半夏生の庭 建仁寺 両足院

今日は半夏生の日です、半夏は仏教用語で夏修業の中間日を表します、今日がその日で梅雨の真っただ中に当たります。
 その半夏生と同じ名前の「ハンゲショウ」が盛りを迎えた建仁寺境内の塔頭「両足院」を訪ねました。
この時期にになると白い小さな花と共に緑の葉が白く化粧をしたように変化するハンゲショウが「人気で年々参拝者が増えています、その日に当たる今日は特に多くの団体が来ていて落ち着いての観賞は望むべくもありませんでした、写真だけはしっかり写しました、ご覧下さい。
ピークはあと1週間くらいだそうです。
e0048413_20343970.jpg
e0048413_20345328.jpg
e0048413_2035485.jpg
e0048413_2035175.jpg
e0048413_20353066.jpg
e0048413_20354458.jpg
e0048413_20355436.jpg
e0048413_2036394.jpg
e0048413_20361567.jpg
e0048413_20362749.jpg

by kamogawa35 | 2011-07-02 20:39 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)