の蔵元の春の酒蔵祭りがあって先週土曜日に行きました。
2月にも蔵開きの企画に参加しましたが今回は新酒まつりのような雰囲気でした、最近の日本酒ブームで外国の人たちも参加して大変な人気企画になっているようで大賑わいでした。
 酔う前に酒蔵の街を散策し掘割を進む十国船を見たり長建寺にも参拝してしてから月桂冠の大蔵酒造や神聖・黄桜などの蔵元で蔵出しの新酒を満喫して良い気分になり大満足の酒蔵祭りでした。
酒蔵祭り 伏見_e0048413_16574273.jpg
酒蔵祭り 伏見_e0048413_16573850.jpg
酒蔵祭り 伏見_e0048413_16573533.jpg
酒蔵祭り 伏見_e0048413_16573292.jpg
酒蔵祭り 伏見_e0048413_16572872.jpg
酒蔵祭り 伏見_e0048413_16572423.jpg
酒蔵祭り 伏見_e0048413_16572145.jpg
酒蔵祭り 伏見_e0048413_16571775.jpg
酒蔵祭り 伏見_e0048413_16571350.jpg
酒蔵祭り 伏見_e0048413_16570829.jpg


by kamogawa35 | 2019-03-25 16:59 | 京都南部・伏見 | Comments(0)