人気ブログランキング |

いよいよ今日から3月、期待していた花の季節が始まります。
 一方では京都・大坂・兵庫は今日から緊急事態宣言が解除されました、リバウンドが起きないよう注意して行動する自己管理を行政が強く要望しています、私も慎重に行動しようと考えています。
 スタートは一番早く咲く桜にしようと考えていたので上京区の堀川一条「もどり橋」にある河津桜を撮影しました。
 街中の道路沿いですが「もどり橋」は平安時代からの故事のある場所で今では桜がアクセントになっています、地域の方が大切に守っていて桜ファンや町の人達も盛んに訪ねて来ています、盛りの初期で花が一番元気なタイミングでした、楽しめました。
河津桜が盛りに 一条戻り橋_e0048413_20111614.jpg
河津桜が盛りに 一条戻り橋_e0048413_20111118.jpg
河津桜が盛りに 一条戻り橋_e0048413_20110613.jpg
河津桜が盛りに 一条戻り橋_e0048413_20110149.jpg
河津桜が盛りに 一条戻り橋_e0048413_20105508.jpg
河津桜が盛りに 一条戻り橋_e0048413_20104739.jpg
河津桜が盛りに 一条戻り橋_e0048413_20104244.jpg
河津桜が盛りに 一条戻り橋_e0048413_20103768.jpg

# by kamogawa35 | 2021-03-01 20:14 | 桜を追って | Comments(0)

馬酔木が盛りに 宝ヶ池

洛北岩倉の宝ヶ池公園には馬酔木が沢山植えられています、ようやく満開を迎えました、アセビの花は一個一個は小さいのですがまとまって塊になって咲くのでそれなりに存在感があります、2月の下旬から3月初めの早春に咲きます。
 山里の殆どの寺院などでは境内の一部にままとまって咲いているのが見られます。
馬酔木が盛りに 宝ヶ池_e0048413_21025540.jpg
馬酔木が盛りに 宝ヶ池_e0048413_21025260.jpg
馬酔木が盛りに 宝ヶ池_e0048413_21024613.jpg
馬酔木が盛りに 宝ヶ池_e0048413_21024163.jpg
馬酔木が盛りに 宝ヶ池_e0048413_21023712.jpg
馬酔木が盛りに 宝ヶ池_e0048413_21023206.jpg
馬酔木が盛りに 宝ヶ池_e0048413_21022682.jpg

# by kamogawa35 | 2021-02-28 21:05 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

昨日に続いて北野天満宮です、今日は有料の梅園をアップします。
 梅園の中にある茶店で茶菓の接待を受けて一休みしてから3密を避けながら盛りを迎えた梅園を楽しみました。
 梅園の中に作られた展望台から広い梅園の全景を(7~10)眺め豪華な紅白梅を満喫し大満足でした。
 
 今年はコロナの感染拡大の中の観梅で心配でしたが緊急事態宣言でどこも来場者が少なく逆に落ち着いて花と香りを楽しむことが出来ました。
 
梅花の盛り 北野天満宮2_e0048413_22113108.jpg
梅花の盛り 北野天満宮2_e0048413_22112519.jpg
梅花の盛り 北野天満宮2_e0048413_22111294.jpg
梅花の盛り 北野天満宮2_e0048413_22110657.jpg
梅花の盛り 北野天満宮2_e0048413_22105521.jpg
梅花の盛り 北野天満宮2_e0048413_22104966.jpg
梅花の盛り 北野天満宮2_e0048413_22104436.jpg
梅花の盛り 北野天満宮2_e0048413_22103957.jpg
梅花の盛り 北野天満宮2_e0048413_22103319.jpg
梅花の盛り 北野天満宮2_e0048413_21591806.jpg

