人気ブログランキング | 話題のタグを見る

一休寺で紅葉が盛り

京都府の南部、京田辺市にある「一休寺」を訪ねました。
正式名は「酬恩庵 一休寺」で大徳寺派の禅寺で、とんち話で有名な一休さんを祀っています。
 このお寺は戦火にあって荒廃していたものを1445年頃一休禅師が再興し宗祖の恩に報いる意味で酬恩庵と名付けられたそうです、一休禅師はここで後半の生涯を送り(1481年)八十八歳の高齢まで過ごされました。
 京都南部では紅葉が格別に美しい寺ですが頓智の一休さん人気でも親しまれています。園内の順路には「この橋渡るべからず」立札のある橋もあって皆さん笑顔で考えて居られました。
 紅葉は盛りの後半になっていて紅一色なってしまっていました。

一休寺で紅葉が盛り_e0048413_21223767.jpg
一休寺で紅葉が盛り_e0048413_21223487.jpg
一休寺で紅葉が盛り_e0048413_21223026.jpg
一休寺で紅葉が盛り_e0048413_21222749.jpg
一休寺で紅葉が盛り_e0048413_21222499.jpg
一休寺で紅葉が盛り_e0048413_21222144.jpg
一休寺で紅葉が盛り_e0048413_21221885.jpg
一休寺で紅葉が盛り_e0048413_21221499.jpg
一休寺で紅葉が盛り_e0048413_21221136.jpg
一休寺で紅葉が盛り_e0048413_21220473.jpg
 
 

by kamogawa35 | 2020-11-22 21:26 | 紅葉便り | Comments(0)