人気ブログランキング |

ウシュマル遺跡 メキシコ12

ユカタン半島の大都市メリダから80キロ、密林の中にあるウシュマル遺跡はチチェンイッツアーと双璧のマヤ文化の大遺跡です。
西暦7世紀頃のマヤのプウク様式と言われる建物が並んでいます、壁一面に複雑なモザイク模様や雨の神チャックが多数飾られているのが特徴だそうです。
神殿に登って密林の中の遺跡群を見るとマヤの壮大なスケールを実感する事が出来て感動しました。
1-3魔法使いのピラミッド、高さ38M珍しく四辺の角が丸くなっています。4.飾りの多い尼僧院の壁 5.球技場のゴールの輪のレリーフ 6.鳩の家 7.グランピラミッドから見る遺跡の景観 8.ジャングル地帯のためかイグアナがたくさんいたのには驚きました。
ウシュマル遺跡 メキシコ12_e0048413_16525632.jpg
ウシュマル遺跡 メキシコ12_e0048413_16531213.jpg
ウシュマル遺跡 メキシコ12_e0048413_16532826.jpg
ウシュマル遺跡 メキシコ12_e0048413_1653427.jpg
ウシュマル遺跡 メキシコ12_e0048413_1656441.jpg
ウシュマル遺跡 メキシコ12_e0048413_16562148.jpg

by kamogawa35 | 2008-02-10 16:57 | 異国の旅で | Comments(0)