人気ブログランキング |

2014年 07月 21日 ( 1 )

きゅうり封じ 神光院

洛北西賀茂にある神光院は京都3大弘法さんの一つと呼ばれていて弘法大師が本尊になっています。
弘法大師がこの寺院でひと時を過ごし、ここを去る際に村人たちの無病息災を願ってきゅうりを使って病封じの祈願をしたと伝えられています。
 以来神光院は病封じの寺として知られるようになりました。今では参拝者がきゅうりを求め病除け祈願をして寺に供えたり、紙で包んで自宅に持ち帰り土に埋めると病が封じられると伝わっていて多くの参拝者が訪れるようになりました。
今日7月21日と土用の丑の7月29日に病封じの加持が行われます。
 関西地方は今日が梅雨明け皆さん猛暑の中を汗まみれになって参拝に来られていました。
e0048413_20293449.jpg
e0048413_2030283.jpg
e0048413_20301558.jpg
e0048413_20311263.jpg
e0048413_20333429.jpg
e0048413_20343857.jpg
e0048413_20342994.jpg

by kamogawa35 | 2014-07-21 20:38 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)