人気ブログランキング |

東山の新熊野神社で神木のクスノキの大木の大しめ縄を新年に向かって掛け替える「つなかけ祭」がありました。
古来から山や滝・大岩・大木などには神が宿っていると信じられてきました、熊野大社は那智の滝が神体です、同様にここは後白河上皇が手植えしたと伝わるクスノキが神体となっています、神社では街中でこれだけの大木が境内にあるのは貴重なことで、神の力を浴びることのできるパワースポットだと言っていました。
 大しめ縄は神殿でお祓いをすませ、氏子たちに担がれて②③神木の大樟の木にかけられました④。
神主の祝詞奏上の後、氏子たちも榊をささげ、神木の大樟の木に触れたり抱きついたりしてパワーをもらいます⑥⑦、参拝後はお神酒とだいこ炊きが参拝者にふるまわれ、更に正月用の稲穂のしめ飾りがお土産にいただけました⑨。至れり尽くせりで驚きでした。
京都では師走の行事があちこちで行われていますが新熊野神社の綱懸け祭りはとてもユニークで楽しい祭です、氏子や参拝者への神主さんの心のこもった対応が伝わってきて、とても気持ちの良いお祭りでした。
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)つなかけ祭_e0048413_20555494.jpg
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)つなかけ祭_e0048413_205675.jpg
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)つなかけ祭_e0048413_20562016.jpg
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)つなかけ祭_e0048413_20563370.jpg
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)つなかけ祭_e0048413_20564546.jpg
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)つなかけ祭_e0048413_20565586.jpg
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)つなかけ祭_e0048413_2057517.jpg
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)つなかけ祭_e0048413_20571765.jpg
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)つなかけ祭_e0048413_20573198.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-23 21:00 | 京都の四季 洛東 | Comments(2)