人気ブログランキング |

インドの面積は日本の10倍近く人口は11億今世紀中に世界一になるようです、地方のどこに行ってもものすごい人の数に驚きました、殆どは農業や小商いや現場作業で働いているように見えました。牛も堂々と町中を闊歩していました。車はバス・普通車の他に三輪タクシーも活躍していました。勿論人力の三輪タクシーも現役でした。
鉄道は移動手段の主役で乗客であふれていました。
e0048413_22582070.jpg
e0048413_22583840.jpg
e0048413_22592392.jpg
e0048413_22595079.jpg
e0048413_23069.jpg
e0048413_2302693.jpg
e0048413_2304660.jpg
e0048413_2311587.jpg

by kamogawa35 | 2007-02-20 23:03 | 異国の旅で | Comments(0)

ボパールの近くのサンチーの丘陵に直径36M高さ16Mの巨大なストウーパ(仏塔)があります。(横には少し小さい第3塔もある)
紀元前268年に即位してインドを統一したアショカ王が仏陀を偲んで建てたものでほぼ原型のまま残っています。
仏塔を囲んで東西南北に3本の石柱を横に渡した塔門ががあり全面に仏伝やジャータカ、動植物の美しい彫刻がありました。
1983年に世界遺産登録。1〜2大ストウーパ 3〜4塔門 5〜6塔門の彫刻 7.仏足跡
e0048413_2155502.jpg
e0048413_21561938.jpg
e0048413_21564139.jpg
e0048413_2157421.jpg
e0048413_21572656.jpg
e0048413_21574941.jpg
e0048413_21581245.jpg

by kamogawa35 | 2007-02-20 21:58 | 異国の旅で | Comments(0)

インド5 ビンベトカ

インド中央マディヤプランデーシュ州のボパールの近くの丘陵にある岩窟に旧石器時代から人が住んでいて、当時の生活の様子を記した壁画が残っている。
鮮明な絵が残っていて驚きました。
1958年に発見されたそうで2003年に世界遺産に登録された。1、入り口 2,壁画のある岩山 3〜5壁画
e0048413_21201393.jpg
e0048413_21203553.jpg
e0048413_21205467.jpg
e0048413_2121154.jpg
e0048413_21213654.jpg

by kamogawa35 | 2007-02-20 21:23 | 異国の旅で | Comments(0)