# by kamogawa35 | 2021-02-27 22:15 | 花を求めて | Comments(0)

今日は昨日の快晴から一転冷たい雨に、3月を目前にして春を呼ぶ雨になりました。
 昨25日は 菅原道真を祀る北野天満宮の例祭日でした、非常事態宣言で自粛中ですが多くの参拝者が訪れていました、但しいつもは1000店以上も並ぶ人気の露店はありません。皆さん間隔を空けて静かに参拝されていました。
 境内を飾る天満宮の象徴になっている紅白梅が盛りを迎えていて皆さん梅花を楽しんでおられます、私も参拝者と接近しないよゥに気を付けながら香りを満喫し盛りの花を楽しみました。
 北野天満宮は神殿周りに多くの梅があって魅力いっぱいですが参道横には広くて豪華な梅園(有料)があって盛りの初期を迎えていました、梅園は明日アップします。
梅花の盛り 北野天満宮1_e0048413_16064357.jpg
梅花の盛り 北野天満宮1_e0048413_16061780.jpg
梅花の盛り 北野天満宮1_e0048413_16060893.jpg
梅花の盛り 北野天満宮1_e0048413_16060373.jpg
梅花の盛り 北野天満宮1_e0048413_16055663.jpg
梅花の盛り 北野天満宮1_e0048413_16055083.jpg
梅花の盛り 北野天満宮1_e0048413_16054572.jpg
梅花の盛り 北野天満宮1_e0048413_16054039.jpg
梅花の盛り 北野天満宮1_e0048413_16052994.jpg

# by kamogawa35 | 2021-02-26 16:09 | 花を求めて | Comments(0)

好天に誘われて二条城に行きました、世界遺産で京都観光の定番でもあるので本来なら海外からの観光客と修学旅行生なども交じって大賑わいになっている筈ですがコロナ禍のせいで予想外のガラガラでした。
 観梅の人も少なく3密の心配は全くありません、二条城がこんな状態になっているのは初めてのことです。
 梅園では紅梅はイマイチでしたが盛りを迎えた白梅が多くあっていて楽しめました、もう盛りの後半の様子でした、次の桜が楽しみです。
 白梅が咲き揃った 二条城_e0048413_18043700.jpg
 白梅が咲き揃った 二条城_e0048413_18044597.jpg
 白梅が咲き揃った 二条城_e0048413_18045125.jpg
 白梅が咲き揃った 二条城_e0048413_18045798.jpg
 白梅が咲き揃った 二条城_e0048413_18050785.jpg
 白梅が咲き揃った 二条城_e0048413_18051494.jpg
 白梅が咲き揃った 二条城_e0048413_18052153.jpg
 白梅が咲き揃った 二条城_e0048413_18052712.jpg
 白梅が咲き揃った 二条城_e0048413_18053449.jpg
 白梅が咲き揃った 二条城_e0048413_18053956.jpg

# by kamogawa35 | 2021-02-25 18:08 | 花を求めて | Comments(0)

椿も盛りです 城南宮

昨日に続いて城南宮です。
城南宮は四季ごとに色々な花が神苑を彩ることで大変人気があります。今回は梅だけではなくて椿も盛りを迎えていました、苑内では30種以上の椿が栽培され1月から3月いっぱい楽しめます。城南椿?(2.5)と蝦夷錦(3.4)が大人気で皆さん盛んに写していました。
椿も盛りです 城南宮_e0048413_17564663.jpg
椿も盛りです 城南宮_e0048413_17564179.jpg
椿も盛りです 城南宮_e0048413_17563549.jpg
椿も盛りです 城南宮_e0048413_17562941.jpg
椿も盛りです 城南宮_e0048413_17562499.jpg
椿も盛りです 城南宮_e0048413_17561775.jpg
椿も盛りです 城南宮_e0048413_17561162.jpg

# by kamogawa35 | 2021-02-23 17:58 | 花を求めて | Comments(0)

平安京が都に遷された時に都の守護を願って創建された城南宮は国の守護と併せて方除けの神として古来から信仰を集めている大社です。
 広い神苑の中の「春の山」では紅白のしだれ梅の盛りが始まり豪華絢爛に輝いています、今日は快晴で4月の暖かさで大勢の観覧者が訪れ三密状態でした、しっかりマスクをして可能な限り距離を取って花を楽しみました。
 京都には梅の名所が沢山ありますがしだれ梅の華やかさではこの城南宮が断然他を離しているように思います、まるでしだれ桜と間違いそうな豪華さです。
 盛りの初期で3月上旬までは楽しめそうです。
少し画像が多いですがご覧くださったら嬉しいです。
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21031682.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21031151.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21030594.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21025872.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21025353.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21024833.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21024337.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21023600.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21022900.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21015573.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21015137.jpg
しだれ梅 満開が始まった  城南宮_e0048413_21013863.jpg

