人気ブログランキング |

2011年 05月 16日 ( 2 )

南禅院 青もみじ

南禅寺の塔頭で別格的な「南禅院」を訪ねました。
南禅寺本坊の手前赤レンガの水路閣の上にある南禅院は鎌倉時代中期、高倉天皇が離宮として営んでいたのを寄進されて禅寺としたもので南禅寺発祥の地だそうです。
 建物は最初の離宮遺褠が1393年の明徳の火災で焼失、更に応仁の乱でも燃えてしまい現在の建物は綱吉の母桂昌院の寄進による三代目で1703年完成だそうです。
 庭園は離宮のおもかげを残した池泉回遊式で深い樹林に包まれた幽遠な雰囲気は格別で天龍寺・苔寺と共に京都三名勝庭園に指定されています。
由緒ある塔頭なのに隠れているためか訪ねる人が少なくいつ訪ねても落ち着いて時間を気にせずに拝観できるのが魅力です、今回は庭園を巡りながら青もみじをたっぷりと観賞しました。


e0048413_20164858.jpg
e0048413_2017669.jpg
e0048413_20171863.jpg
e0048413_20173067.jpg
e0048413_20174127.jpg
e0048413_20175082.jpg
e0048413_2018497.jpg
e0048413_20181475.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-16 20:21 | 京都の四季 洛東 | Comments(2)

南禅寺最勝院 青もみじ

南禅寺は全域新緑の盛りで秋の紅葉に対して今は春の青もみじです、多くの参加者がやわらかな緑に染まったもみじを愛でていました。
 三門から奥に進んで一番奥にある塔頭「最勝院」③~⑥を訪ねました、手前から山門までのなだらかな登りの参道④⑤が一番の魅力です。
e0048413_19192787.jpg
e0048413_19193951.jpg
e0048413_19195111.jpg
e0048413_1920471.jpg
e0048413_19201626.jpg
e0048413_19202852.jpg

by kamogawa35 | 2011-05-16 19:25 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)