人気ブログランキング |

カテゴリ:京都北部・北山( 412 )

菜園から坂原峠への道

今日は6月1日、緊急事態宣言の殆どが解除になった初日です、街中では人の動きが随分にぎやかになっています。私は今しばらく行動自粛で岩倉の菜園を中心に時間を過ごそうと考えています。
 菜園は岩倉の箕裏ヶ岳(433M)の麓にあり前の農道を奥に進むと登山道になり箕裏ヶ岳登山の中腹の坂原峠(267M)に出てそこを下ると静原の里に抜けます。
 緑が濃くなった初夏真っ盛りの雰囲気に浸ろうと山道へ入りました、3年振りでしたが道がひどく荒れてしまっているのに驚きました、峠まで登るのをあきらめて木々の濃い緑を楽しんだだけで引き返しました。
 
菜園から坂原峠への道_e0048413_23133197.jpg
菜園から坂原峠への道_e0048413_23132281.jpg
菜園から坂原峠への道_e0048413_23131704.jpg
菜園から坂原峠への道_e0048413_23130197.jpg
菜園から坂原峠への道_e0048413_23125694.jpg
菜園から坂原峠への道_e0048413_23125082.jpg
菜園から坂原峠への道_e0048413_23124462.jpg

by kamogawa35 | 2020-06-01 23:17 | 京都北部・北山 | Comments(0)

田植えが真っ盛り 岩倉

今日は日曜日、洛北岩倉にある私の菜園の周りでは家族やグループが集まって各々の田圃で一斉に田植え作業を行っていました、それぞれの田圃では昔の手植えこそありませんが田圃の広さや形によって田植え機も異なります、人の揃う休日に田植え作業を一気に終わらせてしまい後の諸々はこれから徐々に進めて行くそうです、お願いして写させていただきました。
田植えが真っ盛り 岩倉_e0048413_21312903.jpg
田植えが真っ盛り 岩倉_e0048413_21312495.jpg
田植えが真っ盛り 岩倉_e0048413_21311984.jpg
田植えが真っ盛り 岩倉_e0048413_21311212.jpg
田植えが真っ盛り 岩倉_e0048413_21310454.jpg
田植えが真っ盛り 岩倉_e0048413_22053954.jpg

田植えが真っ盛り 岩倉_e0048413_21300608.jpg
田植えが真っ盛り 岩倉_e0048413_22054721.jpg


田植えが真っ盛り 岩倉_e0048413_21295770.jpg

by kamogawa35 | 2020-05-17 21:34 | 京都北部・北山 | Comments(0)

昨日の百井の続きです。
大見のへの道から引き返し鞍馬・花背へ抜ける分岐点(①)にある山林農家(⑤)のカフェで一休みしようとしましたがコロナ予防でお休みです、がっかりしました、3蜜と全く関係の無い山里なのに・・・と一瞬思いましたが何も言わずに新緑に囲まれた農地で田植え準備の始まっている百井の山里景色を楽しみました。
 一休みしてから私の好きな北山杉の林の中の1キロほどの狭い道を走り百井別れに出て鞍馬へ抜けました、でもこの道は立派な国道477号線です!すれ違うのにも苦労する曲がりくねった細い道で別名「百井の酷道」とも呼ばれていて酷道ファンにはとても人気が高いそうです、私は度々通っているのでルンルン気分でした。
緑の北山 百井集落から百井別れへ_e0048413_20015418.jpg
緑の北山 百井集落から百井別れへ_e0048413_20015046.jpg
緑の北山 百井集落から百井別れへ_e0048413_20014302.jpg
緑の北山 百井集落から百井別れへ_e0048413_20013868.jpg
緑の北山 百井集落から百井別れへ_e0048413_20013222.jpg
緑の北山 百井集落から百井別れへ_e0048413_20012717.jpg
緑の北山 百井集落から百井別れへ_e0048413_20011871.jpg
緑の北山 百井集落から百井別れへ_e0048413_20011178.jpg
緑の北山 百井集落から百井別れへ_e0048413_20004705.jpg

by kamogawa35 | 2020-05-15 20:06 | 京都北部・北山 | Comments(0)

昨日の続きです。子出石のお寺に参拝した後、急坂をのぼり目的の北山エリアの百井に入りました、百井の集落をあとにしてその先の大見の方向に進みます、この辺りになると北山の低山地帯の中心です、昔はここから周囲の山を目指したり渓を上ったりする人達が大勢いたのですが最近は登山者も少なく地域も過疎化が進み人を見かけなくなっています。
 先の大見・尾越の里も住む人が殆ど居なくなっているようです、道路も荒れ気味だったので途中でストップ、むかし山仲間たちと楽しんだ小さな渓谷があるのを思い出してその渓に入りました(7・8)昔のままの渓があって清流が流れ下っています、水に入る装備をしていないので渓に降りてしばらく手を浸し若かった頃を思いだしてひと時を過ごしました。この間誰にも会いませんでした。 ステイホームのもやもやが晴れ心の洗濯が出来ました。
 
