人気ブログランキング |

2011年 12月 31日 ( 1 )

護王神社 迎春準備

烏丸通りを挟んで京都御所の西側にある「護王神社」は京都御所の守護をしますが別に足腰のお守りの神社として多くの参拝者を集めています。
 その昔「和気清麻呂」が都から九州の宇佐八幡宮に旅する際、足の萎えに悩まされていたところ、どこからともなく数百頭のイノシシが現れ清麻呂を守り、宇佐神宮まで送り届けたそうです、同時に足の衰えも快癒したとの故事により護王神社では和気清麻呂が祭神になっていてイノシシが狛犬の代わりにコマイノシシになって飾られています。
 私はイノシシ年生まれなのでこの神社には親近感を持っていてよく訪ねます、またジョギングがずっと続けられるよう足腰祈願をします。
 神社では明日の元日に向かって万全の準備が整っていてパラパラと参拝に見える人達が大きな龍の絵馬を前に手を合わしていました。
e0048413_18351666.jpg
e0048413_18353061.jpg
e0048413_1835408.jpg
e0048413_18355158.jpg
e0048413_1836271.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-31 18:36 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)