太夫道中 義士会法要 

今日は十二月十四日赤穂浪士の討ち入りの日です。
東山の三十三間堂の東側にある「法住寺」は大石内蔵助ゆかりの寺院で毎年この日に義士法要を行っています。
内蔵助は世を欺くため祇園や島原で夜な夜な遊んだあとこの法住寺に寄って仇討の成就を祈願していたと伝わっています。
今日は縁のある島原から菊川太夫が来て華やかな道中を行いそのあと法要や茶の湯の手前を行いました。
 太夫道中を見るために行きましたが日曜のため大勢の観衆が集まり撮影はとても困難でした、少しだけ写しましたのでご覧下さい。
到着から道中スタートまでは順調でしたが肝心の道中が混雑してどうにもなりません人気の八の字歩きもうまく写せません、本堂手前でアップが写せたのが救いでした
e0048413_1821234.jpg
e0048413_18211226.jpg
e0048413_18212888.jpg
e0048413_18213572.jpg
e0048413_18215375.jpg
e0048413_1822744.jpg
e0048413_18222474.jpg
e0048413_18223513.jpg
e0048413_18225117.jpg
e0048413_1822576.jpg
e0048413_18231356.jpg
e0048413_18232194.jpg

by kamogawa35 | 2014-12-14 18:34 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)