みぞろが池 白の杜若

京都洛北の市街地のはずれにある「みぞろが池」で白色のカキツバタが咲き始めています。
 みぞろが池は氷河時代にできた自然の池で温帯地の京都で冷温帯の植物が残って群生している事から天然記念物に指定されている貴重な池です。休日には多くの子供たちが自然観察に来ています。
特に天然のジュンサイが生育している事でも都市の中の珍しい自然池として大切に保存されています。
 GW明けから各地で紫色のカキツバタが咲きますがここは真っ白な杜若で大変人気があります、しばらく楽しめそうです。
e0048413_2114231.jpg
e0048413_2115454.jpg
e0048413_212415.jpg
e0048413_2121527.jpg
e0048413_2122774.jpg

by kamogawa35 | 2012-05-07 21:03 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)