人気ブログランキング |

2010年 05月 11日 ( 1 )

あだしの念仏寺

古来このあだし野の土地は野ざらしの墓地であったようです、寺伝では弘法大師が如来寺として開創されその後念仏道場となって浄土宗に属しています。
8000体を超える石仏石塔があたりの山野に散乱していたものを明治時代中頃地元と寺院で協力して集め安置配列したそうです、以来「あだしの念仏寺」と呼ばれ今日に至っていて有名な千灯供養は地蔵盆の8月23,24日の夜行われ石仏の周りを灯火がつつみ光と闇の幻想的な光景が広がります。
今は石仏の周りを新緑が包み嵯峨野らしい眺めでした。
あだしの念仏寺_e0048413_171394.jpg
あだしの念仏寺_e0048413_17133010.jpg
あだしの念仏寺_e0048413_1713497.jpg
あだしの念仏寺_e0048413_1714855.jpg
あだしの念仏寺_e0048413_17142623.jpg
あだしの念仏寺_e0048413_17144083.jpg

by kamogawa35 | 2010-05-11 17:16 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)