人気ブログランキング |

2007年 11月 26日 ( 2 )

雲龍院

東山の泉涌寺の別院で約500年前から写経を続けている「写経の寺 雲龍院」を訪ねました、泉涌寺は何回も行っていますがその奥にあるここは初めてでした、時間前に入らせて頂きました、カメラマンが一人居られて、その方からここは書院の各部屋に座って障子越しに庭園を静かに眺めるように考えて作られていると教えられました、写真は正面から写した方が写りがよいとのとのアドバイスをもらったのでやってみました、素人の悲しさで上手く写せませんでしたが各部屋からの写真をご覧下さい。
静かに豊かな時間を過ごす事が出来ました、フアンになりました、次は春に訪ねたいものです。
1.入り口 2.時間前の書院 3.障子が開かれた 4.客殿広間から 5.6.7.奥の書院にから(名古屋からの娘さんに座って頂きました)
 
雲龍院_e0048413_22533691.jpg
雲龍院_e0048413_22535991.jpg
雲龍院_e0048413_22541798.jpg
雲龍院_e0048413_22543826.jpg
雲龍院_e0048413_2254573.jpg
雲龍院_e0048413_22551548.jpg
雲龍院_e0048413_22553229.jpg

by kamogawa35 | 2007-11-26 22:57 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

金蔵寺

京都の西山、小塩山の中腹に金蔵寺という古寺があります、あまりの不便さと車一台がやっと通れるような道の急坂を3キロほど登らないと行き着かない場所にあるので普段は地元の人以外全くと言って良いほど訪ねる人はないようです、以前に行った時(07.5.7アップしています)に楓が多かったので見頃かと思い昨日訪ねてみました。
人も少なく静かな雰囲気でで拝観出来ると期待していましたが驚きました、県外の自動車の人や、バス停から1時間近く坂道を登ってきた人たちであふれていました、ガイドブックにも殆ど紹介されていないこの場所にこんなに多くの人たちが訪れている事に驚きを越えて半分あきれていました。
 遠くの皆さんはどうして情報を得て居られるかな?
何となく判った事は市内の観光名所の様に手入れの行き届いた庭などでなく殆ど自然のままの感じの境内で、楓などが紅・黄色に染まっている処を魅力に感じるリピーターが仲間達を誘って来ているように思えました。紅葉は盛り後半でしたが全山見事なものでした。
金蔵寺_e0048413_2119819.jpg
金蔵寺_e0048413_21192657.jpg
金蔵寺_e0048413_21194669.jpg
金蔵寺_e0048413_2120466.jpg
金蔵寺_e0048413_21202364.jpg
金蔵寺_e0048413_21204294.jpg
金蔵寺_e0048413_2121265.jpg
金蔵寺_e0048413_212124100.jpg

by kamogawa35 | 2007-11-26 21:36 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)