人気ブログランキング |

2018年 06月 28日 ( 1 )

建仁寺 両足院の半夏生

東山区の祇園の南側にある臨済宗大本山の建仁寺の塔頭の一つ「両足院」の書院前の庭園で 半夏生が盛りを迎えています。
 この時期になると半夏生は細く連なった花を咲をかせます、時を同じくして緑の葉が半分ほど白くなります、遠くから見るとまるで花が咲いたような華やかさです。
 観覧に来ている皆さんが感嘆の声を上げていました。7月上旬までは白く変わった葉を見られますが花が終わる葉はまたみどリ色に戻ります。
 書院の座敷から盛りを迎えた半夏生の庭園を楽しみました。
e0048413_22483237.jpg
e0048413_22482766.jpg
e0048413_22482154.jpg
e0048413_22480856.jpg
e0048413_22480351.jpg
e0048413_22475659.jpg
e0048413_22475015.jpg
e0048413_22474544.jpg
e0048413_22473898.jpg


by kamogawa35 | 2018-06-28 22:50 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)