# by kamogawa35 | 2021-02-22 21:07 | 花を求めて | Comments(0)

昨夜の遅くに発生した東北地方の大地震に驚きました、想像以上の大きな地震ですが津波が無かったのが不幸中の幸いでした、福島・宮城を始め東北の皆様には心からお見舞い申し上げます。 一日も早い復興を願っています。

昨日アップした続きです。
 この時期の宇治市の宇治上神社は花が何もなく少し物足りない気分です、花も楽しみたかったので宇治市植物公園もマークしていました。
 春・夏・秋のエリアと温室のある広い植物公園で魅力いっぱいです、春のエリアと温室を鑑賞し楽しめました、コロナ自粛で来場者が少なく安心してのびのびと巡ることが出来ラッキーでした。
 豪華な寒咲きの菜の花や紅白梅が迎えてくれます、また温室も楽しめました。
また機会を見つけて訪ねたい植物園です。
花を求めて 宇治市植物公園_e0048413_21312694.jpg
花を求めて 宇治市植物公園_e0048413_21312236.jpg
花を求めて 宇治市植物公園_e0048413_21311862.jpg
花を求めて 宇治市植物公園_e0048413_21311379.jpg
花を求めて 宇治市植物公園_e0048413_21310836.jpg
花を求めて 宇治市植物公園_e0048413_21310257.jpg
花を求めて 宇治市植物公園_e0048413_21305880.jpg
花を求めて 宇治市植物公園_e0048413_21305311.jpg
花を求めて 宇治市植物公園_e0048413_21304663.jpg
花を求めて 宇治市植物公園_e0048413_21303797.jpg


# by kamogawa35 | 2021-02-14 21:36 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

宇治上神社 世界遺産

今日は午前中からすごく暖かくなり昼間は4月並みと報道されていました、そのせいか街は人出が多く少し警戒が必要だと感じました。
 でも天気が良く暖かくなっているので外へ出たくなりました、考えた末に京都市内を避けて宇治市に行き3密が殆ど無い世界遺産の「宇治上神社」を訪ねました。
 宇治上神社の本殿(5~7)は1060年に、拝殿は(3.4)1215年に建立されていて日本で最も古い神社建築の一つとして国宝に指定され大切に保存されています。
 京都では「古都京都の文化遺産」として一括して17ヵ所の社寺などが世界遺産に指定されていますがその中で、宇治市には「平等院」とこの「宇治上神社」の2ヵ所が入っています。
 予想通り訪ねる人は程々で十分間隔を空けてゆっくり参拝出来て選択はピッタリでした。
宇治上神社 世界遺産_e0048413_20162991.jpg
宇治上神社 世界遺産_e0048413_20162501.jpg
宇治上神社 世界遺産_e0048413_20162191.jpg
宇治上神社 世界遺産_e0048413_20161568.jpg
宇治上神社 世界遺産_e0048413_20161043.jpg
宇治上神社 世界遺産_e0048413_20160569.jpg
宇治上神社 世界遺産_e0048413_20160111.jpg

# by kamogawa35 | 2021-02-13 20:22 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

紅梅満開 興聖寺

京都駅からごく近い堀川七条に真宗興正派の本山「興正寺」があります、西本願寺の南隣にあり同じ真宗の一派です。
 山門を入ったところに見事な紅梅と白梅があり名所になっています。
白梅はまだでしたが紅梅がピークを迎えていした、残念ながら本堂の大修理が行われていて紅梅との写真は全く絵になりません。
 代わりに山門をバックにした写真にしました、迫力ある満開の紅梅に満足しました。
 市内の中心にあり京都駅からも近いのでとても人気のある紅白梅です。
紅梅満開 興聖寺_e0048413_21562688.jpg
紅梅満開 興聖寺_e0048413_21561856.jpg
紅梅満開 興聖寺_e0048413_21561581.jpg
紅梅満開 興聖寺_e0048413_21561187.jpg
紅梅満開 興聖寺_e0048413_21560758.jpg
紅梅満開 興聖寺_e0048413_21560313.jpg
紅梅満開 興聖寺_e0048413_21555709.jpg
 

# by kamogawa35 | 2021-02-12 22:02 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)