人気ブログランキング |

2012年 06月 26日 ( 1 )

建仁寺 両足院の半化粧

臨済宗大本山の建仁寺の塔頭、両足院はこの時期半化粧が盛りを迎えます、年々人気が出て最近は団体のツアーまで来る始末です、静かに鑑賞したいのに書院に座って見ていてもざわついていて落ちつきません。
半化粧はドクダミ科の多年草で「カタシロクサ」とも呼ばれ、葉が名前の通り半分白くなって化粧をしているように見える事から半化粧と呼ばれるようになりました。
 両足院では書院前の池の周りで年々株が増えて梅雨時の今、見ごたえのある半化粧庭園が楽しめます、朝の早い時間で曇りか小雨が美しいように思います。
建仁寺 両足院の半化粧_e0048413_2044157.jpg
建仁寺 両足院の半化粧_e0048413_20441286.jpg
建仁寺 両足院の半化粧_e0048413_20442210.jpg
建仁寺 両足院の半化粧_e0048413_20443314.jpg
建仁寺 両足院の半化粧_e0048413_20444320.jpg
建仁寺 両足院の半化粧_e0048413_20445586.jpg
建仁寺 両足院の半化粧_e0048413_2045564.jpg
建仁寺 両足院の半化粧_e0048413_20452045.jpg
建仁寺 両足院の半化粧_e0048413_20453198.jpg

by kamogawa35 | 2012-06-26 20:47 | 京都の四季 洛東 | Comments(2)