人気ブログランキング |

宇治 興聖寺

宇治神社から上流200Mに曹洞宗の寺院で道元禅師が中国から帰って開いた「興聖寺」があります、道元はここで約10年を過ごしてから越前に移り曹洞宗を開き永平寺を総本山としました。
 宇治川から琴坂①と言う緑の美しい(秋は紅葉)道を登ると竜宮造りの山門②に着きます、入ると明るくて広い庭園③が法堂(本堂)④まで続いています。
同じ禅宗でも臨済宗とは雰囲気が異なり余分な飾りもなく簡素で引き締まっているように思います、つながっている回廊伝いに法堂から僧侶が座禅を組む僧堂⑤などを巡り一周しました。
帰りは秋には紅葉を見に来ようと考えながら琴坂を下り宇治川⑥⑦を渡って平等院方面に出ました。
 興聖寺の拝観は初めてのことでしたが足をのばして行っただけの価値のある魅力的な禅寺です。後で宇治に住んでいる人達に興聖寺の事を聞いてみたら皆さんよく知っていて自慢の寺院でした。
e0048413_14533696.jpg
e0048413_14535998.jpg
e0048413_14541453.jpg
e0048413_14542781.jpg
e0048413_14543976.jpg
e0048413_14545380.jpg
e0048413_1455443.jpg

都合により明日から7月下旬までしばらくブログを休みます、20日過ぎにはまたアップしますので引き続きご覧くださるようお願いします。
by kamogawa35 | 2011-07-09 15:04 | 京都南部・伏見 | Comments(0)