人気ブログランキング |

2013年 05月 24日 ( 1 )

氷室の棚田

市内北区の鷹ヶ峰から杉坂へ抜ける道の途中の京見峠を過ぎたところで細い道に外れて進むと京都の隠れ里「氷室の里」があります。
地球がもっと寒かった頃、この辺りは極寒の土地で夏に氷を宮廷に納めるための氷室が幾つも作られていました、今は跡地があるだけで「氷室」と言う地名が残っています。
 現在は十数軒になってしまいましたが農林業で地域を守っておられます。
私はここの自然豊かな景観と別天地の雰囲気がが好きで時々訪ねます。
規模は小さなものですが棚田があります、田植えを狙って昨日行ってみました。
ベストタイミングで田植え作業を見る事が出来ました、ご覧下さい。
氷室の棚田_e0048413_21434251.jpg
氷室の棚田_e0048413_21435452.jpg
氷室の棚田_e0048413_2144752.jpg
氷室の棚田_e0048413_21441751.jpg
氷室の棚田_e0048413_21442738.jpg
氷室の棚田_e0048413_21443820.jpg
氷室の棚田_e0048413_21444854.jpg
氷室の棚田_e0048413_214586.jpg
氷室の棚田_e0048413_21452426.jpg

by kamogawa35 | 2013-05-24 21:53 | 京都北部・北山 | Comments(0)