新緑の北山 百井から大見へ_e0048413_22081194.jpg
新緑の北山 百井から大見へ_e0048413_22080829.jpg
新緑の北山 百井から大見へ_e0048413_22080567.jpg
新緑の北山 百井から大見へ_e0048413_22075722.jpg
新緑の北山 百井から大見へ_e0048413_22074947.jpg
新緑の北山 百井から大見へ_e0048413_22074220.jpg
新緑の北山 百井から大見へ_e0048413_22070768.jpg
新緑の北山 百井から大見へ_e0048413_22070379.jpg

by kamogawa35 | 2020-05-14 22:06 | 京都北部・北山 | Comments(0)

鴨川源流域 新緑が輝く

緊急事態宣言で自宅待機が続きもう1か月以上になります、心も体も相当萎え気味です、何とか気分転換をしようと考えています、でも3密が嫌で街中には行けません、結局いつものように殆ど人と会わない山里へ向かうことになります。
 そんなことで原則自宅待機を続けながらの臨時外出を思いつき、京都市の中央を流れる鴨川の上流の源流地域の雲ケ畑に行きました。
 上賀茂よりさらに上流の柊野堰堤をスタートして緑が美しい渓流沿いを中津川が注ぐ出会い橋まで進み一休み、本流から分かれ中津川を最奥まで行ってみました、冷え冷えの渓流の水を飲んで 顏を拭いて汗ばんだ体を冷やしました、気分はサイコーです。
 この辺りにも若緑の楓があちこちにありますが大半はうつくしい北山杉の植林地帯になっています。北山のさわやかな空気を満喫でした。
 中津川にある、今も美しい山林農家を拝見することが出来たのも嬉しい事でした。
鴨川源流域 新緑が輝く_e0048413_20510631.jpg
鴨川源流域 新緑が輝く_e0048413_20510276.jpg
鴨川源流域 新緑が輝く_e0048413_20505864.jpg
鴨川源流域 新緑が輝く_e0048413_20505264.jpg
鴨川源流域 新緑が輝く_e0048413_20504700.jpg
鴨川源流域 新緑が輝く_e0048413_20504075.jpg
鴨川源流域 新緑が輝く_e0048413_20503305.jpg
鴨川源流域 新緑が輝く_e0048413_20502685.jpg
鴨川源流域 新緑が輝く_e0048413_20502091.jpg

by kamogawa35 | 2020-05-12 20:58 | 京都北部・北山 | Comments(0)

新緑の始まり 貴船1

美しい新緑が始まった京都の奥座敷「貴船」もコロナの影響で旅館街は全軒自主休業に入っていて火の消えたような状態だとの情報があり行ってみました。
 貴船に行くにはエイデンの鞍馬行きに乗って貴船口駅まで、レトロな雰囲気で人気だった駅が改築されすっきりした駅になりました、便利になって驚きましたが少し寂しい気分もします。うまく電車も写せてラッキーでした。
 すぐ傍を流れる貴船川沿いに美しい楓のみどりに浸りながら貴船神社を目指します。貴船の中心まではかなりの距離がありますが人も車も少なく新緑の道をのんびり歩けて苦になりませんでした。
 途中渓流の傍に咲くシャガ・ヤマブキなどと楓の若みどりが満喫出来てサイコーの散策でした。
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22422919.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22422180.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22421615.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22414289.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22413983.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22413508.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22413114.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22412679.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22412127.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22411769.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22411354.jpg
新緑の始まり 貴船1_e0048413_22410693.jpg

by kamogawa35 | 2020-04-24 22:44 | 京都北部・北山 | Comments(0)

山は春 賑やかに

昨日アップした宝泉寺の行き帰りの北山の山道で春を迎えた山景色をいくつか写しました、もうは桜は最終版で新緑が始まっています、両方が混じった魅力的な林が幾つもありました。
 北山を縦断する上桂川沿いから北山杉の林や台杉の育成林を見て走り終盤の桜に代わって盛りを迎えた山つつじを楽しんだりで面白いドライブでした。
 これからの山里はサイコーの景色になるのにコロナのせいで思うように外出できません、くやしい限りです。
 今日はひたすら自宅に籠っています。
山は春 賑やかに_e0048413_17273937.jpg
山は春 賑やかに_e0048413_17273625.jpg
山は春 賑やかに_e0048413_17273091.jpg
山は春 賑やかに_e0048413_17272714.jpg
山は春 賑やかに_e0048413_17272398.jpg
山は春 賑やかに_e0048413_17271823.jpg
山は春 賑やかに_e0048413_17271306.jpg
山は春 賑やかに_e0048413_17265115.jpg
山は春 賑やかに_e0048413_17264681.jpg

by kamogawa35 | 2020-04-18 17:29 | 京都北部・北山 | Comments(0)

