人気ブログランキング |

白峯神宮 七夕まつり

今日7月7日は七夕祭りの日です、京都のあちこちの神社では大笹に願いを込めた短冊を飾り、賑やかな夜を過ごすことになっています。
 上京区の白峯神宮でも七夕飾りを境内のあちこちに立てて、平安時代さながらの「蹴鞠や少女たちの織姫舞と小町おどり」などを奉納して境内にある精大明神③の例祭(七夕祭)を行うことになっていて、とても人気があります、私も楽しみにしていました。
 ところがこの数日は雨が降り続き今日も一日中降ったり止んだりで境内の蹴鞠場⑧には水が溜まっています。
残念ながら七夕祭りが中止になっていました、やむなく飾りのある風景だけ写して今年の七夕は終了となりました。
白峯神宮 七夕まつり_e0048413_17223662.jpg
白峯神宮 七夕まつり_e0048413_17223247.jpg
白峯神宮 七夕まつり_e0048413_17222727.jpg
白峯神宮 七夕まつり_e0048413_17222412.jpg
白峯神宮 七夕まつり_e0048413_17222093.jpg
白峯神宮 七夕まつり_e0048413_17221587.jpg
白峯神宮 七夕まつり_e0048413_17221188.jpg
白峯神宮 七夕まつり_e0048413_17220552.jpg

# by kamogawa35 | 2020-07-07 17:24 | 祭り | Comments(0)

コロナ再流行の気配と熊本などの豪雨災害をもたらしている梅雨で気分が晴れません、お見舞い申し上げます。
 ステイホームで沈んだ気持ちを洗い直したいと思い、雨のすきまに天台宗の古刹「眞如堂」に行きました、深い緑に浸ろうと考えていましたが山門を入ったところでムクゲが盛りに、また金堂の裏から白川通りに抜ける小道のあたりにあるアジサイ園では雨に濡れた紫の花が盛りを迎えています、深緑観覧を中止して花を楽しみました。
眞如堂 ムクゲとアジサイ_e0048413_13154110.jpg
眞如堂 ムクゲとアジサイ_e0048413_13153764.jpg
眞如堂 ムクゲとアジサイ_e0048413_13153398.jpg
眞如堂 ムクゲとアジサイ_e0048413_13152727.jpg
眞如堂 ムクゲとアジサイ_e0048413_13152364.jpg
眞如堂 ムクゲとアジサイ_e0048413_13151965.jpg
眞如堂 ムクゲとアジサイ_e0048413_13151450.jpg
眞如堂 ムクゲとアジサイ_e0048413_13151019.jpg
眞如堂 ムクゲとアジサイ_e0048413_13150441.jpg

# by kamogawa35 | 2020-07-06 13:05 | 花を求めて | Comments(0)

宇治茶の郷 和束

今日は昨日からの雨が止まない上にコロナ感染の再拡大、熊本県の大雨被害と悪いニュースばかりで気分は最低です。
 気分転換をして頂こうと少前し前に写した宇治茶の故郷「和束の茶畑」の魅力にあふれる景色をアップします。
ご覧くださったらうれしいです。
 日本を代表する宇治茶の4割近くを産する和束町は宇治市と奈良市の中間の山間地にあって和束川の両側の斜面に茶畑が広がっていてその中心エリアは「茶源郷」とも呼ばれ近年人気が高くなっています、ただアクセスが少し不便なうえ山の斜面にある茶畑へは車が自由に入れません。
この時期なら大丈夫だろうと思い切って訪ねました、新茶の頃が過ぎていましたが予想以上に見事な景色に出会いました。
 特に京都府の景観資産の第1号に指定された石寺の茶畑の眺めは格別です(8~12)茶畑のビューポイントに昨年オープンした[dandan cafe](6.7)さんで一休みしながら美しい景色に酔いました、和束の茶畑大満足でした。
宇治茶の郷 和束_e0048413_16580835.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16580266.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16575983.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16575679.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16575207.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16574964.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16574569.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16574214.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16573652.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16573226.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16572888.jpg
宇治茶の郷 和束_e0048413_16572284.jpg

