人気ブログランキング |

北野天満宮 誕辰祭

毎年6月の30日には各神社でこの年の前半の穢れを清める大祓いの儀式が行われ、神前に設けれた茅の輪を参拝者がくぐり身の穢れを祓い健康と多幸を祈る習わしがあります。
 菅原道真を祀る北野天満宮は毎月25日の誕生日に誕辰祭が行われ露店市が立ち賑わいます、天満宮ではこの日に特別に大門と本殿前に茅の輪を繰り上げで掲げます、早朝5時の開門から続々参拝者が訪れ、掲げられた大門の茅の輪から茅をぬきとり持ち帰ります、茅を輪にして家で飾り家内安全と健康を願うそうです。
 私も早朝行ってみましたがもう既に茅が相当抜き取られていました、神職に聞きましたが本当は抜き取ってほしくないそうです、しかし止めようがないので見守っているだけだそうです。
 今日の茅の輪はいったん解体して改めて6月30日に他の神社と同様本殿前に新しく茅の輪を設けるとのことでした。
e0048413_21161948.jpg
e0048413_2116398.jpg
e0048413_21165127.jpg
e0048413_2117165.jpg
e0048413_21172053.jpg
e0048413_21173410.jpg
e0048413_21174576.jpg
e0048413_21175623.jpg
e0048413_2118752.jpg

by kamogawa35 | 2012-06-25 21:24 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)