人気ブログランキング |

陶工・河井寛次郎(川勝コレクション)

京都国立近代美術館で京都を代表する陶工であった河井寛次郎(川勝コレクション)の展覧会が行われ6/2まで行われています。
河井寛次郎は1920年から京都の五条坂で鍾渓窯と名付けた登り窯で膨大な陶芸作品を作り上げました。
 私は子供の頃五条坂で育ちました、その頃は陶磁器に関心が無かったので知りませんでした、年を重ねてから河井寛次郎が五条坂の窯で名作を生みだしていたことを知って親近感を持ちました、現在五条坂の鍾渓窯は河井寛次郎の美術館になっていています、何回か訪れて作品を見るたびにその魅力に惹かれファンになりました。
 今回の展覧会はぜひ見たいと思っていたところ同じ高校を卒業された尊敬するYさんから観覧券を頂きました、大喜びで5月中頃に見に行き初期の作品から晩年までの代表作を系統的に観賞出来で満腹、大感激でした。
 作品は全部ガラスケースの中でフラッシュ禁止なので写真はイマイチですが雰囲気を感じていただければ幸いです。
e0048413_20470419.jpg
e0048413_20470177.jpg
e0048413_20465606.jpg
e0048413_20465192.jpg
e0048413_20464827.jpg
e0048413_20464539.jpg
e0048413_20464205.jpg
e0048413_20463927.jpg
e0048413_20463234.jpg
e0048413_20462774.jpg
e0048413_20502329.jpg

by kamogawa35 | 2019-05-31 20:48 | イベント | Comments(0)