# by kamogawa35 | 2020-07-04 17:05 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

今日は半夏生の日 

今日は日本の雑節(陰暦の季節の区分)の一つ「半夏生の日」です、例年は7月2日が多いのですが今年は1日です。
京都府立植物園に行ってこの時期に盛りを迎える同じ呼び名の「半夏生」(片白草)の群落を写真に納めました、株の上部の葉の先の方が白くなって半分化粧をしているように見えるせいで半夏生と呼ばれています。
 古来農業ではこの日までに田植えを済ませないと収穫が上手くゆかないと信じられていていました、またこの日を記念して関西ではタコを食べる習慣があります、タコの足8本のようにしっかり稲が根を張るようにと願ったともいわれています、また香川県ではうどん食べる日に、福井県では鯖を食べる日にとかあちこちで色々な習慣があるようです。
 半夏生の群落をご覧ください。
今日は半夏生の日 _e0048413_16161184.jpg
今日は半夏生の日 _e0048413_16160753.jpg
今日は半夏生の日 _e0048413_16160024.jpg
今日は半夏生の日 _e0048413_16155295.jpg


# by kamogawa35 | 2020-07-01 16:18 | 日々の出来事 | Comments(0)

予想通り今日は朝から雨が降り止まず夜になっても降り続いています。
 昨日、石清水八幡宮で茅の輪くぐりを済ませましたが・・・やはり地元の上賀茂神社で大祓いをしないと気持ちが落ち着きません、気分を新たにして午後から訪ねました。
 降り続く雨のせいで参拝者が殆ど来ていません、さみしい茅の輪くぐりです(1-4)また参拝者が納めた人型を橋殿から下の御手洗川に流して穢れを祓う「人型流し」(8.9)が夜の8時から行われるので準備は出来上がっていましたが雨が降り続くと観覧はどうなるのか?気になりました。
 私は茅の輪をくぐってから本殿に参って手を合わせ無病息災を願いました、あっという間に一年の半分が過ぎてしまいました、その間ず~っとコロナ予防で行動自粛で鬱々の日々です、これからの半年でコロナの終結が見えてほしいと心から念願しています。
 
上賀茂神社大祓い 茅の輪くぐりなど_e0048413_20284474.jpg
上賀茂神社大祓い 茅の輪くぐりなど_e0048413_20281465.jpg
上賀茂神社大祓い 茅の輪くぐりなど_e0048413_20280781.jpg
上賀茂神社大祓い 茅の輪くぐりなど_e0048413_20275838.jpg
上賀茂神社大祓い 茅の輪くぐりなど_e0048413_20274672.jpg
上賀茂神社大祓い 茅の輪くぐりなど_e0048413_20274048.jpg
上賀茂神社大祓い 茅の輪くぐりなど_e0048413_20273559.jpg
上賀茂神社大祓い 茅の輪くぐりなど_e0048413_20271500.jpg
上賀茂神社大祓い 茅の輪くぐりなど_e0048413_20271122.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-30 20:37 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

明日の6月30日は一年の折り返し、半年間の穢れをはらい後半の無病息災を願う「夏越の祓いの日」で京都のあちこちの神社で数日前から茅の輪が掲げられています、参拝者は大きな茅の輪を左右左と3回くぐり無事を願います。
 明日が本番の日ですが新聞で石清水八幡宮の茅の輪くぐりが紹介されていたので行ってみました、今日はすごく蒸し暑い一日で茅の輪をくぐってから国宝の本殿に参るのにへとへとになってしまいました。
 本番の明日は地域の守り神の上賀茂神社に参ろうと思っていますが強い雨降りとの予想もあるので一応夏越の祓いだけを済ませました。
 
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18063925.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18063306.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18062932.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18062563.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18061918.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18061000.jpg
石清水八幡宮 茅の輪くぐり_e0048413_18060161.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-29 18:10 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

