人気ブログランキング |

今宮神社ーあぶり餅

市内北区紫野の今宮神社は平安初期の頃から疫病退散を願う神社として信仰を集めていました、春に行われるやすらい祭りは京都の3大祭りとして有名です。又門前の茶店で売られている「あぶり餅」を食べると疫病を祓えると伝えられて、今も向かい合った二軒の店が競い合っています。
私も食べてみましたが串に刺した小さな餅を焼いてきなこにまぶしただけの食べ物です、これと番茶で500円です、こんなに単純なな食べ物だけを二軒の店が何百年も競って売りながら今も繁盛して続いている事が不思議です、名物として定着している強みでしょうか?

e0048413_22132513.jpg
e0048413_22135062.jpg
e0048413_2214970.jpg
e0048413_22142921.jpg
e0048413_221448100.jpg
e0048413_22153075.jpg

Commented by hachaacha at 2007-01-25 23:04
2軒のお店、よくメディアでも取り上げられてますもんねー。
たまにうちもこのお餅をお土産で頂戴します。
冷めてても、くっついてても美味しいですよー。
Commented by kamogawa35 at 2007-01-26 20:15
でもどうして単純なきなこ餅だけの茶店が何代も続いているのでしょうか?なにかお客を引きつける独特の味があるのでしょうか?それとも昔ながらの茶店が向かい合って商いあっている雰囲気でしょうか?
by kamogawa35 | 2007-01-25 22:16 | 京都の四季 洛北 | Comments(2)