人気ブログランキング |

北京6 万里の長城

北京の最後は北京市北部70キロにある万里の長城「八達嶺」です。
万里の長城は2500年前から周の国が匈奴の侵略を防ぐために作った防壁で延々明代まで釣られ続け総延長は6350キロにもなったそうです、あちこちに残っているようですが保存改修の行き届いた「八達嶺」に行きました、北京で一番訪ねたいところだったので感動しました。延々と続く城壁の壮大なスケールには圧倒されました。
ここへは中国全土から団体客が来るそうで歩くのも大渋滞で最後は引き返していまいました。
今や中国は、日本の大発展時代初期に農協の団体ツアーが統一した帽子や服装でガイドの旗に引率されていたのと同じような風景があちこちの名所で見られました、中国の人たちにも経済的な余裕が出来てきて旅行を楽しみだすところまで豊かさが定着しだしたのだとガイドさんが言っていました。
都市部の大発展や活力に満ちた人々の動きなどを見ると間もなく日本やヨーロッパ各国を追い越して世界トップグループの国に上り詰めて行くのが確実と感じました・・・・・です。
e0048413_22285069.jpg
e0048413_22291578.jpg
e0048413_22293369.jpg
e0048413_22295686.jpg

by kamogawa35 | 2007-11-05 22:30 | 異国の旅で | Comments(0)