山里 岩倉村松の田圃

岩倉の菜園の近くの田圃ではここしばらくの猛暑と適当な雨で稲が急に育ち稲穂に実が入りだしました、今のところ害虫の被害も無く豊作が期待できるようです。
駆け抜ける風に稲穂が揺れる姿を楽しんでいます。
e0048413_14385889.jpg
e0048413_14385297.jpg
e0048413_14384599.jpg
e0048413_14383859.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-18 14:50 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

五山の送り火

今日は旧盆の16日、家に帰っていた先祖の霊があの世に戻って行く日との言い伝えで、京都では東山から北山・西山にかけての五山で送り火がたかれました。
 私は北区の鴨川にかかる上賀茂橋の上から、午後8時になって最初に点灯される大文字と3番目の船形の灯を見て手を合わせました。
もう少し雰囲気のある写真にしたかったのですが大変な人ごみになっていて手ぶれを覚悟して写すのが精一杯でした。
昨年が雨の送り火だったのでさわやかな風の吹く鴨川の上で眺める大文字はサイコーでした。
夏が終わりました。
e0048413_22242833.jpg
e0048413_22241835.jpg
e0048413_22240919.jpg
e0048413_22235535.jpg
e0048413_22234230.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-16 22:28 | イベント | Comments(0)

菜園の夏 残暑

早朝に菜園に行くと涼しい風が流れていました、セミの声もクマゼミの大合唱からいつの間にかヒグラシとミンミンゼミが鳴き始めました、残暑ムードです。
 東の山間の空も秋の気配を感じる雲が出ています、月日の進むスピードの速さについてゆけません。
草花も夏の終わりに咲く「ミソハギ」が満開に、彼岸花の咲く前にひっそりと咲く「キツネノカミソリ」も咲きました、しばらく夏の終わりを菜園で楽しもうと思っています。
e0048413_15025491.jpg
e0048413_15025126.jpg
e0048413_15024620.jpg
e0048413_15024213.jpg
e0048413_15015338.jpg
e0048413_15022945.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-14 15:05 | 菜園で | Comments(0)

護王神社 足腰守護神

京都御所の西側に鎮座する護王神社 
平安京の建都に貢献された和気清麻呂公をお 祀りしている神社です。足を痛めた和気清麻呂公をいのししが守ったと伝わる故事にちなんで足腰の守護神として広く崇敬されており、境内の狛猪に因み「 いのしし神社」とも呼ばれ親しまれています。
毎月21日には午後から足腰守護の祭事が行われます。
私も脚力・体力がイマイチなのでお参りしました。
海外から来た旅行者もコマいのししを珍しそうに眺めていました、いのししの彫刻から出る手水では顔や体に思い切り冷水をかけて楽しんでいました、びっくり!
e0048413_12561839.jpg
e0048413_12561536.jpg
e0048413_12561150.jpg
e0048413_12560478.jpg
e0048413_12555709.jpg
e0048413_12554224.jpg
e0048413_12555179.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-13 12:59 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

下鴨納涼古本まつり

京都の夏の風物詩の一つとして人気のある「納涼古本まつり」が下賀茂神社の糺の森で16日まで開催され大勢のファンが訪れています。
緑の森の下に広がる古本まつりは30回目を迎えています、読書離れが嘘のように感じられるほどの人気で盛り上がっていました。
子供たちは絵本の読み聞かせを楽しんでいます、私も古書店めぐりを楽しみました。
e0048413_21390548.jpg
e0048413_21390005.jpg
e0048413_21385757.jpg
e0048413_21385255.jpg
e0048413_21384645.jpg
e0048413_21384099.jpg
e0048413_21383321.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-12 21:40 | イベント | Comments(0)

昨日アップした六道珍皇寺から少し西に行ったところが六道の辻と呼ばれ、この辺りは六原ともいわれています。
 そこにこの時期に賑わう「西福寺」があります子育て地蔵尊があって皆さん熱心にお参りしています、また少し南に行くと平清盛を祀る「六波羅蜜寺」があります、重要文化財の空也上人像もあって訪れる人が絶えません。
お盆の行事で万灯会や地下にある迎え鐘を撞くことが出来るので人気があります。
西福寺1~5 六波羅蜜寺6~8
e0048413_19045316.jpg
e0048413_19053406.jpg
e0048413_19052224.jpg
e0048413_19051848.jpg
e0048413_19051347.jpg
e0048413_19051064.jpg
e0048413_19050500.jpg
e0048413_19050139.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-10 19:07 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

京都では各地の寺院で一斉にお盆の行事が行われています。
東山の六道珍皇寺では7日から10日まで先祖の霊を迎える六道参りの行事が行われていて大勢の参拝者でにぎわっています。
 平安時代、六道珍皇寺は葬送地 鳥辺山の入口に位置することから、あの世に通じるところとされていました。今でも盆の時期に先祖の霊は、ここを通ってかえってくると言われている。
「六道まいり」の期間中、境内には先祖の亡魂・精霊を迎える「迎え鐘」を撞く音が響き渡りお盆を迎える雰囲気は最高潮になります。
8日にお参りして長い列に並び鐘を撞きました。
e0048413_17304074.jpg
e0048413_17303628.jpg
e0048413_17303270.jpg
e0048413_17302819.jpg
e0048413_17302246.jpg
e0048413_17301675.jpg
e0048413_17301165.jpg
e0048413_17300478.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-09 17:32 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

京都御苑 夏

京都御苑の寺町御門のそばに立派な百日紅があります、真夏を迎え真っ赤な花が群れ咲いています、御門とのコントラストが良くてカメラを構える人が絶えません、私もチャンスと写しました。
 門を入ったあたりにもあちこちに百日紅があって燃えるような感じで咲いています、夏真っ盛りの景色です。
e0048413_21235204.jpg
e0048413_21234631.jpg
e0048413_21233793.jpg
e0048413_21233177.jpg
e0048413_21231545.jpg
e0048413_21230643.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-07 21:24 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

真如堂 夏

左京区の真如堂へ夏景色を求めて訪ねました、この暑さ さすがに参拝者もちらほらです、木々は深い緑になっています、楓も緑です、のんびりと散策しました。
木陰に入ると涼しい風が流れていて心が和みます。
むくげが盛りを迎えています。
e0048413_12592256.jpg
e0048413_13000635.jpg
e0048413_13000096.jpg
e0048413_12595421.jpg
e0048413_12594865.jpg
e0048413_12594231.jpg
e0048413_12593478.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-06 13:04 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

万寿寺

東山区の東福寺のバス停のそばに「万寿寺」と言う臨済宗寺院があります。
鎌倉時代に開かれ室町時代には京都の中心で京都五山の第五位の大寺院として栄えました、(京都五山 別格南禅寺、1位天龍寺2位相国寺3位建仁寺4位東福寺5位万寿寺)現在も万寿寺通りという通り名や下京区に万寿寺町、万寿寺中通と言う地名が残っています。
 1434年に火災で焼失しさびれ天正年間(1573年頃)に東福寺の北側に移転しました。
明治19年に東福寺の塔頭となり現在に至っています。
以前から東福寺に行くたびに気になっていました、非公開ですが少しだけ写させていただきました。
e0048413_16472151.jpg
e0048413_17003603.jpg
e0048413_16470580.jpg
e0048413_16465719.jpg


by kamogawa35 | 2017-08-04 16:52 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)