人気ブログランキング |

ずいき祭

京都の秋まつりを代表する祭の一つ、北野天満宮の「ずいき祭」が10月1日から5日まで行われています。
ずいき祭の名前の元となった里いものくき(ずいき)で屋根をふかれた神輿がお旅所(西の京神輿岡町)に今日まで飾られて多くの参拝者を集めています。
 神輿はこの西の京地区の人達が農作物の豊作を感謝して収穫した作物や乾物で飾って作り上げます、一見の価値がある珍しいものです。
3日は午後3時から京都雅楽会の奏者により雅楽の奉納されました、撮影が難しそうだったので笙奏者のMさんにお願いしてポーズをとっていただきました、ありがとうございました。
今日4日の午後1時より遦幸祭が始まり、ずいき神輿は北野天満宮へ戻ります。
e0048413_8591325.jpg
e0048413_8592470.jpg
e0048413_8593558.jpg
e0048413_8594627.jpg
e0048413_859583.jpg
e0048413_90786.jpg
e0048413_901675.jpg
e0048413_902899.jpg

Commented by まこ at 2012-10-04 12:28 x
ずいきを祭るって珍しいですね。
体に良いので昔から重宝され、この地でよくとれるのでしょうか?
神輿の飾りは鬼やおすもうさんと、初めて見るものばかりです。
さすが京都は伝統的な地域ですね。
Commented by kamogawa35 at 2012-10-04 20:33
まこさん
北野天満宮の「ずいき祭」は京都の奇祭の一つになっている祭で、神輿を野菜などなりもので飾ると言う習慣が今も続いているところが素晴らしいと思います。
by kamogawa35 | 2012-10-04 09:01 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)