人気ブログランキング |

2010年 11月 16日 ( 2 )

光明寺

京都西山の最南端、長岡京市にある法然上人ゆかりの西山浄土宗総本山の「光明寺」に行きました。
紅葉の名所として知られていてこの時期は団体も含め多くの人が訪れます、平常は拝観無料なのに紅葉時期は有料(500円)になります。
私は閉門直前に行ったので逆に人が少なく落ち着いて拝観出来ました。
「紅葉の光明寺」の名を高めているのはなだらかで広い御影堂への参道(Ⅰ)と玄関へのもみじ参道(7)です。御影堂への参道は紅葉が見られましたが玄関とつながる(もみじ参道)の方はまだまだで大変残念でした、ピークは1週間あとのようでした。
 紅葉巡りで辛いのは調べていても全部の場所を盛りに合わせて廻るのが不可能なことです、現在は早く紅葉する周辺の山裾から訪ねていますが・・・むらがあります。
光明寺_e0048413_215637.jpg
光明寺_e0048413_21561677.jpg
光明寺_e0048413_21563177.jpg
光明寺_e0048413_21564575.jpg
光明寺_e0048413_21565852.jpg
光明寺_e0048413_21574488.jpg
光明寺_e0048413_21575630.jpg
光明寺_e0048413_2158688.jpg

by kamogawa35 | 2010-11-16 22:00 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

小塩山 金蔵寺

京都西山の奥、小塩山(おしおざん)642Mの中腹にある「金蔵寺」に紅葉を求めて行ってみました。
3年ぶりです、山裾の細い道をくねくねとあきれるほど時間をかけて登ってやっと着きました、車以外はちょっと難しい山寺です。
門前についてもまた急階段を登らないと本堂に着けません、体力が必要なお寺です。
奈良時代の初め718年の開創で大変な歴史があります、一時は伽藍の並ぶ大寺院だったそうですが火災などで寂れ現在の姿になってしまいました、でもどうしてこんな山深い不便なところに造ったのか?と素人考えで疑問に思いましたが他の有名寺院も山中に多くあります、今は道が出来て何とも思いませんがその頃は同じように山奥の寺だったのでしょうね。
拝観は山門にある志納箱に適当にお金をいれて入ります、誰もいません。
ここの紅葉の美しさは定評があります、私も前回に感激して今回また訪ねましたがほんの少し早すぎて紅葉が今一歩でした、でも息を切らして登ってこられた数人の方とこの寺院の魅力を語りあいながら時を過ごし気分が休まりました。又数年後に訪ねます。
小塩山 金蔵寺_e0048413_20362155.jpg
小塩山 金蔵寺_e0048413_20363566.jpg
小塩山 金蔵寺_e0048413_20364997.jpg
小塩山 金蔵寺_e0048413_2037374.jpg
小塩山 金蔵寺_e0048413_20371549.jpg

by kamogawa35 | 2010-11-16 20:38 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)