チュニジア2

チュニスとカルタゴ周辺の写真です。
1.塩野七生さんのローマ人の物語2巻「ハンニバル戦記」の舞台となったカルタゴのビュルサの丘に立ちましたが全部破壊されていて何もありませんでした、期待していただけに残念でした。
2.3 バルドー博物館、チュニジア全国の遺跡から集められた美しいモザイクが有名です。見事なものが多くありました。
4.5 地中海に面した丘にはチュニジアンブルーの扉と真っ白な壁の家が並ぶシディブ・サイトが有ります、町並み保存の高級住宅街だそうです。
e0048413_22281630.jpg
e0048413_22284850.jpg
e0048413_22298100.jpg
e0048413_2229376.jpg
e0048413_2230136.jpg

# by kamogawa35 | 2006-02-15 22:31 | 異国の旅で | Comments(2)

チュニジア1

最初にチュニジアを代表する世界遺産のドゥッガの遺跡とブラレジアの地下住居遺跡をご覧下さい。
ドゥッガ遺跡 1.劇場 丘の上に建っていた 2.キャピトル ジュピターを祀っていた神殿
ブラレジア遺跡 3.地下住宅あと 3.壁にあった美しいモザイク 
e0048413_21441771.jpg
e0048413_21443654.jpg
e0048413_2145587.jpg
e0048413_21452246.jpg

# by kamogawa35 | 2006-02-15 21:45 | 異国の旅で | Comments(0)

サハラ砂漠

チュジジア・リビアの南部に広がるサハラ砂漠には圧倒されました。
その中から、1 パリ〜ダカール自動車レースでもビッグポイントになっている砂漠の大斜面(チュニジア)と 2,3 トリポリの南に広がる一面細かい砂の砂漠 4 砂漠の日没(リビア}をご覧下さい
e0048413_2317787.jpg
e0048413_23175089.jpg
e0048413_23181344.jpg
e0048413_2318331.jpg

# by kamogawa35 | 2006-02-14 23:19 | 異国の旅で | Comments(2)

リビア4

首都トリポリの新市街は高層ビルラッシュで大きなビルが林立していました、旧市街は昔の雰囲気のままで楽しい散策をしました。人民博物館のヴィーナス像は素晴らしいです。
ガメダスのグレートモスクは大変美しい姿でした。
e0048413_002982.jpg
e0048413_005341.jpg
e0048413_011057.jpg
e0048413_013935.jpg
# by kamogawa35 | 2006-02-14 00:03 | 異国の旅で | Comments(2)

リビア3

首都トリポリの近くにあるサブラタ遺跡です、これも昔の都市が丸ごと発掘されている大きなローマ遺跡で世界遺産に指定されています。
青い空と蒼い海にマッチして素晴らしい眺めでしたが高いところに登れなくて写真ではその雰囲気がうまく出せませんでした。
e0048413_23402528.jpg
e0048413_23404881.jpg
e0048413_23413197.jpg
e0048413_23415736.jpg

1,円形劇場全景 2,円形劇場舞台の柱の間から地中海を 3,アントニュースの神殿 4浴場跡越しに地中海が
# by kamogawa35 | 2006-02-13 23:46 | 異国の旅で | Comments(0)

リビア2

次は首都トリポリからバスで8時間ほどかかるサハラ砂漠のオアシス都市ガメダスの世界遺産の旧市街です、80年ほど前まで5000人の住人が居たそうですが今は全員移住して廃墟になっています。家と家は土の壁でつながっていて通路の天井は椰子の葉などで覆われていたようで暗くて狭い道が迷路のようにつながっていて不気味でした。
要所要所に小さなモスクが有り白く輝いていました。
e0048413_23282642.jpg
e0048413_23284670.jpg
e0048413_2329121.jpg

# by kamogawa35 | 2006-02-13 23:29 | 異国の旅で | Comments(0)

リビア1

地中海に面した砂漠の国リビアに古代ローマの遺跡を求めてツアーに参加しました、カダフィー大佐が独特のイスラム式の社会主義で国を治めています、数年前に門戸を開いて観光客を受け入れ出しました。大油田を持っていて国は豊かだそうです。
最初は首都トリポリから約100キロにあるリビア最大のローマ遺跡で世界遺産のレプディス・マグナです。地中海を前に並ぶ古代都市のスケールの大きい遺跡に圧倒されました。
1,セウエルス帝の凱旋門 2,メディユース 3,トラヤヌス帝の門 4,地中海をバックにした円形劇場
e0048413_23134028.jpg
e0048413_231451.jpg
e0048413_23144126.jpg
e0048413_2315453.jpg

# by kamogawa35 | 2006-02-13 23:15 | 異国の旅で | Comments(0)

雪のミラノと雨のローマ

北アフリカのリビア・チュニジアに行くためミラノ経由で飛びましたが、ストと大雪で3日間足止めされました、ローマまで特急列車ユーロスターで移動しました。
半日時間待ちがあったので地下鉄に乗ってスペイン広場まで行きました、小雨でしたが「ローマに休日」の気分を味わいました。
トリノオリンピックを間近に控えていたのに両空港ともあまり厳しい警戒の雰囲気はありませんでした。
e0048413_2225432.jpg
e0048413_2232417.jpg
e0048413_2234350.jpg
e0048413_224437.jpg

# by kamogawa35 | 2006-02-12 22:05 | 異国の旅で | Comments(2)

茅葺きの里ー美山

京都と福井県の県境に美山町があります、山奥ののどかな山村で山菜や鮎で有名ですが、最近は日本で3番目に茅葺きの家が多い事でも有名になってきました、雪に埋もれた景色を求めてカメラマンが押し寄せています。
(美山町は大合併で1月から南丹市の一部となりました)
e0048413_1729992.jpg
e0048413_17293282.jpg
e0048413_17295051.jpg

# by kamogawa35 | 2006-01-22 17:30 | 京都北部・北山 | Comments(0)

北山杉

今日は雪の気配のない土曜日だったので北山の雪景色を求めてドライブをしました。
美山の奥まで行ったのですが途中の北山杉が雪に埋もれて美しい眺めでした。
美山町は福井県との境界にある京都最北の山里だったのに大合併で1/1より南丹市になってしまいました。
e0048413_2323290.jpg
e0048413_23233930.jpg

# by kamogawa35 | 2006-01-21 23:26 | 京都北部・北山 | Comments(0)

通し矢

京都東山の三十三間堂で新成人が弓の引き初めをする新春恒例の「通し矢」が行われました。各大学の弓道部などの選手男女各800人以上が参加して大変盛り上がっていました。
60メートル先の的に向かって次々と矢を射て当たると満員の観衆から大きな拍手がわいていました。
今日は柳のお加持の供養もあって拝観無料になっていてすごい人でした、久しぶりに千体の千手観音に会いました、やはり素晴らしい、自然に手を合わしていました。
e0048413_1815382.jpg
e0048413_183149.jpg
e0048413_183241.jpg
e0048413_2151311.jpg

# by kamogawa35 | 2006-01-15 18:04 | 京都の四季 洛中 | Comments(8)

銀閣寺 雪景色

1月7日前夜からの雪が止んだので銀閣寺に行きました、積もった雪に映える銀閣はなかなかのものでしたが、写真を撮りに来ているカメラマン達は金閣の方が断然良いと言っていました、やはり金に比べ銀は旗色が悪いようです。
紅い実の木は「うめもどき」です。
e0048413_22504577.jpg
e0048413_2251771.jpg
e0048413_12575918.jpg

# by kamogawa35 | 2006-01-11 22:51 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)