人気ブログランキング |

今京都市美術館で「フェルメールからのラブレター展」16日まで、「ワシントンナショナルギャラリー展」11・27日まで、という二つの魅力的な展覧会が開催されています。
フェルメールが終り近くなったので今朝思い切って観に行きました、開館前でしたがもう行列でした。
「フェルメールからの・・・・展」は42点の展示でメインのフェルメールの作品は3点だけです、総点数が少ないのと同じような雰囲気の絵ばかりなのでフェルメールの3点をじっくり鑑賞しました、なんとなく人気のほどが判るような絵で群がっている人達もため息をついていました。
撮影できませんのでカラーポスターを写しましたのでご覧下さい。
 もう一つの「ワシントンナショナルギャラリー展」はゴッホの自画像が日本初公開とのことで呼び物になっていましたが印象派の傑作ばかりでワクワクしながら観て廻りました、どちらも魅力的な展覧会ですが私的にはこちらの展覧会の方が面白いと思いました。
フェルメールの③手紙を書く女 ④手紙を書く女と召使 ⑤手紙を読む青衣の女性
フェルメールからのラブレター展、ワシントンN・ギャラリー展_e0048413_1727278.jpg
フェルメールからのラブレター展、ワシントンN・ギャラリー展_e0048413_17273876.jpg
フェルメールからのラブレター展、ワシントンN・ギャラリー展_e0048413_17275111.jpg
フェルメールからのラブレター展、ワシントンN・ギャラリー展_e0048413_1728488.jpg
フェルメールからのラブレター展、ワシントンN・ギャラリー展_e0048413_17281824.jpg
フェルメールからのラブレター展、ワシントンN・ギャラリー展_e0048413_17282778.jpg
フェルメールからのラブレター展、ワシントンN・ギャラリー展_e0048413_17283929.jpg

by kamogawa35 | 2011-10-13 17:34 | 京都の四季 洛東 | Comments(4)