京都府立植物園の3か所のハスが盛りを迎えているとの情報で朝方写しに行きました。淡い梅雨空で撮影には良いコンディションです、メインのハス池へは続々観覧者が来ます、お互いに譲り合っての撮影です、ここでは白いハスが豪華に咲き誇っています(1-6)混んできたので次にアジサイ園の傍のハス池へ、こちらはピンク色でとても良い感じです(7-9)皆さん笑顔笑顔でした、最後に鴨川門の近くの大鉢植えのハスを見学、ピンクの美しいハスがありました(10)
 大満足のハスの花見でした。
ハスが盛りに 京都府立植物園_e0048413_17580887.jpg
ハスが盛りに 京都府立植物園_e0048413_17580305.jpg
ハスが盛りに 京都府立植物園_e0048413_17575953.jpg
ハスが盛りに 京都府立植物園_e0048413_17575181.jpg
ハスが盛りに 京都府立植物園_e0048413_17574326.jpg
ハスが盛りに 京都府立植物園_e0048413_17573242.jpg
ハスが盛りに 京都府立植物園_e0048413_17572562.jpg
ハスが盛りに 京都府立植物園_e0048413_17571916.jpg
ハスが盛りに 京都府立植物園_e0048413_17571210.jpg
ハスが盛りに 京都府立植物園_e0048413_17570295.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-28 17:59 | 花を求めて | Comments(0)

夏が来た 菜園で

私の菜園でも梅雨を迎え雑草が猛繁殖して草刈りに大忙しです。でもトンボやカエルや虫などが訪れます、また夏の花も咲き始めました。これからいろいろな昆虫が来たり根付いた花が咲くので楽しみです。
 1.2シオカラトンボ(菜園では逃げられたので、これは植物園で写しました))3カミキリ虫 4.5菜園に棲むカエル 6咲き始めたキキョウ 7.8盛りを迎えたオオバギボシ
 
夏が来た 菜園で_e0048413_20295351.jpg
夏が来た 菜園で_e0048413_20294845.jpg
夏が来た 菜園で_e0048413_20294348.jpg
夏が来た 菜園で_e0048413_20293805.jpg
夏が来た 菜園で_e0048413_20293033.jpg
夏が来た 菜園で_e0048413_20292348.jpg
夏が来た 菜園で_e0048413_20291859.jpg
夏が来た 菜園で_e0048413_20291268.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-27 20:33 | 菜園で | Comments(0)

朝方世界遺産の下賀茂神社の一番南の端にある摂社の「河合神社」と下賀茂神社本殿を繋ぐ緑豊かな「糺の森」を訪ねました、糺の森は天然記念物に指定され市民の森として大切に保存されています。
 その河合神社は近年女性が美を願う神社として人気が高くなっていて多くの女性が訪ね絵馬に願いを込めて納めています。
 また下賀茂神社の神職で随筆「方丈記」を表した鴨長明が住まいとしていた小さな方丈の実物大の複製⑤も展示されていて参拝のみなさんが興味深げに眺めています。
 まだ人影の少ない糺の森の濃い緑⑦⑧を一人占めしているような気分で楽しみました。
河合神社と糺の森 下賀茂神社_e0048413_21065415.jpg
河合神社と糺の森 下賀茂神社_e0048413_21065076.jpg
河合神社と糺の森 下賀茂神社_e0048413_21064696.jpg
河合神社と糺の森 下賀茂神社_e0048413_21064123.jpg
河合神社と糺の森 下賀茂神社_e0048413_21062863.jpg
河合神社と糺の森 下賀茂神社_e0048413_21061714.jpg
河合神社と糺の森 下賀茂神社_e0048413_21061013.jpg
河合神社と糺の森 下賀茂神社_e0048413_21060340.jpg