丹後半島めぐりの初日は好天に恵まれましたが翌日は目を覚ますと台風18号の影響で猛烈な暴風雨です、海岸には荒波が押し寄せています、皆で相談してコース変更にしました。予定していた丹後松島・立岩‣琴引き浜などは車内観光や遠くから見るだけに変更です、代わりに久美浜湾経由で海岸から離れた兵庫県豊岡市のコウノトリ公園と出石城見学に行くことにしました。
 予定変更になりましたがどちらもゆっくり観覧出来て充実して楽しい時間を過ごせました、仕上げは名物の出石皿ソバです、美味しい!
二日間の小旅行でしたが参加のみなさんも大満足でした、Tさんに感謝です。
丹後半島めぐり3 丹後の海岸とコウノトリと出石城_e0048413_21100427.jpg
丹後半島めぐり3 丹後の海岸とコウノトリと出石城_e0048413_21100775.jpg
丹後半島めぐり3 丹後の海岸とコウノトリと出石城_e0048413_21100051.jpg
丹後半島めぐり3 丹後の海岸とコウノトリと出石城_e0048413_21095801.jpg
丹後半島めぐり3 丹後の海岸とコウノトリと出石城_e0048413_21095462.jpg
丹後半島めぐり3 丹後の海岸とコウノトリと出石城_e0048413_21094517.jpg
丹後半島めぐり3 丹後の海岸とコウノトリと出石城_e0048413_21095008.jpg
丹後半島めぐり3 丹後の海岸とコウノトリと出石城_e0048413_21094033.jpg
丹後半島めぐり3 丹後の海岸とコウノトリと出石城_e0048413_21093680.jpg
丹後半島めぐり3 丹後の海岸とコウノトリと出石城_e0048413_21093169.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-08 21:13 | 京都北部・北山 | Comments(0)

地域の人達で丹後半島めぐりに出かけました、台風が来ていましたが宿を予約していたので雨を覚悟のスタートです、幸い台風が少し北にはずれ風はありましたが初日は快晴で人も少なく快適な旅行でした。
 最初は宮津市の天橋立の文殊堂(知恩寺)です、臨済宗の禅寺ですが文殊菩薩が祀られていて通称「文殊堂」と親しまれている宮津市を代表する観光ポイントになっています
 文殊堂をじっくりとめぐったのは初めてでした、文殊さんに旅の安全と好天をお願いしました、立派で魅力的なお寺です。
その先は宮津湾で日本三景の一つの美しい松並木が伸びています。
 ケーブルで山に登って松並木の全景も楽しみました。
丹後半島めぐり 1天橋立_e0048413_21531427.jpg
丹後半島めぐり 1天橋立_e0048413_21474712.jpg
丹後半島めぐり 1天橋立_e0048413_21474388.jpg
丹後半島めぐり 1天橋立_e0048413_21474049.jpg
丹後半島めぐり 1天橋立_e0048413_21473641.jpg
丹後半島めぐり 1天橋立_e0048413_21472659.jpg
丹後半島めぐり 1天橋立_e0048413_21472206.jpg
丹後半島めぐり 1天橋立_e0048413_21471948.jpg
丹後半島めぐり 1天橋立_e0048413_21471572.jpg

by kamogawa35 | 2019-10-06 21:51 | 京都北部・北山 | Comments(0)

花背の初秋

京都市の北部、北山エリアに花背の地域があります。
昔から農林業で成り立って来た魅力的な地域で渓流沿いに集落が続いています、近年は高齢化が進んで人口が減りつつありますが地域の人たちが活性化を目指して色々な活動をされています。
 秋の雰囲気を楽しもうと訪ねました、ススキや萩・彼岸花が咲いています、田圃では稲刈りが進んで農家の近くでは稲木も見ることが出来て楽しめました。
 帰りにバイパスを通ったら一昨年の台風で大被害を受けた北山杉の林が倒木だらけになったままの場所が残っていました、痛ましい姿に気分が滅入りました、早く整備が進んでほしいものです。
花背の初秋_e0048413_22315333.jpg
花背の初秋_e0048413_22312608.jpg
花背の初秋_e0048413_22283927.jpg
花背の初秋_e0048413_22282941.jpg
花背の初秋_e0048413_22282635.jpg
花背の初秋_e0048413_22283364.jpg
花背の初秋_e0048413_22282148.jpg
花背の初秋_e0048413_22281566.jpg
花背の初秋_e0048413_22280960.jpg
花背の初秋_e0048413_22280599.jpg

by kamogawa35 | 2019-09-30 22:35 | 京都北部・北山 | Comments(0)