人気ブログランキング |

メキシコシティーにある国立人類学博物館にはティオティオワカン・マヤ・アステカなどの遺跡から出土したものの中で選りすぐりの一級品だけが遺跡・時代別に展示されていてその素晴らしさに魅了されました。
e0048413_22342842.jpg
e0048413_22344646.jpg
e0048413_2235168.jpg
e0048413_22353789.jpg
1.博物館 2.マヤの部屋 3マヤ遺跡出土のチャックモール 4.マヤ遺跡 5.アステカの太陽の石「カレンダー」6アステカ時代
by kamogawa35 | 2008-02-07 22:42 | 異国の旅で | Comments(0)

メキシコシティの北5キロに、ラテンアメリカ最大の遺跡「ティオティオワカン遺跡」があります。勿論世界遺産です。
紀元前2世紀頃ティオティオワカン人が作ったそうですが8世紀頃放棄されました、その後アステカ人が守り続けていました。
1.月のピラミッドは底辺150mx130m高さ42m、遺跡で2番目の大きさです、残念ながら中段までしか登れません。2.月のピラミッドから見た太陽のピラミッド 3.遺跡中央を通る死者の道 4.遺跡最大の太陽のピラミッドは底辺の一遍が225m高さ65mの巨大なものです(世界で3番目の大きさ)、5.6 急坂の階段248段を頂上まで登って遺跡全体を眺めた感動は言葉には尽くせませんでした。
旅行に来た目的の半分が太陽のピラミッドに登る事でした。
e0048413_2233718.jpg
e0048413_2235771.jpg
e0048413_2241915.jpg
e0048413_2244888.jpg
e0048413_22518.jpg

by kamogawa35 | 2008-02-07 22:06 | 異国の旅で | Comments(2)