# by kamogawa35 | 2020-06-26 21:30 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

昨日アップした大沢の池と並ぶ嵯峨野の人気の池、「広沢の池」をアップします。
 池は嵯峨野の入り口の嵯峨広沢町にあって、平安時代に開かれた近くの遍照寺の庭池であった事から遍照池とも呼ばれています、周囲1.3キロの広い池で現在は灌漑用のため池となって周りの田畑を潤しています。
 池の傍の道路から眺める池の全景は嵯峨野の田畑の伸びやかな風景ともマッチして心が和む人気ポイントになっています。
 池は日本のため池100選にも選ばれていて周辺の嵯峨野風景と共に「歴史的風風土特別保存地区」に指定されています。
今もそうですが平安時代の頃から月見の名所として人気があり多くの都人が観月に訪れていたと伝わっています。
 広沢の池の端から入る嵯峨野までの道は「千代の古道」と呼ばれていて、畑の中をくねくねと進んでいくような道です。この道も開放感があって人が殆どいなくて魅力いっぱいの散策道です。
広沢の池(遍照池)嵯峨野_e0048413_21022030.jpg

広沢の池(遍照池)嵯峨野_e0048413_21014559.jpg

広沢の池(遍照池)嵯峨野_e0048413_21014121.jpg

広沢の池(遍照池)嵯峨野_e0048413_21013678.jpg

広沢の池(遍照池)嵯峨野_e0048413_21013189.jpg

広沢の池(遍照池)嵯峨野_e0048413_21012718.jpg

広沢の池(遍照池)嵯峨野_e0048413_21012168.jpg

広沢の池(遍照池)嵯峨野_e0048413_21011705.jpg

広沢の池(遍照池)嵯峨野_e0048413_21011043.jpg



# by kamogawa35 | 2020-06-25 20:27 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

名勝 大沢の池 大覚寺

旧嵯峨御所の大覚寺の東側にある大沢の池は周囲約1キロの日本最古の人工林泉で嵯峨天皇が離宮嵯峨院の造営(西暦810年)にあたって、唐(中国)の洞庭湖を模して造られたところから、庭湖とも呼ばれています。
 古い時代からの景色が残っていることから時代劇映画のロケ地として度々使われていて何時でも撮影に使えるよう池の周回路は舗装せずに土のままの道を残しています。
 また観月の名所としても古くから知られていて池のふちやせり出した台からの眺めは格別だそうです。
 池にそそぐ水辺には半夏生が盛りを迎えていました。
名勝 大沢の池 大覚寺_e0048413_20094869.jpg
名勝 大沢の池 大覚寺_e0048413_20094458.jpg
名勝 大沢の池 大覚寺_e0048413_20094048.jpg
名勝 大沢の池 大覚寺_e0048413_20093639.jpg
名勝 大沢の池 大覚寺_e0048413_20093185.jpg
名勝 大沢の池 大覚寺_e0048413_20092540.jpg
名勝 大沢の池 大覚寺_e0048413_20091928.jpg
名勝 大沢の池 大覚寺_e0048413_20091365.jpg
名勝 大沢の池 大覚寺_e0048413_20090715.jpg
名勝 大沢の池 大覚寺_e0048413_20090125.jpg



# by kamogawa35 | 2020-06-24 20:13 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

梅雨の晴れ間の昨日、菜園に行く途中に回り道をして鴨川の上流にある柊野ダム(2~5)や源流に近い渓谷(7.8)を楽しみました。
 梅雨で水量が豊かになってダムからの水が川幅いっぱいに糸のように落下する眺めはサイコーです、たっぷり涼気を感じました。
また更に上流の渓谷では緑が一層濃くなっていて、いよいよ本格的な夏が訪れた事を実感しながら走りました。
夏の鴨川上流 柊野ダムなど_e0048413_20365151.jpg
夏の鴨川上流 柊野ダムなど_e0048413_20364618.jpg
夏の鴨川上流 柊野ダムなど_e0048413_20360183.jpg
夏の鴨川上流 柊野ダムなど_e0048413_20460353.jpg


夏の鴨川上流 柊野ダムなど_e0048413_20352284.jpg
夏の鴨川上流 柊野ダムなど_e0048413_20351701.jpg
夏の鴨川上流 柊野ダムなど_e0048413_20351341.jpg
夏の鴨川上流 柊野ダムなど_e0048413_20350917.jpg




# by kamogawa35 | 2020-06-23 20:42 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)