人気ブログランキング |

上賀茂神社 燃灯祭

今日15日は二月の第二子(ね)の日です、旧暦では立春が済んでようやく春の兆しが感じられる頃です。
上賀茂神社で若菜摘みの原型の「燃灯祭」が行われ新しい春の訪れを願いました。
 これは平安時代に行われていた宮中行事を引き継いで神事化した祭事で、行われているのは上賀茂神社だけだそうです。
案内をいただいて参加しました。
 狩衣装束の神官たちが神山の麓の御阿礼野(みあれの)に出て小松を根引きします、若菜摘みの原型と伝わっています、それを神殿前まで持ち帰り、秋に摘んで乾燥させておいた燃灯草(玉ほうき草)を添えて本殿に供えました。
派手さはありませんが平安時代の頃の大宮人の野辺遊びを見ているようで何とも言えない雅な行事で、心が癒されのどかな気分になれます、おススメです。一般の方も無料で参加できます。
e0048413_2052043.jpg
e0048413_20521090.jpg
e0048413_2052217.jpg
e0048413_20523423.jpg
e0048413_20524676.jpg
e0048413_2053861.jpg
e0048413_20532835.jpg
e0048413_20533819.jpg
e0048413_20534812.jpg
e0048413_20535964.jpg

by kamogawa35 | 2013-02-15 21:00 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)