人気ブログランキング |

2009年 11月 11日 ( 2 )

嵯峨野 鳥居本

念仏寺から嵯峨野道を進むと嵯峨野も最奥の鳥居本です、ここには「平野屋」と「つたや」の二軒の料理宿があります、保津川の清流で育ったアユの料理で有名です。この場所に愛宕神社の一の大鳥居があります、それでこの辺りを鳥居本というようになりました。
隣は千体羅漢さんで有名な愛宕寺です。もう少ししたら一帯は美しい紅葉で彩られます。
e0048413_2314452.jpg
e0048413_2315697.jpg
e0048413_232725.jpg
e0048413_2321875.jpg
e0048413_2325658.jpg
e0048413_2331054.jpg

by kamogawa35 | 2009-11-11 23:04 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

嵯峨野 落柿舎 sanpo

嵯峨野にある落柿舎は昨年12月からの修復が完成して10月から公開が復活しました。
柿が色付くのを待って拝観に訪れました、修理完成後時間が過ぎていませんのでしっとり感はイマイチですがすっきりしたように思いました。
落柿舎は芭蕉の高弟であった元禄の俳人向井去来の遺跡です、去来を信頼していた芭蕉はたびたびここで逗留し「嵯峨日記」を記しています。去来はここで「落柿舎記」を残しました。
去来好みの柿の木の下の庵では今も定期的に句会が行われています、また拝観者が自由に投句することも歓迎していて多くの人が作句しているそうです。
去来の句「柿主や梢はちかきあらし山」が知られています。
e0048413_22103148.jpg
e0048413_22104685.jpg
e0048413_22105959.jpg
e0048413_22111027.jpg
e0048413_22112742.jpg
e0048413_22115090.jpg
e0048413_2212788.jpg

by kamogawa35 | 2009-11-11 22:13 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)