人気ブログランキング | 話題のタグを見る

今熊野神社 左義長神事

今日は1月15日、小正月の日です。
市内東山区にある今熊野神社で正月に使った門松や色々な飾り物、扇子や短冊など不要になったものを燃やす「左義長神事」が行われました。
 この神事のもとは平安時代に行われた宮中行事だと言うことで、青竹を束ねて立て毬杖(ぎっちょう)三本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、これを焼いたとあり、その年の吉凶などを占ったとされています。
 今熊野神社では今日の11時から神主さんの名調子の進行によって儀式が進み、山伏2名が左義長に火を付けました、一気に左義長が燃え東方向に倒れました、その方向が今年の吉兆だそうです。火が倒れたあと山伏の二人が参拝者たちの背中に無病息災を願い「念」を与えました、多くの参拝者が念を入れて頂き晴ればれとした顔にになっておられました。私もお願いして健康維持を念じました。
 この左義長祭りは京都は勿論ですが全国の神社で今日行われています。
今熊野神社は永歴元年(1160年)後白河法皇によって創建された歴史のある神社で和歌山の熊野神社の分社になっているそうです。
今熊野神社 左義長神事_e0048413_18313337.jpg
今熊野神社 左義長神事_e0048413_18312831.jpg

今熊野神社 左義長神事_e0048413_18312464.jpg

今熊野神社 左義長神事_e0048413_18311639.jpg
今熊野神社 左義長神事_e0048413_18311101.jpg
今熊野神社 左義長神事_e0048413_18310176.jpg
今熊野神社 左義長神事_e0048413_18304809.jpg
今熊野神社 左義長神事_e0048413_18304029.jpg
今熊野神社 左義長神事_e0048413_18302523.jpg





by kamogawa35 | 2024-01-15 20:11 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)