人気ブログランキング |

2010年 11月 06日 ( 1 )

嵯峨野 滝口寺

嵯峨野の祇王寺の坂上に滝口入道(斉藤時頼)と横笛の悲恋の舞台として伝えられている「滝口寺」があります。元々は往生院三宝寺と言う大寺院だったそうですが応仁の乱や度重なる戦火で衰え明治維新に廃寺になっていました、その後隣の祇王寺が再建されたことに続いて再興され、故佐々木信綱博士が小説「滝口入道」にちなんで滝口寺と名付けられたそうです、小さな小さな寺院ですが紅葉が早く11月初めから見頃になります。
かやぶきの本堂が何とも言えない荒れ寺の雰囲気を漂わせていて心に響きます。
下の祇王寺には大勢の観光客が来ていますがここへは殆ど拝観者が来ません、縁側に座ってしばらく時を過ごしました、その間訪れて来た人は二人だけでした。
嵯峨野 滝口寺_e0048413_19233131.jpg
嵯峨野 滝口寺_e0048413_19234591.jpg
嵯峨野 滝口寺_e0048413_1924094.jpg
嵯峨野 滝口寺_e0048413_19241563.jpg
嵯峨野 滝口寺_e0048413_19243381.jpg

いよいよ紅葉シーズンの始まりです、今年は定番の紅葉所は別として、出来るだけ昨年秋にアップしたところと重複しないようにして取材してみようと考えています。
by kamogawa35 | 2010-11-06 19:29 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)